【海外】BABYMETALヤングギターの表紙を飾る!BABYMETALはバンドか否か




BABYMETALのアンテナ


その他のアンテナ


BABYMETALがヤングギター(2021年6月号)の表紙を飾っています。

この号は日本武道館の特集です。ライヴ・レポートや神バンドの使用機材の詳細など、10BABYMETALBUDOKANを30ページにわたって特集しています。

5月10日発売

#BABYMETAL are on the cover of Young Guitar (June 2021)

The issue is dedicated to the Nippon Budokan. It contains a 30-page feature of the #10BABYMETALBUDOKAN, including show reports and details on the equipment used by the #KamiBand.

Release May 10thhttps://t.co/6rb00mwGVa pic.twitter.com/MS9Uua6A7l

— Unofficial BABYMETAL News (@BABYMETAL_News_) April 29, 2021


名無し
10回のうち8回の公演に参加したYouTuberのShiroさんは、武道館で1年間に10回以上のコンサートを行ったのはBABYMETALで4番目だと語っています。

彼が挙げた他の3つのアーティストは以下の通りです。

1982年 オフコース
1982年6月15日、日本で最も影響力のあるフォークロックバンドのひとつであるオフコースが、6月30日まで10日間連続で日本武道館でコンサートを行い、コンサートチケットの抽選には約53万枚のハガキが寄せられました。

1989年 ハウンド・ドッグ(HOUND DOG
1989年、HOUND DOG(ロックバンド)が日本武道館史上最多となる15日間の連続公演を行いました。この記録は2018年現在も破られていない。

2006年 エリック・クラプトン
11月20日から12月9日までに武道館で10回のコンサートを開催し、その間にさいたまスーパーアリーナと札幌ドームで2回のコンサートを開催。


名無し
日数で言えば、BABYMETALは2位タイになる。

名無し
私は、彼が挙げたアーティストを個別に確認することができましたが、他のアーティストがいなかったということではありません。しかし、確かに、1年間に武道館でより多くの公演を行ったのは1人だけだと言えるでしょう。

通算公演数と混同しないように、その記録は広島の矢沢永吉の142回かもしれませんが……)


名無し
男たちの中に2人の素晴らしい日本人女性がいるなんて、最高ですね。

名無し
より興味深いのは、BABYMETALが唯一の日本のアーティストであるということではありません…。むしろ、BABYMETALが唯一の非ギタリストとして表紙を飾っているということです。

名無し
日本の雑誌が日本の会場の歴史を紹介していて、日本のアーティストではBABYMETALだけが表紙を飾っているというのは驚きです。

名無し
他の人はどうかわかりませんが、チープ・トリックが私に武道館を意識させたのは1978年のことでした。「ライブ・アット・武道館」は武道館で生まれた最も有名なライブ・アルバムかもしれないので、彼らが入っていないのは少し驚きです。

でも、他のバンドに混じって日本のバンドがBABYMETALだけというのはちょっと変ですよね。X-Japanがない……….. この雑誌は、BABYMETALのBANDとしての側面を強調するために、他のBANDSと同列に並べながら、国際的な成功を収めたBABYMETALのユニークな能力を強調しようとしているのではないでしょうか。

もし彼らが、他のアイドルと同じように古典的なアイドルで構成されたメタル・ダンス・ユニットに限定されているのであれば、一部の人々が主張するように、PerfumeやAKB48、ももいろクローバーZなど、他の大物「アイドル」アクトや「ダンス・ユニット」が参加しているはずだと思うでしょう。…. しかし、なぜか日本の雑誌はBABYMETALを伝説的なBANDSの集団と同列に並べています。


名無し
XJapanが掲載されていないのはショックです。日本の伝説的な会場では、特に日本の出版物では、1人以上の日本のアーティストが表紙を飾るものだと思っていました。

名無し
もし、BABYMETALがBANDとして認められず、「メタルダンスユニット」や「アイドル」以外に言及することは、日本の文化を侮辱することになるという信念に基づいているならば、アイドルや「ダンスユニット」ではなく、他の伝説的なBANDSと一緒に表紙に掲載されているのは奇妙なことであり、BABYMETALがこれらの伝説的なBANDSと同等のBANDであることを示唆していることになる。なんということでしょう。日本の雑誌は日本の文化を知らないのでしょうね。

