【海外】2022年ヴィジュアル系と日本のロックアーティスト TOP10






今年は、日本が再び世界に開かれ、同時に日本のバンドが海外公演を目指すという、かなり特殊な年でした。
2022年のトップリストは、国境を越え、感動を与え、そしてもちろん素晴らしいロックを生み出してきた、注目すべきヴィジュアル系アーティストと日本のロックアーティストを集めました!
Twitter、Facebook、Instagramで「今年のお気に入りアーティスト」を募集し、ランキングに反映させた結果、このような結果になりました。

ビジュアル系アーティストTOP10

1. YOSHIKI
X Japanの次作を心待ちにする一方で、Yoshikiは日本だけでなく、世界中のアートを盛り上げ続けているのです。
2022年、北京オリンピックの河辺愛菜選手のフリースケートの振り付けに、Yoshikiは「Miracle」を作曲しました。
また、プロデューサーとして、次代のビッグボーイズバンドを発掘する「YOSHIKI SUPERSTAR PROJECT X」。X JAPANのドキュメンタリー映画「We Are X」は、Amazonで全世界に配信され、数々の賞を受賞した。
自由時間には、コカ・コーラブランドのエナジードリンク「リアルゴールドXY」をプロデュース。
この年の締めくくりとして、Yoshikiは、自身、SUGIZO、HYDE、MIYAVIからなるスーパーグループ、THE LAST ROCKSTARSを世に問いました。
しかし、ロックスターに必要なのはそれだけではない。Yoshikiは、ウクライナの難民支援のために1000万円の寄付も行った。そして12月22日には、さらに1,000万円を寄付し、今年の寄付総額は2,000万円となった。「ロックスターとは何か」を考え、ビジュアル系部門の1位はYoshikiに決定した。

2. ACME
2022年、ACMEは3度目の北米ツアー「Wild fire」を行い、ニューヨークとカナダで初公演を行った。このツアーでは、少なくともアメリカの2都市がソールドアウトとなった。
ACMEはツアー中に、アメリカのファンがメンバーと1対1で会えるファン主導の「ACMATEサマーキャンプ」に参加した。
ACMEはまた、3枚のシングルと、3年ぶりのアルバム「Resisted temptation」をリリースしました。

3. KIZU
KIZUは、コンサートや音楽のリリースで忙しい1年をスタートさせました。中でも海外のファンから最も注目されたのは、ボーカルカバープロジェクト「一撃」の第3期。YouTubeで全世界に配信されたこのプロジェクトでは、他の素晴らしいボーカリストとのツインボーカルによるコラボレーションが行われました。2023年の幕開けには、「半劇」プロジェクトも控えている。

4. MUCC
今年はMUCCの活動で海外に出ることはなかったが、海外に住むファンは遠くからでもバンドのアニバーサリーを楽しむことができた。ライブはライブストリーミングで配信され、『新世界』発売までの数日間はYouTubeで過去のライブも配信された。

5. DIR EN GREY
6. ARLEQUIN
7. MADMANS ESPRIT
8. NAZARE
9. KAMIJO
10. PETIT BRABANCON

ジャパニーズ・ロック・アーティスト TOP10

1. BAND-MAID
BAND-MAIDは今年一年、嵐を巻き起こしました。最新EP『Unleash』はiTunesで「世界のトップ10アルバム」に入り、3本のミュージックビデオは400万ビューを記録し、オンラインマガジン「Guitar World」でも特集が組まれました。
また、Aftershock Festivalへの出演を含め、日本と米国で20回のソールドアウト・ライヴを行い、この年を締めくくりました。この年は、さいたまスーパーアリーナでロサンゼルスの伝説的ロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズの前座を務めました。

2. MIYAVI
ソロ活動20周年を迎えたMIYAVIは、アメリカ・カナダ20都市を巡る北米ツアーを敢行。アニソンカバーアルバム「MIYAVIVERSE -Anima-」と2枚のシングルをリリースし、YouTube Music Weekendにも参加した侍ギタリスト。
ソロ活動のほか、Yoshiki、SUGIZO、HYDEとともにスーパーグループ「THE LAST ROCKSTARS」の一員としても活動中。

