「史上最高のロック・アルバム」ランキング・べスト100 (uDiscoverMusic)






 

1: 2021/12/27(月) 05:39:18.33 _USER9

「史上最高のロック・アルバム」ランキング・べスト100【動画付】
Published on 12月 25, 2021  uDiscoverMusic Written By Brett Milano
https://www.udiscovermusic.jp/stories/the-greatest-rock-albums-2

何百時間も頭を悩ませ、数え切れないほどレコードを聴いてついに完成した、これまでで最も野心的で、 (願わくは) みなさんを最もわくわくさせてくれる ―― そんなリストをご覧に入れよう。史上最高のロック・アルバムのランキング・べスト100である。

はじめにその選定にあたって定めたルールを説明しておこう。まずリストにおいて、できる限りロックの歴史を網羅するが、一方でそれぞれのアルバムがリリースから数年経ってもまったく色あせていないことを条件とした。また”ロック”の定義をかなり限定的に解釈し、主にギターを中心とした音楽としている。しかしながら、それがあまりにも重要なアルバムであった場合には、少数だが例外としたセレクトしたアルバムもある。

要するに、基本的にはブルース、カントリーやR&Bは (それらがロックに与えた影響の重要性は認めつつも) このリストに含まれていない (厳密にはR&Bに分類されるような作品も少しだけ含まれるが、ロック色の強いものに限っている) 。また、ほかのジャンルもいくつかここでは省いた。エレクトロニカや、アコースティックのシンガー・ソングライターなどはロックと密接に関わってはいるのだが、厳密にはその一部とはいえないだろう。そういったジャンルのためには、またほかのリストが既に存在しているか、あるいは今後作成するつもりだ。

それはともかく、ロックの中のジャンルであれば、どれかひとつを贔屓することなく公平に選定するよう努めた。そういうわけで、きわめて大衆的なアルバムのすぐ隣にインディペンデント・レーベルからリリースされたアルバムや、アンダーグラウンド・シーンから生まれた作品が並んでいたりもする。パンクとプログレッシヴ・ロック、ハードコアとAOR、グラム・ロックとメタル、ルーツ・ロックとアリーナ・ロックなどあらゆるジャンルが本リストに含まれているが、uDiscoverの読者の方々であれば、そのすべてを受け止める懐の深さを持ちあわせているだろう。

そして最後に、このリストでは1組のバンド/アーティストにつき1点のアルバムを選定するにとどめた。(※中略)

1位 : リトル・リチャード『17 Grooviest Original Hits』

2位 : チャック・ベリー『The Great Twenty-Eight』

3位 : ザ・ビートルズ『The Beatles (The White Album) 』

4位 : ニルヴァーナ『Nevermind』
5位 : ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス『Electric Ladyland』
6位 : エルヴィス・プレスリー『From Elvis in Memphis』
7位 : ボブ・ディラン『Highway 61 Revisited (追憶のハイウェイ61) 』
8位 : ジェリー・リー・ルイス『Live at The Star Club, Hamburg』
9位 : ガンズ・アンド・ローゼズ『Appetite for Destruction』
10位 : ザ・ローリング・ストーンズ『Exile on Main Street (メイン・ストリートのならず者) 』

11位 : ザ・ビーチ・ボーイズ『Pet Sounds』
12位 : レッド・ツェッペリン『IV』
13位 : フリートウッド・マック『Rumours (噂) 』
14位 : ザ・クラッシュ『London Calling』
15位 : プリンス&ザ・レヴォリューション『Purple Rain』
16位 : レディオヘッド『OK Computer』
17位 : アイク&ティナ・ターナー『River Deep-Mountain High』
18位 : ファンカデリック『Maggot Brain』
19位 : イギー&ザ・ストゥージズ『Raw Power (ロー・パワー [淫力魔人] ) 』
20位 : セックス・ピストルズ『Never Mind the Bollocks (勝手にしやがれ!!) 』
21位 : バディ・ホリー&ザ・クリケッツ『The ‘Chirping’ Crickets』
22位 : ブルース・スプリングスティーン『Born to Run (明日なき暴走) 』
23位 : エルトン・ジョン『Goodbye Yellow Brick Road (黄昏のレンガ路) 』
24位 : ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ『The Velvet Underground & Nico』
25位 : ピンク・フロイド『Dark Side of the Moon (狂気) 』
26位 : クイーン『A Night at the Opera (オペラ座の夜) 』
27位 : ラモーンズ『Ramones (ラモーンズの激情) 』
28位 : デヴィッド・ボウイ『The Rise & Fall of Ziggy Stardust & the Spiders from Mars』
29位 : ザ・フー『Who’s Next』
30位 : AC/DC『Back in Black』

