BABYMETALの「パリ・ルクセンブルク」ライブレポート






950: 2023/05/01(月) 10:01:26.17

Live reports | Sabaton au Zénith : Un nouveau succès – Pozzo Live
https://www.pozzo-live.com/live-reports/sabaton-au-zenith-un-nouveau-succes/

アイドルのような3人のシンガーを中心とした日本のバンドは、非常に期待されている。実際、BABYMETAL DEATHが始まると同時に、ピットは狂気のエネルギーに包まれる。
前のバンドと同じように短いセット(1曲少ない)だが、バンドは(そして観客も)暇を与えない。ヒット曲はリズムよく演奏され、観客はさらに多くのことを求めている。

Monochromeの途中で、ボーカルの中元すず香から電話のフラッシュがリクエストされる。ヒット曲「ギミー・チョコレート!」では、さらに観客を盛り上げる。そして、最後のResistanceの道では、水野由結と菊地最愛の女性バックシンガー2人がベビメタのフラッグを掲げます。すず香の呼びかけでウォール・オブ・デスが始まり、この曲は盛大にセットを締めくくります。

 

951: 2023/05/01(月) 10:04:09.99

SABATON + BABYMETAL + LORDI // Le Zénith, Paris – 21/04/2023
https://www.whatthehell.fr/blog/live-reports/sabaton-babymetal-lordi-le-zenith-paris-21-04-2023.html?fbclid=IwAR19JC0o6Q-JpDP1Qg9Bgj-a3Cq9I6W0Cyc9FY0_w3tccKuw_RSNOaNG_Vs

BABYMETALは、日本のアイドルシーンからやってきた、いわゆる “カワイイメタル “と呼ばれるもので、私たちは完全に世界を変えました。私の客観性を保ちつつ、クレイジーな振り付けを除けば、音楽は非常にヘビーでパワフルです。なぜなら、影にいるミュージシャンはまさにメタルプレイヤーで、噂によるとDELUHIの元メンバーが参加している可能性があります。しかし、GHOSTのNameless Ghouls(Imperaの前作)のような仮面をかぶった顔で演奏するため、彼らの周りには謎が残され、光はシンガーと彼女に同行するダンサーに委ねられています。

すず香の優れたヴォーカル・テクニックは、今でも強調することができる。BABYMETAL DEATHでは、トリオがドラムのビートに合わせて、まるで軍隊のようにシアトリカルに登場する。メタルの陳腐な側面にもかかわらず、かなりの数の観客がゲームに参加し、ポゴが行われ、死の壁さえも編成されるでしょう。40分後、日本人はステージを去り、観客の好意的な反応を考慮すると、バンドは魅了することに成功した、おそらくいくつかの冷却、しかしSABATONで、彼らはすぐに充電されるでしょう。

 

191: 2023/05/02(火) 13:16:29.70
https://www.rockbladet.se/2023/05/bildgalleri-sabaton-babymetal-lordi-avicii-arena-stockholm-28-april/
先週の金曜日、SabatonはBabymetalとLordiを従えた「The tour to end all tours」でストックホルムとAvicii Arenaを制覇しました。私たちのフォトグラファーBasse Hellgrenはその場にいて、その夜の様子を写真に収めました。no titleno titleno title

 

193: 2023/05/02(火) 13:23:06.94
>>191
ベビメタの写真すくなっ

 

202: 2023/05/02(火) 13:50:49.89

しかし、すべてのツアーを終了する前に、BABYMETALが登場する第2部に参加しなければならない。10年以上前に、中元すず香 “Su-metal “と菊地最愛 “Moametal “を中心に結成された日本のコンボで、水野由結 “Yuimetal “は岡崎百々子 “Momometal “と交代し、後の2人もさくら学院でオフ会を開いている。最後の出演となったダウンロード・フェスティバルでは、私たちも観客も複雑な気持ちになったのを覚えています。

あれから7年、衣装のスタイルは変わらないが、サウンドや振り付けはすでにプロフェッショナルになっている。写真家たちは、24時間以内に2人の守護神に送信できれば、彼らの作品のごく一部を公開することを許可するという、血の通った過酷な条件の契約書に署名するという信じられないような機会さえあるのだ。この種の契約は、このようなイベントから生まれる、レンダリングに疑問のある写真やビデオの数を見ると、いつも愉快な気分になるものだが、バンドはこの契約によってそれを避けようとしているようである。しかし、とにかく、それは細かい話であって、音楽に戻りましょう。超短いセットリスト、ミリ単位の振り付けで調整された曲、デスメタルとJポップの間で揺れ動く、雑多な影響のミックス。BABYMETALは、SabatonのテーマソングやLordiの衣装のようなものです。好きか嫌いか、そのどちらかだ。Pa pa yaのような曲は、パパイヤへのオマージュを込めた歌詞でとても面白く、観客を一旦温めることができる。クラシックなギミチョコもあり、ヨアキムと彼のバンドの登場を盛り上げています。

https://www.vacarm.net/concerts-live-report/live-report-sabaton-lordi-babymetal-rockhal-luxembourg-24-avril-2023/
no title

no title no title

 

205: 2023/05/02(火) 14:21:38.34
>>202
フォトグラファーの写真撮影の件で嫌味いってるのか?

 

引用元:

https://kizuna.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1683017716/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。

ABOUTこの記事をかいた人

管理人。 作詞・作曲、Vo、Gtをこなす元バンドマン BABYMETAL関連や音楽全般のまとめをしています 機械翻訳を使ってRedditのまとめも掲載