【海外】BABYMETAL「Monochrome」のリリックビデオを独断と偏見で解釈する






このことについて話している人を見たことがないので、みんなの考えを聞いてみようと思った。俺は、マンハッタン計画で達成された物理学的な観点から核爆弾に親近感を持っているので、俺のレンズはかなり歪んでいる可能性がある。

この曲とビデオで起こっていることについて、俺なりの解釈をしてみた。まずタイトル、次にビジュアル、そして歌詞の順に説明する。

まず、タイトル。

なぜモノクロームなのか?核戦争の後、あるのは白と黒だけ。すべての生命は炭素をベースにしていて、炭素が燃えると黒くなり、灰は白くなる。翌朝に焚き火を見てくれ。火事の後の森だ。

映像

0:01 – ミサイルが空に向かって発射される様子

0:04 – 地上に向かって飛んでいくミサイル

0:09 – 大気圏で膨張する核爆発(スローモーションテスト映像のようなもの)

0:12 – 核爆発で吹き飛ばされた風景、一本の木だけが生き残っている。

0:28 – 傘の落下は、いくつかの可能性がある。核爆弾がパラシュートで投下され、爆撃機が逃げる時間を稼ぐためかもしれない。これは、史上最大の核爆弾であるツァーリ・ボンバを投下したときに行わなければならなかったこと。あるいは、灰や核の冬の雪を表しているのかもしれない。何トンもの核兵器が降ってくるかもしれない。

0:35-傘の中の少女-彼女の周りに飛んでいるミサイルかもしれないし、地面に落ちている核の灰かもしれない。

0:44 – 遠くで爆発する核兵器

1:05 – キノコ雲

1:12 – 大気圏内で爆発のように拡大し、その経路上のすべてを吹き飛ばすインクブロットの効果

1:28 – 灰が地上に降り注ぐ

1:33 – 破壊される大地と大気

1:45 – 水滴が落ちてきて、小さなキノコ雲が出てくる。放射能の雨かもしれないし、核兵器の雨嵐を表しているのかもしれない。

1:58 – 爆発によって破壊される都市

2:18 – 都市上空の巨大な火の玉

2:25 – 日本語の花火は「火の花」なので、ここではこのモノクロの花が光の火花を散らし、キノコ雲のように咲いている。

2:48 – ここで希望に満ちた展開になります。明らかに生きている木が破壊の現場に座っていて、その後ろから太陽が昇ってくるのです。一本の木が生き残ったのです。希望がある。(この時点で歌詞も美しい展開になります)。

3:48 – 傘の中の少女は希望を持ち続け、暗闇から身を守り、そして世界は虹色に戻る。

歌詞

夢のスペクトラムに彩られた空。いつまでも眺めていたかった。

{それは人類であり、私たちの未来だった。地球上の誰もが自分の人生を生きていて、自分の未来を目の前にしている。いつまでもこのままであってほしい。}}

だって昨日まで輝いてた星が 消えていくんだもの

(静流の声) どんなに素晴らしく 輝かしい未来が待っていても 核兵器に勝てる人はいないということ

♪モノクロームの花火

すべてを白黒にする爆発

夜空は何色だろう?

雨に濡れて凍える夜

核の冬だけでなく、滅亡後の暗い時代を生き抜く
{{核の冬。未来がないような、温もりがないような世界を生きている}}。

少しでもあなたのそばにいたかった。♪明日まで感じていたい温もりは ♪言わなくてもわかるだろう ♪やがて消えてしまうだろう

3日目にしてようやく

♪あの単色の花火は ♪虹色の夜空を思い描くだろう

{{諦めずに未来を想像するんだ}

ラグナロクの夕暮れに 僕らは何を見るだろう どんなに長い夜でも朝は来るんだ

{この滅びの時も、希望を失わない限り(生き残った木のように)、未来はあるのです。太陽はまた昇る}

あの単色の花火が 虹色に世界を照らすのだ ただ微笑むだけ

{{その笑顔で}


名無し
この名曲を聴いた時、興奮しすぎて、歌詞にこんな深い意味が込められているとは思いませんでした。
この曲は、私のBABYMETAL曲トップ5に入るくらい大好きです

スレ主
笑)何度も見て初めて気づいた。今日、この曲について語るユーチューバーの動画を2つ編集したので、とても馴染んできました。そして今、じっくりと見てみたら、衝撃的なほどすべてがうまくいっていて、しかも最後には希望に満ちていることに気づいて、本当に感動した。

このことを忘れないでくれ! この曲は暗いけど、それ以上に希望に満ちているんだ!

私のトップ5にも入ってる。そして、この曲には素晴らしいオーディエンスの瞬間があります! Oh oh oh oh、oh oh oh oh!の部分を歌うよ!


名無し
もうひとつのBABYMETALの存在が明らかになったとき、BABYMETALが “悪 “になってしまうことを心配するキツネたちと議論したことがある。

彼らは、BMの楽観的で喜びや陽気さ、そして「3人の愛らしい少女がメタルをしている」ことを中心としたものが、彼らのアイデンティティの不可欠な部分だと感じていて、BMが死や破壊について語る「普通の」ヘヴィメタルバンドになることを嫌ったのだ。

私はその時、BMは特に大人になってから暗いテーマを取り上げ、語るかもしれないが、決してそれを美化するのではなく、彼らがいつもしてきたように、闇の中にあっても希望と喜びを与え続けるのだと答えた。

この新曲 “Monochrome “はそれを完璧に表現しているね。


名無し
傘が爆弾や空挺部隊に見えるのはもちろん、「黒い雨」(被爆直後の灰や放射性物質を含んだ雨)への対応として、傘は原爆の象徴的なイメージでもある。

名無し
タイトルについては、爆発後に世界が白黒になるだけでなく、爆発の瞬間に世界が真っ白になるという、ポップカルチャー(映画やアニメ)の象徴的な表現だと思います。

名無し
傘が落ちているのは、犠牲者だと解釈しています。次のフレームでは、傘をさしている女の子がいますが、これは生存者だと思います。つまり、誰も持っていない傘は、倒れた人たちの傘なのです。

名無し
見れば見るほど参考になる点が多いというのは、全く同感です。このようなダークなテーマやビジュアルは予想していなかったし、だからこそ、意味を誤解されたくないから、リリックビデオとして公開したのだと思う。

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/yye1ot/what_monochrome_is_about/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事








コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。