【海外】日経エンタ2021「日本の女性アイドルグループに関するタレント調査」でのBABYMETAL




BABYMETALのアンテナ


その他のアンテナ


日経エンタテインメント2021「日本の女性アイドルグループに関するタレント調査」が発表され、
BABYMETALは過去最高を記録した。

日経エンタテインメントでは、毎年、日本のタレントに関する調査結果を発表しています。この調査では、男性タレントと女性タレントの2つのチャートがあり、合計1280人以上のアーティストを対象としています。そこには「知名度」と「利率」という2つの価値観が盛り込まれている。BABYMETALは2015年から収録されるほどの人気を誇っている。BABYMETALは、今年のタレントパワーランキングでは、世間認知度と関心度の両方で上昇し、その値はどちらも過去最高となりました!
今年(および過去)のすべてのデータを、私の分析、既知の方法論、ソースとともに、以下でご覧ください。

Data On BABYMETAL

データによると、BABYMETALは日本の人口の28.5%が名前と顔を認識しており、19.5%の人が彼らに興味を持っています(彼らの音楽を聴いている、彼らのことを知りたい、など)。彼らを認識している人のうち、68%の人が彼らに興味を持っています。
この最初の2つの数字は、BABYMETALの歴代記録であり、2019年と2020年の初めに大成功を収めた後、ちょうど昨年が最盛期だった。しかし、認知度に対する関心度は68%と低下しました。
前年比で見ると、BABYMETALの認知度は19%も上昇しており、一方で関心度は13%も上昇していることがわかります。
以上が、BABYMETALの2015年に計測を開始してからの数字と、それぞれの前年比の推移である。


そこには書かれていませんが(ただし、メインのグラフでは軸として使われています)、それらを認識している人の関心度は以下のようになっています。

なお、この調査は前年から発売年の早い時期にかけて行われるため、値は前年の「実績」を表しています。

BABYMETAL Data Analysis

これは私の分析であることに注意してください。あくまでもデータを読んだ上での私の意見であり、事実とは異なります。

昨年の投稿では、前2年からの落ち込みに多く注目しました。BABYMETALは、いくつかの素晴らしい年の後、2017年から2019年の間にこれらの値を下げたり、停滞させたりしていました。しかし、2019年と2020年に彼らはこれを再び好転させ、失われた認知度と関心をすべて取り戻しました。2021年の数字は、彼らがさらに改善していることを示しており、これが今回の分析の焦点となるでしょう。
2020年はどのバンドにとっても最悪の年で、ツアーもなく、ほとんどの分野で非常に限られた活動しかできませんでした。同様にBABYMETALの場合は、彼ら自身が新曲をリリースしていません。しかし、昨年と今年の初めに彼らが行ったことは、この数字を上げるための完璧なレシピとなっている。
まず、音楽アーティストの活動が例年よりもはるかに少ない中、BABYMETALは自分たちの存在をアピールすることができた。今年最大のイベントである「紅白歌合戦」を筆頭に、テレビの音楽イベントに多数出演し、雑誌にも多数掲載された。また、ブリング・ミー・ザ・ホライズンとのコラボレーション曲、キングスレイヤーのリリースも大きな後押しとなった。また、「10 BABYMETAL YEARS」というコンピレーション・アルバムのPRや「10 BABYMETAL BUDOKAN」の公演も大きな力となった。
前年比での増加は大きいとしても、2015年から2017年までの印象は薄いですが、今は多くの人が知っているので、そのような飛躍では伸びにくいことを忘れてはいけません。パンデミックの影響でほとんどのアーティストがツアーに出られなくなっていることを考えると、これは素晴らしい結果です。

このまま成長が続くといいですね。

Source Data

これを書いている時点では、ソースチャートがオンラインに浮上していないので、出てきたらここで画像を紹介します。

親切な方がデータを握って、女性アイドル専用に分けてくれました。

Previous Years

BABYMETALのデータの2020年の記事はこちら、2019年の記事はこちらです。
例年の女性アイドルグループのデータです。

Methodology

これのソースは2018年のもので、悲しいことに翻訳者がページの一部を切り取っていたため、方法論の一部がここに書かれていない。しかし、より多くの選択方法や質問がされているらしいことは知っておいてください。

https://www.babymetalnews.com/2021/06/04/nikkei-entertainment-talent-power-ranking-2021-released/
名無し
まだまだ成長することを願っています。

名無し
これは、大晦日のテレビ番組が影響したのではないでしょうか。

名無し
それに加えて、他のすべてのテレビ番組、雑誌や広告を使った12月の大規模なアルバム・プッシュもあります。キングスレイヤー、10 BABYMETAL BUDOKAN。これらすべてが、おそらく加算されたのでしょう 🙂
ショーの回数は少なかったですが、前の年よりも今回の方が世間の注目を浴びていたと言えるでしょうし、それが大いに役立ったと思います。

名無し
私はこれらのグループについてあまり(あるいは何も)知りませんが、BMがこれらのグループのいくつか、特にモーニング娘を上回っているのは驚きです。多くの人が、鞘師里保はBMのどのメンバーよりも有名だと主張していたのを覚えています。
Perfumeは印象的ですね。彼らは全く別のレベルにいます。

名無し
里穂鞘師がモーニング娘にいたのは2011年から2015年までで、やや復活してかなりの人気を誇っていた時代だ。
こちらは2013年の同じ「パワーランキング」です。

3位のモーニング娘。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/nrr07m/the_nikkei_entertainment_2021_talent_survey_for/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事