【海外】「Bring Me The Horizon」のジョーダン・フィッシュがKingslayerの制作について語る




名無し
この曲は結構好きで、BMTHで初めて聴いた曲でした。

名無し
タイムスタンプが効かない場合は7:50から開始

名無し
私はいつも、人々が自分たちのアートプロセスについて話すとき、彼らが笑顔を見せずにはいられないときが大好きです。

名無し
100%ハッピー・ハードコアではないけど、その部分の雰囲気が伝わってきて、素晴らしいアルバムに収録されている素晴らしいトラックだ。

名無し
そう、彼の言いたいことはわかるんだけど、彼女の声の効果音を聞いていると、そういう曲を思い出すんだよね。

名無し
ハッピーハードコアとは呼ばないが ジョーダンがそう言うなら… そうだな ハッピー・ハードコアを追加しましょう


名無し
感動ました。このバージョンはアイドルグループであり、J-POP文化のファンでもあるBABYMETALの別の宇宙へと私を導いてくれます。

名無し
どちらかというとダブステップに近いと思う。

名無し
Kingslayerはイアン・ヴァン・ダールのトラックから多大なインスピレーションを得ています。

名無し
うわー、トランスミュージック、これは予想外だった!

名無し
1999年〜2002年頃はトランスの黄金時代だったんだけど、その頃は15〜18歳の頃だったからね。

メタルが好きなわけでもないのに、どうしてBABYMETALが好きになったのか不思議に思うことがあります。


名無し
2014年以前はネオクラシック/クラシックに凝っていて、JPopもやっていて、トランスからIDMまで幅広く電子音楽をやっていました。
BMは私たちを一つにしてくれます!

名無し
多くのメタル・アーティストは箱の外に出ることを恐れているようだ。つまり、彼らが望むことをするためには ゲストボーカルが必要なのか?

名無し
特に「ゲスト・ヴォーカル」は、これまでの常識を覆すようなことを何でもやってくれる。

Kingslayerの成功の後、率直に言って、私はいくつかのアーティストがBABYMETALと一緒に仕事をしたいと思っていると見ています。


名無し
ヨーロッパでは(KingSlayerのおかげで)、アジアでも、特にYoshiki、Queen、Sarah Brightman、SixTones、Lisa、Miletとの紅白でのコラボレーションが大成功した後はね。

名無し
これまで以上に注目度の高いコラボレーションは、おそらくBABYMETALと一緒に見られるものになるだろう。

それは自分達の名前をそこに出すための最良の方法だからね。BMTHとYoshiki/Queenのコラボレーションの後に、どれだけ多くの新しい目が彼らの上にあるかを見てみましょう。


名無し
シェアしてくれてありがとう!

誰か彼が例として演奏していた曲を知っている人はいませんか?私はそれが好きだったんだけどね。)


名無し
タイトルはわかりませんが、これは見ました。

8:33のインタビュービデオには「Tonight ~ Sing」とありますが、その下には「by S3RL」と書いてあると思います。

名無し
Happy Hardcore Tonight – S3RL

名無し
ありがとうございます!高校時代を思い出すわ 彼らは “レイヴス “と呼ばれる新しいものの話を聞いた!いい時代だ

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/kscfwz/bring_me_the_horizons_jordan_fish_talks_about_the/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事