3. SCANDAL
大阪発の4人組ポップロックバンドSCANDALは、15年以上にわたってチャート上位にランクインし続け、世界中で活躍している。
2022年にはアルバム『MIRROR』をリリースし、日本のオリコンアルバムチャートで5位を獲得した。
COVID-19の影響でアメリカへの海外ツアーが中断される中、再び元気になってヨーロッパ縦断ツアーを開催。

4. NEMOPHILA
2022年、日本で最もホットなガールズ・メタル・バンド、NEMOPHILAが海外で大旋風を巻き起こした。ハリウッドの有名な会場Whisky a Go Goをソールドアウトさせ、さらにカリフォルニアのAftershock Festivalで海外の観客を揺さぶったのです。
リード・ヴォーカルのmayuが元気な赤ちゃんを出産する中、ついにニュー・アルバム『Seize The Fate』をドロップ!
来年には「Seize the Fate U.S. Tour 2023」が決定しており、アメリカでの活躍が期待される。

5. SIM
SiMは今年、メジャーレーベルのPONY CANYONに移籍し、人気アニメ『進撃の巨人』のオープニングテーマ「The Rumbling」を印象的に演奏することができました。
YouTubeでは、アニメ版とバンド版のミュージックビデオが公開され、その再生回数は約9000万回に達し、世界中で新たなファンによるミュージックカバーが誕生しています。
さらに、4人組のバンドは、6年ぶりにアメリカでのツアーを再開し、ロサンゼルス公演を完売させました。また、コンサート「SiM XR Live」を国際的にライブストリーミング配信しました。

6. MAXIMUM THE HORMONE
7. MAN WITH A MISSION
8. NANO
9. ONE OK ROCK
10. QUEEN BEE

https://jrocknews.com/2022/12/top-10-visual-kei-and-japanese-rock-artists-2022.html#top-jp


名無し
過去の記事と順位


名無し
YOSHIKI が VK リストの 1 位にいるのは、この時点で彼が何十年も音楽的に興味深いことをしていないことを考えると、面白いことです。The Last Rockstars は、ここ数年で日本から出てきた作品の中で最もつまらない作品の 1 つです。

名無し
2~3年前にハイドと一緒にやったSnKのテーマ曲はすごく良かったよ

名無し
ワンオクロックの順位がこれほど低いのは、いかがなものかと思う。彼らは海外でも日本でも大きな観衆を集めている。それにTakaは最新アルバムでいつも通り素晴らしいボーカルを披露してくれた。

バンドメイドも負けてはいない、今年は間違いなく彼らの年だった。


名無し
なんと、「Reol」が『World Domination』が発売された2018年にBAND-MAIDを打ち負かした……

なんと!?「Reol」なんて聞いたこともない!2020年ならわかるよ、「Different」のシングルしか出してないし、和楽器バンドやHyde、BABYMETALなどの大物アルバムリリースがあったからね。


名無し
2018年は、彼女が以前所属していたグループ/コレクティブ/クリエイティブ活動(音楽ユニット・REOLと言います、はい紛らわしいですね)が解散し、ソロ・デビュー・アルバムをリリースした年です。彼女はエレクトロニック・ポップをやっていて、ネット民の間ではかなり大きな存在です。

名無し
Reolはネットの世界では常に大きな存在で、バンドメイドの前にも彼女のことを耳にしたことがありました。

「World Domination」はBand-Maidのベストアルバムの一つで、彼らが世界的なシーンでブレイクするのにとても役に立ちましたが、Reolはその年にふさわしいと思います。


名無し
Reolは素晴らしいし、いい曲もある。今でも彼女の曲を聴いているよ。

あなたは自分のjpop/jrockのレパートリーを広げなければなりませんね。King GNUやヨアソビ、他にもたくさんいる。

引用元:https://www.reddit.com/r/BandMaid/comments/zyseyq/top_10_visual_kei_and_japanese_rock_artists_2022/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。