89: 2021/12/27(月) 07:24:20.50
>>1
リンキン・パークやEW&F、EL&Pが入って無いし
AC/DCは寧ろ、For those about to rock
ツェッペリンは I
クイーンは II
ラッシュは2112
ポリスはGhost in the machine

 

91: 2021/12/27(月) 07:25:23.15
>>1
レイジアゲンストマシーンも入って無いし
ビートルズならリボルバーだろ

 

459: 2021/12/27(月) 11:25:06.46
>>1
え?
ボン・ジョヴィの New Jersey とU2 の The Joshua Tree がないとか考えられない。なんでやねん

 

2: 2021/12/27(月) 05:40:37.09

31位 : スティーリー・ダン 『Aja (彩 [エイジャ] ) 』
32位 : ジョン・レノン『John Lennon/Plastic Ono Band (ジョンの魂) 』
33位 : ジャニス・ジョプリン『Pearl』
34位 : グリーン・デイ『American Idiot』
35位 : ニール・ヤング『After the Goldrush』
36位 : マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン『Loveless』
37位 : パティ・スミス『Horses』
38位 : デフ・レパード『Hysteria』
39位 : クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル『Willie and the Poor Boys』
40位 : ブラック・サバス『Paranoid』

41位 : ビキニ・キル『The First Two Records』
42位 : ピクシーズ『Doolittle』
43位 : ボン・ジョヴィ『Slippery When Wet (ワイルド・イン・ザ・ストリーツ) 』
44位 : ヴァン・ヘイレン『Van Halen (炎の導火線) 』
45位 : ザ・リプレイスメンツ『Let It Be』
46位 : U2『Achtung Baby』
47位 : オールマン・ブラザーズ・バンド『At Fillmore East』
48位 : リズ・フェア『Exile in Guyville』
49位 : メタリカ『Master of Puppets (メタル・マスター) 』
50位 : ザ・キュアー『Disintegration』

51位 : トーキング・ヘッズ『Remain in Light』
52位 : レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン『Rage Against the Machine』
53位 : バッド・ブレインズ『Bad Brains』
54位 : デレク・アンド・ザ・ドミノス『Layla and Other Assorted Love Songs (いとしのレイラ) 』
55位 : トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ『Damn the Torpedoes (破壊) 』
56位 : ソニック・ユース『Daydream Nation』
57位 : ZZトップ『Tres Hombres』
58位 : キッス『Alive! (地獄の狂獣 キッス・ライヴ) 』
59位 : ジョイ・ディヴィジョン『Closer』
60位 : ブロンディ『Parallel Lines (恋の平行線) 』

61位 : モーターヘッド『Ace of Spades』
62位 : ザ・ストロークス『Is This It?』
63位 : ザ・ゴーゴーズ『Beauty and the Beat』
64位 : ラッシュ『Moving Pictures』
65位 : ベティ・デイヴィス『They Say I’m Different』
66位 : アークティック・モンキーズ『AM』
67位 : アーケイド・ファイア『Funeral』
68位 : サウンドガーデン『Superunknown』
69位 : グレイトフル・デッド『Workingman’s Dead』
70位 : クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ『Songs for the Deaf』

 

5: 2021/12/27(月) 05:42:55.97

71位 : スリーター・キニー『Dig Me Out』
72位 : メガデス『Rust in Peace』
73位 : R.E.M『Murmur』
74位 : シン・リジィ『Jailbreak (脱獄) 』
75位 : ラヴ『Forever Changes』
76位 : ザ・ポリス『Synchronicity』
77位 : PJ・ハーヴェイ『Rid of Me』
78位 : ザ・ドアーズ『The Doors (ハートに火をつけて) 』
79位 : ザ・ホワイト・ストライプス『White Blood Cells』
80位 : ホール『Live Through This』

