【追悼】「音楽とコントで生きた」志村けんさんが好きだった音楽

1: 2020/03/30(月) 11:44:27.08
ご冥福をお祈りします

2: 2020/03/30(月) 11:44:58.32
RIP

 

3: 2020/03/30(月) 11:51:47.10

志村のユーライアヒープ好きはガチ

合掌

JAMの志村けんのレヴューがRTされてるのでインタビューも挙げときますね。ユーライア・ヒープも好きだったとは意外過ぎます。 pic.twitter.com/a85VCTVM72

— ♡天才野郎(..◜ᴗ◝..) (@DubTheWorld) 2014年6月15日

6: 2020/03/30(月) 12:22:20.61
バーンにも出た事あったよね?

 

8: 2020/03/30(月) 12:29:26.81
ショックだ
ご冥福をお祈りします

 

9: 2020/03/30(月) 12:35:45.22
大昔酒井康と対談してたよね。
そこで志村がユーライアヒープ聴くの知ったけど、ブラックミュージックが一番好きだったんだよね。
俺もひげダンスでテディ・ペンダーグラスを知ることになったし、後にブラックミュージック聴くきっかけになったからな。
亡くなって悲しいわ。

 

14: 2020/03/30(月) 17:13:55.09
>>9
酒井と対談した人がまた亡くなったな
西城秀樹やかまやつひろし、志村、残念だな

 

12: 2020/03/30(月) 14:45:54.29
今日はユーライア・ヒープの7月の朝聴くわ

 

13: 2020/03/30(月) 16:00:31.83
ソウルミュージックマニア

 

15: 2020/03/30(月) 17:37:46.15
炎だっけ。対談集みたいなのあったな。
たけしとも対談してたような。

 

17: 2020/03/30(月) 18:14:03.24
>>15
最初はBURRN!ですよ
悪魔の部屋というタイトルで連載してました

 

対自核/ユーライア・ヒープ 志村けんの音楽好きは有名でも、ユーライア・ヒープが好きなのはロックファンの間でもあまり知られていないんじゃないだろうか?。だからと言う訳じゃないけど、志村頑張れ~✊‼️。#志村けん #コロナウイルス pic.twitter.com/c7bsHhAIgq

— Rising Moon Experience (@1981_golden) 2020年3月29日

初めまして。志村けんさんがユーライア・ヒープが好きだった事はBurrn!初代編集長だった酒井康氏の対談コーナー「悪魔の部屋」(最終回)(1990年12月)でも語られていました。志村さん元気になって欲しいですね。 pic.twitter.com/fMX0N7KDOQ

— ken7253 (@ken7253) 2020年3月29日

志村けんさん、願い叶わず…
悲しいです。ご冥福をお祈りします。https://t.co/89VFUfJNH2

— ken7253 (@ken7253) 2020年3月30日

引用元:

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/hrhm/1585536267/

ユーライアヒープ

ユーライア・ヒープは、イングランド出身のロック・バンド。 英ハードロックの草創期から活動するグループの一つ。1970年代に全盛期を迎え、「レッド・ツェッペリン」「ディープ・パープル」と並び称された。 1980年代半ばまではメンバーの入れ代わりが激しかったが、1986年以降は、ほぼ固定メンバーで活動。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事



コメントについて

当ブログは様々なアーティストやバンドに対して好意を持って掲載しています。

今後、アーティストやバンドの対立煽りや誹謗中傷は削除していきます。

場合によりコメントの書き込み及びブログの閲覧禁止(特に悪質と判断した場合のみ)になりますのでご了承下さい。

なおコメント及び記事の削除依頼はコメント欄にてお願い致します。

4 件のコメント

  • 1
    アバター 匿名 says:

    ユーライアヒープ? 今となってはマニア?ぐらいしか聞かんだろ

  • 2
    アバター 匿名 says:

    80年ごろシンコーミュージックの洋楽誌でアルバムレビュー書いてたよ

  • 3
    アバター 匿名 says:

    do me がひげダンスの原曲だと知ったとき
    中房の自分は志村さんの知識に嫉妬した
    少しの間志村さんを嫉妬心で嫌いだった
    でもそのテデを教えてくれたのも志村さんの才能だった
    もっともっと楽しませて欲しかった
    ご冥福をお祈りします
    R.I.P Mr.Shimura

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    Flying V

    管理人の連れ。 洋楽・邦楽問わずロックやメタル関連の話題をまとめます 個人的に自分の好きなバンド中心になりますが、 ご了承下さい(^^) 当方、日本を抜け出し海外で頑張るバンドを応援しています!