【海外】アヴェンジャーKANOのソロバージョン@onefive「Underground」






名無し
ブーツを見ているだけで足が痛くなる

名無し
あの蹴りを感じた

名無し
舞台裏の映像では、新しい衣装を手にした彼女が最初にチェックしたのは、ブーツの「踊りやすさ」だったそうです。

名無し
Moaならこのパフォーマンスを認めてくれると思う。

名無し
彼女は本当に素晴らしいダンスのスキルを持っています。エネルギーに溢れ、才能に溢れています。彼女が14歳の時に、SuやMoaに誘われたのも不思議ではないし、彼女は素晴らしい仕事をした。

私たちの小さな才能あるアヴェンジャーのために、ベストを尽くしてほしいです。


名無し
あのヒールで彼女のスピードは異常😲

名無し
めちゃめちゃすごかった! すごい才能だ 投稿ありがとう

名無し
今朝、放送された時に見ました。4人の中で一番ダンスが上手いと思います。私の好きなタイプの音楽ではありませんが、彼女や他の人たちの成功を祈っています

名無し
振り付けも自分たちでやって、衣装も自分たちで考えたそうです。アルバムに収録されている曲は1曲だけで、作詞者は同年代のYURAという女の子1人、作曲は大半が男性1人です。そのおかげで、彼らのアルバムはとても安定したサウンドになっています。この2週間、通勤中にほとんど他の曲を聴いていないほど、気に入っている。

名無し
新しい動画です。

Onefive MV LaLa Lucky。複数の高校生が制作/撮影に参加。


名無し
いやー、これは意外と良いですねー。kanoの才能を疑っていたわけではないのですが(アベンジャーズの一員でもあるわけだし)、この構成はダンス的にかなり難しく、ほぼ完璧にこなしています(BABYMETALのように)提示されたイメージが、武骨でタフで攻撃的な面と、ソフトでプラスチックでフレンドリーな面という、相反する性質を同時に示さなければならないということが、大きな難しさの一つです。そしてkanoは、この課題に完璧に対処している。ダンスは最初から最後まで一貫しており、フレージングは全く調和のとれた自然なもので、純粋にスポーツのために行われる要素はなく、すべてがひとつのコンセプトに統合されています。

さて、一般的なスタイルから少し外れた点がいくつかあります。

まずは簡単なものからですが、時系列では最初ではありません。それは、1分5秒からの、時計の秒針の動きを思わせる腕を伸ばす動きで、サントラの「アハハハハ」という声とリズムが一致していることである。kanoは3回動き、”aha “は4回聞こえる。最後の「アハ」には対応する動きがなく、この時点で音源と踊りの間に思想的なミスマッチが生じる。この瞬間が難しいのは、音源では最後の「アハ」が次の音楽フレーズの始まりに重なっているため、演奏に追加の要件が課せられていることだ。2つの異なるフレーズに同時に属する要素があり、それは両方のフレーズの要素で、前のフレーズの終わり(腕を動かし続ける)、新しいフレーズの始まり、ポーズのエネルギーを変え、次に踊るものに対応するように踊る必要があるのだ。

もうひとつは、1分20秒のポーズです。かなり長い間、静止しているので、キャラクターの柔らかい部分を表現するつもりだったのかもしれませんが、結果的に狩野がモップをかけているようなポーズになってしまっています。作品全体の「トゲトゲしい」印象から、完全に外れてしまっています。例えば、左ひざを少し曲げ、右足を少し後ろに回し、ジャンプに備えて体を少し前傾させるなど、カメラアングルを変えたり、足の位置を変えたりすることで、このポーズにエネルギーを与えることができます。そうすると緊張感が生まれ、次のフレーズで自然に解消されます。

3番目の瞬間が最も難しい。0:52-0:54, 1:41-1:42, 2:37-2:38 の瞬間の右足の動きである。これは振幅の大きな長い動きであるため、意味的な負荷の担い手となるが、その演奏の矛盾した特性の結果、負荷がかからないままとなる。一方、この動作は前フレーズ末のアクセントのある鋭い「点」の直後に発生し、腕と手によって行われる。一方、この動きの直後には、柔らかい意味を持つフレーズが始まる。つまり、この動きは性格の異なる2つのフレーズの間をつなぐ過渡的なものである。この種の動きは適切で、kanoの行う「点」の後に自然に発生するが、自然の場合は岸に打ち寄せた波が巻き戻るような後遺症のように見える。しかし、kanoの場合は、その振幅が誇張され、自然な終わり方よりはエネルギッシュに見えるが、何かを表現するほどのエネルギッシュさはなく、しかも、その直後に、すでに述べたように「柔らかいフレーズ」が始まり、せっかくのエネルギーがどこにも行かず、ただ無駄になってしまうのだ。この瞬間が実にやっかいだ。私はここで、前の「点」の「響き」を見るのが好きだ。動き始めは自然な「振り子」で、自然な振幅で、下半身を回転させることなく、動き出す。最後の4分の1と終わりは、短いエネルギーの爆発で、次のフレーズのための「ヒット」または「フォアシュラッグ」として、足をはっきりと地面に置き、そのあとだけ下半身を回転させ、すぐに次のフレーズを踊ります。


名無し
多くのカットを使わず、ほとんどがワンテイクであることが素晴らしい

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/suor6j/avenger_kanos_solo_version_onefive_underground/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事





コメントの規制強化について

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログに掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。
BABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除します