81位 : TV オン・ザ・レディオ『Return to Cookie Mountain』
82位 : ジェネシス『Selling England By the Pound (月影の騎士) 』
83位 : エルヴィス・コステロ『Armed Forces』
84位 : ヴァン・モリソン『Astral Weeks』
85位 : スージー・アンド・ザ・バンシーズ『Juju (呪々) 』
86位 : ザ・カーズ『The Cars (錯乱のドライヴ) 』
87位 : ザ・キンクス『The Kinks Are the Village Green Preservation Society』
88位 : ボストン『Boston (幻想飛行) 』
89位 : ウィルコ『Yankee Hotel Foxtrot』
90位 : ザ・ヤー・ヤー・ヤーズ『Fever to Tell』
91位 : プリテンダーズ『Pretenders (愛しのキッズ) 』
92位 : ペイヴメント『Crooked Rain, Crooked Rain』
93位 : ザ・ジャム『Sound Affects』
94位 : ハスカー・ドゥ『Zen Arcade』
95位 : ディープ・パープル『Machine Head』
96位 : テレヴィジョン『Marquee Moon』
97位 : フランク・ザッパ『Apostrophe』
98位 : スマッシング・パンプキンズ『Siamese Dream』

>>99位以下略。)

1位 : リトル・リチャード『17 Grooviest Original Hits』

後世の偉大なロック・アルバムの数々も本作なしではあり得なかった。「Boo-Hoo-Hoo-Hoo」や「Send Me Some Lovin’ (愛しておくれ) 」といった比較的知名度の低いトラックを聴くと、リトル・リチャードがロックン・ロールに取り入れたルーツはゴスペルとブルースだったことがよくわかる。
だが「Tutti Frutti」や「Long Tall Sally (のっぽのサリー) 」には、これ以上ワイルドなロックはほかに存在しないだろうと思わされる。

2位 : チャック・ベリー『The Great Twenty-Eight』

ロック・シングルの巨匠であるチャック・ベリーの決定盤を挙げるならばこのベスト・アルバム以外にないだろう。間に合わせの捨て曲や知名度の低い曲というのはここには一切ない。
デビュー・シングルの「Maybelline」からマージービート・バンドが愛した「I Wanna Be Your Driver」まで、収録曲のすべてが後の世代の規範となったのだ。ロックン・ロールの聖典というものがあるとするならば、まさにこの作品のことだろう。

3位 : ザ・ビートルズ『The Beatles (The White Album) 』

『Revolver』はロックを代表する名盤として名高いし、『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』は数え切れないほどのバンドをサイケデリックなサウンドの追求に向かわせた。だが『The Beatles (The White Album) 』も、大胆に何もかもを取り入れた2枚組アルバムというスタイルで、これまた多くのグループに模倣された。だが本家ほど多様なスタイルを取り入れたバンドはほかにいない。
プロテスト・ソング、ヴォードビル風の風変わりな曲、童謡、力強いロック・ナンバー、耳なじみの良い子守唄、そして実験的なサウンド・コラージュなど枚挙にいとまがないが、今挙げた一連の楽曲は、アルバム全体のほんの一部 (D面) の収録曲に過ぎないのである。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

 

20: 2021/12/27(月) 06:00:49.90
英米の音楽雑誌ってもはや一か月に一回ペースでこんなことやってない?
どれが本当のランキングなんだよ

 

53: 2021/12/27(月) 06:40:10.22

>>20
そういう事じゃない。まとめ方(多くのライターから投票、編集員選定、その他)にもよるが、
「ウチのサイトor雑誌はこういう評論傾向です」っていう意思表示や評論のトレーニングみたいなもん。
楽曲に優劣をつけるのが目的ではなく、ランクをつける側の価値観の提示が目的。

RS紙みたいに同じところが何度もランキングつけなおしたりするのは、
価値観は時代とともに変遷するものだから、それに合わせてやり直すって作業。

 

22: 2021/12/27(月) 06:02:38.50
ガンズのアペタイトは?
俺的にはアイアンメイデン、ジューダスプリーストが入ってないのはショックや…
メガデスが入ってるのに…

 

273: 2021/12/27(月) 09:51:48.78
>>22
アペタイト入ってるだろ
それよりツェッペリンの順位の低さときたら、

 

96: 2021/12/27(月) 07:29:51.76
ビートルズはロックなんか?

