【海外】バラード歌手としての中元すず香





すず香が9~11歳の頃にバラードを歌っている動画を見つけて、涙が出ました。

私はなぜか、NRNRや紅月の未完成よりも、この演奏の方が好きです。それは、彼女が高い音を出そうとしていないからだと思います。

Su-metalでは、私が好きなように、感情を伝えるためにすべてのリソースを使って、できる限り大きな声で歌っています。

このパフォーマンスでは、彼女は10歳の子供のようには聞こえず、むしろ10代、そして大人のようにさえ聞こえます。

彼女の声のおかげで、すべてのバラードが自動的にパワーバラードになります。

私にとって、これはBABYMETALでの活動よりも重要なことで、メタル音楽を歌わなくても彼女がメタルだったことを示しています。

Su-metalはおそらく、二度と観客のためにこのようなバラードを歌うことはないでしょう。
つまりBabymetal以外の曲を。もう10年も経っているのに、私はどこまでも悲しくなります。

名無し
この演奏は、すず香が持つユニークな能力と資質の組み合わせを示しています。彼女の中には音楽の泉があります。「音楽という芸術がなぜ存在するのか」「その源はどこにあるのか」ということを考えると、さまざまな人の中にその源があることに気づく。しかし、それらはすべて異なる純粋さと異なる力を持っています。

各々の歌の美学は(それらの多くは)制限された品質のセットを使用し、拒絶され犠牲にされた他の品質の代償として、これらの選択された品質の一つ一つを磨いて意味のない完璧なレベルまで押し上げます。このような場合、音楽は限られたチャンネルを通じてリスナーに届けられます。これらのチャンネルを開いているリスナーは、その特定の歌の美学に反応し、自分の好みに合ったものとなります。しかし、これらのチャンネルがリスナーによって閉じられている(他のチャンネルが開かれている)場合、そのリスナーはこの方法で音楽を得ることができません。好みが違うのだ。極端な例では、「心を閉ざした」リスナーは、音楽ではなく、特定のパラメーターに耳を傾ける。例えば、歌ではなく「ベルティング」を聴く人もいる。彼らの「座標軸」では、ベルティングがない=歌が下手、ということになる。

すず香の歌は、泉から出た川が風景の中を流れるように、自分の中の音楽ソースから曲を介して自然な形で流れていきます。この水の豊かさと清らかさは極めて稀です。これこそが、芸術のために純粋な形で使われる自然の力なのだ。

すず香に特定の美学で歌うことを強いるのは、川をベトン管に押し込むようなものだ。この後、ベトンの質やパイプの形の完成度を推し量ることはできるが、大自然の中に魂のよりどころを求めて人を動かす力は、この場合は飛んでしまう。


名無し
私はそれらの曲を定期的に戻って聞いています。この曲はとても好きですが、一番好きなのは「Otoshimono」です。

12歳だと思いますが、とてもいい感じです。

名無し
BABYMETALの曲ではありませんが、スーさんが出演している曲で、まだライブで披露されていない曲が1曲残っていて、それはバラードではありませんが、きっと皆さんも見たいのではないかと…。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/npj1ja/suzuka_as_a_ballad_singer/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事