【海外】海外レビュー:BABYMETALの『THE OTHER ONE』はメロディックと罰の両方を備えたサウンドを提供している






ALBUM REVIEW: #Babymetal rules them all on #TheOtherOne | @BABYMETAL_JAPAN @cookingvinyl ✏️: Mike DeWald. https://t.co/4zeE1EoPfy

— RIFF (@RIFFonline) March 23, 2023


ヘビーミュージック界で最も知られざる輸入盤のひとつが、4年ぶりに帰ってきた。BABYMETALとして知られるSu-MetalとMoametalが、4枚目のアルバム『The Other One』でカワイイメタルのコレクションを携えて戻ってきたのです。このアルバムでは、ヘッドバンギングを楽しむことができ、メタルも十分に楽しめるが、この最新作では、グループの視野を広げ、メロディックと罰の両方を備えたサウンドを提供している。

2019年の『Metal Galaxy』以来となるこのアルバムは、デュオが脚光を浴びていなかった時期に、アルトロックの重鎮Bring Me The Horizonとのコラボレーションがあり、これは特にオープニングの “Metal Kingdom “などのトラックで、その新曲のいくつかへの適切な参照点になっています。この曲は、エレクトロニクス、ミリタリスティックなパーカッション、大味なリフでパンチを効かせている。レコードの大半は日本語で歌われているが、英語の歌詞もいくつか散りばめられている。

“主に向かって頭を上げろ/空に向かって剣を上げろ/拳を上げろ “とデュオはオープニングで手招きしている。

“Divine Attack – Shingeki “は、曲のタイトルにふさわしく、パンクのような振り幅と流れるようなエネルギーで襲いかかる。いつものように、コーラスは高揚し、バンドはタイトである。BABYMETALは特に、この狭いスペースに多くのものを収めることに長けている。それが、この曲を盛り上げる運動エネルギーをもたらしている。

『The Other One』は、歌詞の中にある10の平行世界についてのコンセプト・レコードです。マーベル・シネマティック・ユニバースの代替タイムラインや、”Everything Everywhere All at Once “によく合いますね。
光速のダブルバスドラミング、ピンポイントのリフ、そして暗く陰鬱なメロディが特徴的な「Mirror, Mirror」は、本当に容赦のない最初の曲です。この曲は、このアルバムの中で数少ない英語詞のナンバーでもある。
“鏡よ、鏡よ、私の願いを叶えてくれ “とデュオがハーモニーを奏でながら、攻撃的な音楽で覆われている。

BABYMETALは様々なヴォーカル・スタイルを試し、エレクトロニクスやフェイジングなどのエフェクトを適切なタイミングで追加しています。この曲の後に続く 「Maya」 は、モダンなロック・パウンダーで、印象的なコーラスを持つアンセミックなトラックで、再びBMTHの領域に入っていく。「Time Wave」は、効果的なエレクトロニック・ブリッジなどポップな要素もある拳を突き上げるようなロックで、このバンドの違った側面を見ることができる。ボーカルも切り刻むような効果で、面白く変わったカデンツになっています。

「Believing」は、アルトポップとフェイズシフトされたロボット音のボーカルを融合させた、高揚感とアンセミックなハードロック・チューンです。オーケストラの要素を加えたサウンドは、実はエヴァネッセンスに少し似ている。冒険的で野心的な 「Metalizm」は、シアトリズムのある勇ましい戦いの叫びで、ビデオゲームのサウンドトラックから選んだようなサウンドです。残忍さと活気を併せ持ち、珍しいギターやシンセサイザーのラインも投入されている。

スピードメタルからミッドテンポロッカーに転じた「Monochrome」、そして感染力のあるメロディーをベースにしたハードロックで、このアルバムを再構成しています。日本語でも英語でも、そのサウンドスケープは非常に複雑であり、その意味を解釈することができます。「Light and Darkness」のように単純に爆発する曲もあれば、ポップな曲もあり、主人公のボーカルが躍動している。
BABYMETALのヘビーなリフと、ミッドテンポでエフォートレスなアルトポップの詩を結びつけた、広がりのあるトラック「The Legend」でレコードは幕を閉じます。

評価9/10

名無し
私が望んでいたものがすべて詰まっている。

名無し
これは面白いレビューです。彼は、多様性とスタイルの交差、特にいくつかの曲のボーカルスタイルとインストゥルメンタル間のコントラストと衝突を本当に高く評価しています。もちろん、コンサートではまた違ったインパクトがあるのだろう。

名無し
もうメタルじゃないって言ってた人たち…ふぅ、これは彼らの最もヘヴィなアルバムだ。

名無し
やっぱり、一番いいものを最後に取っておいたんですね!

名無し
進撃もモノクロームもちゃんと重かったと思う。少なくとも私には十分だった。

名無し
このアルバムの場合、レコード盤を聴く必要があると思うんです。

名無し
…問題は、どれを買うかだ…。

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/11zk8nx/album_review_babymetal_rules_them_all_on_the/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。

ABOUTこの記事をかいた人

管理人。 作詞・作曲、Vo、Gtをこなす元バンドマン BABYMETAL関連や音楽全般のまとめをしています 機械翻訳を使ってRedditのまとめも掲載