名無し
>「メタルダンスユニット」や「アイドル」以外の呼び方は、日本の文化を侮辱していることになる。

日本のプロデューサー/テレビパーソナリティであるヒャダイン氏がこのようにツイートしているのに、BMに「アイドル」という言葉を強要するのはどうかと思います。

関ジャムご視聴ありがとうございました。
ご紹介しきれない部分もありますし、
WACKやBABYMETALはアイドルと公称されてないので
ご紹介できませんでした!すみません!

アユニ・Dさんの声は異形の声だと思ってます。凄くかっこいい。

— ヒャダイン こと 前山田健一 (@HyadainMaeyamad) November 1, 2020


ヒャダインがBMの事務所から聞いたのは明らかです。アミューズがヒャダインに「BMはアイドルとは呼ばれていないから、令和時代の最高のアイドル歌手を紹介する番組では取り上げないでくれ」と言っているのだから、どうしようもないと思う。ヒャダインは、個人的にはそうは思わないかもしれないが、見ての通り、事務所の言うことを尊重して、その番組でSuを取り上げなかったのである。


名無し
彼らは “ダンスユニット “であり、”ダンスユニット “はアイドルのコードであり、日本のダンスユニットはすべてアイドルである。……、そう言われたことがある。….. “ストリートダンスユニット”(ストリートでヒップホップやブレイクダンスをする人たち)や “トラディショナルダンスユニット”、そして “ダンスユニット “として言及されているElevenplayのようなグループに適用される場合、その概念を理解するのに苦労した。……..。この人たちはアイドルなのに知らなかったんだな。

このツイートのことは忘れていました。話題にしてくれてありがとう。今後の参考のために保存しておきます


名無し
この雑誌は若いギターを扱っているので、「バンド」やギターを演奏する「ライブ・ミュージシャン」と一緒に演奏するアーティストに偏っていると思います。

BABYMETALの音楽性は注目されています-他の多くのアイドルグループとは異なり、音楽性はライブで演奏されるときにはすべてトラックレコーディングされています


名無し
最初はメタルではなく、今度はバンドではないのか?

名無し
さらに言えば、彼らをBANDと呼ぶ人は、日本人全体を侮辱し、日本の文化を軽視していることになる……、少なくとも私はそう思う。

なぜか、スー、モア、コバ、ミキコが自分たちのことをBANDと呼んだことや、他の日本人が自分たちのことをBANDと呼んだ例がたくさんあることは関係ありません。「バンド」と「ミュージシャン」の実際の定義も同様です。彼らはBANDではなく、彼らを表現するためにその言葉を使う人はすべての日本のものに対する侮辱であり、彼らは「メタル・ダンス・ユニット」という「公式」に定められた神による呼称で呼ばれなければならない。なぜなら、彼らは他のすべてのアイドルと同じようにアイドルだからだ。日本のニュース記事、インタビュー、ウェブサイト、ラジオ・インタビュー、ブログ記事、フォーラムの投稿、そして人類の歴史の中で行われた議論によれば、….. 少なくとも私はそう思っている。アイドルとして、あるいは「メタルダンスユニット」として認めるだけでは不十分で、BABYMETALと従来のアイドルとの間にある「グレーゾーン」を考慮することすら許されないのだ。そのような配慮は、繰り返しになりますが、日本の文化を侮辱していることになります….。


名無し
まあ、私としてはアイドルだとは思っていませんし、アイドル界が自分たちの仲間として喜んで受け入れているのはおかしいと思っています。🤣

名無し
本来であれば、BABYMETALにはアイドル的な側面があることを紹介したいところだが、、BABYMETALとアイドル的なものを結びつけることに抵抗を感じる人がいることを見事に証明してくれたので、私も同意することにした。

Babymetalはメタルバンドである


名無し
(笑)

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/n0hhnk/official_tweet_young_guitar_10_babymetal_budokan/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事