 

189: 2021/12/27(月) 08:30:50.18
>>96
こういうの書く奴はレットイットビーぐらいしか聞いたことない奴だろ
世界で初のヘビーメタルを作ったのもビートルズだよ?

 

101: 2021/12/27(月) 07:33:55.01
2000年以降のアルバムがほとんどみあたらねえ・・・
パッと見グリーンデイとストロークスのはわかったが

 

104: 2021/12/27(月) 07:37:52.62
>>101
アクモンとアーケイド・ファイア、TV オン・ザ・レディオで
計5枚か
TV オン・ザ・レディオとかインディーもいいとこなんだけどな

 

116: 2021/12/27(月) 07:49:37.95
>>101
ホワイトストライプスを見逃してた
計6枚だな

 

103: 2021/12/27(月) 07:35:35.61
こういうのはどこかのサブスクでプレイリスト化して欲しい

 

142: 2021/12/27(月) 08:02:41.45
レッチリ入ってへんやん

 

152: 2021/12/27(月) 08:10:03.35
>>142
俺もおかしいと思うけど日本人がレッチリ好きなだけなのかも

 

155: 2021/12/27(月) 08:12:13.43
レッチリの向こうでの扱いは
スーパーボウルのハーフタイムショーでブルーノ・マーズのついでに出てきた時に
たいして盛り上がらなかったところから伺い知れる

 

171: 2021/12/27(月) 08:23:20.68
メタリカ低過ぎるわ

 

175: 2021/12/27(月) 08:25:20.33
>>171
メダルなんてこんなもんだろw
よっぽどポンジョビのほうが低くてかわいそう
シンリジィランクインとか
なかなか良いランキングや

 

173: 2021/12/27(月) 08:24:07.31
マイケルシェンカーグループが入ってないだと?

 

197: 2021/12/27(月) 08:34:24.45
ドリームシアターが入ってない!

 

522: 2021/12/27(月) 12:24:56.07
Nirvanaは過大評価が過ぎるよね
最初はお、かっこいいなと思うけど一瞬で飽きがくる
メタルやハードロックのカウンターにはなったが残ったのはグランジやオルタナじゃなくHRHMだった

 

523: 2021/12/27(月) 12:24:59.33
ニルヴァーナは、今年の全米アルバムチャートの
200位内に入ってたし、今でも聴かれてる
ポストマローンやリルナズX等、若手人気ラッパーも
影響を受けていて、歌詞や曲を引用してたりする

 

527: 2021/12/27(月) 12:27:52.53
ロック全般という括りになるとハードロックが軽視されるからハードロックが盛んな時期が空白の時代みたいになる

 

765: 2021/12/27(月) 18:36:06.95
ニルヴァーナが過大評価なんてことない
つまらん80年代のメタルを潰せたし
音楽的にはパンクとメタルの融合
高尚な精神性、ファッションの影響力、イケメン、早死のカリスマ性
批判してるのは老人じゃないの

 

773: 2021/12/27(月) 18:51:02.57
>>765
本当、そうだと思う。
一瞬にしてLAメタルが滅んだのは痛快だった。
ただ、当時、リプレイスメンツやピクシーズなんかの出現に、
その予兆は感じることが出来た。

 

798: 2021/12/27(月) 19:07:57.75
ロックは流石にもうほとんどジジババしか聴いてないと思うが
メタルは意外とまだ若者が聴いてるほうな気がする

 

829: 2021/12/27(月) 19:26:12.73

>>798
>ロックは流石にもうほとんどジジババしか聴いてないと思うが
>メタルは意外とまだ若者が聴いてるほうな気がする

わかる
メタルは普遍性があるわ
ロックは時代性に左右されるから水物

 

851: 2021/12/27(月) 19:43:48.12
ロックとか幅が広いからメタルだけのランキング出してくれ

 

引用元:

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640551158

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事








コメントの規制強化について

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログに掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。
BABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除します