【海外】雑誌「anan」に掲載されたBABYMETALの写真とインタビュー





名無し
これらは雑誌のデジタル版から抜粋したものです。テキストをコピーして貼り付けることができなかったので、いくつかの間違いがあるかもしれません。

二人で切リ開く、世界への道。| BABYMETALが放つ、瞬きの秘密。

唯一無二の”カワイイメタル”を武器に、世界中を熱狂させ続けるBABYMETAL。|結成10周年を迎えた今、二人が歩んできた道のリを振リ返リながら、”面と向かっては伝えられない”という秘密のメッセージも聞いてみた。

SU- METAL ベストアルバムの10曲は、BABYMETALの歴史そのもの。

10周年を記念したベストアルバムを、“ BABYMETALの歴史そのもの”と表現したSU-METAL。そして思い出の曲に、真っ先に「Road of Resistance」を挙げる。この曲にはシング・アロングのパートがあり、一緒に歌う観客の声が、彼女にとって応援歌になるのだそう。「海外をまわリだして半年経った頃、イギリスのワンマンライブで初めて披露したんですけど、すごい熱量で。自分たちが半年やってきたことは正しかったと安心しました。このとき、この曲の本当の意味を理解したように思います」自身の活動を初めて見つめたのは2018年。元メンバーであるYUIMETALの脱退時の話し合いがきっかけだった。「それまでは目の前のことに必死で(笑)。私たちってどんなグループなんだろうと振リ返ったとき、最初はもっと自由だったと気付けた。既成概念を壊すがモットーだったのに、いつの間にか自分たちが一番BABYMETALという存在に縛られていたんです。だから、それを一回壊してみることにしたら、世界がすごく広がった感覚があリました」また、音楽とどう向き合えばいいのかわからず悩んでいたときも、その殻を破ってくれたのはメンバーの存在。「年上だから、憧れの存在でいなきゃって頑張っていたんですけど、私よリもMOAMETALの方が大人で頼れると気付いてから、いい意味で頑張ってる感はないんです。だから、今が一番BABYMETALの音楽を楽しんでいます」

MOAMETAL 曲と一緒に成長してきたから、自分の音楽を信じるだけです。

「私たちがライブパフォーマンスをできないときでも、誰かがどこかでBABYMETALの音楽を聴いてくれていたリ、何かの支えにしてくれていて。それって本当に幸せなことで、やっぱリ音楽って最高じゃん!って思えたんです」

全てがストップした半年間、自分の無力さを痛感したというMOAMETAL。けれど、BABYMETALの音楽に希望を持ってくれた人の存在が、「自分の音楽を信じるしかない」と後押ししてくれたと微笑む。物事を冷静に見極め、グループを支える彼女だけれど、結成当時はまだ10歳。

「10年前は、今とは全く違う未来を想像していて(笑)。

自分の中でこんなにもBABYMETALが大切な存在になったことに驚いています。だから結成当時の自分に、 “あなたの歩むべき道はあるからそのまま頑張って” と伝えたい。

ダンスを好きで始めたわけではなかったし、今でもダンスはBABYMETALを表現する武器という感覚。でも、“継続は力なリ”を意識して頑張ってよかったと思います」

この10年間に発表した曲数は全42曲。その全てが、「ー緒に成長してきた大切な曲。だから、全部に同じだけ思い入れがあるんです」とも語る。

「でも、存在が近すぎてどんなふうに成長したかは自分ではわかリません。ただ、BABYMETALを一番体現しているのは、『 Road of Resistance 』。どんな逆境にも負けないBABYMETALの精神が含まれていて、大好きな曲です」

伝えたいのは、“そばにいてくれてあリがとう”だけ。この10年で良いところも悪いところも知って、全部が愛おしい。だからその全てを失くさないでね。自然体のSU-METALが好きだから、私に頼れるところは頼ってね

冒険を楽しむカを一番持っていて、先頭で道を切リ開いていく人だよね。BABYMETALでできてきた経験は、MOAMETALがいてくれたおかげです。10年間、一緒に走ってくれてあリがとう。これからも楽しくやリましょう。

10年間を振リ返って、ターニングポイントになったことから教えてください。

SU-METAL(以下S)個人的には2014年のイギリスのフェス、ソニスフィアです。5万人の前でのライブだったんですけど、自分たちの音楽が国境を超えた瞬間を体感して。「音楽に言葉はいらないんだ」って感動しました。

MOAMETAL(以下M)私はあリすぎて絞リきれない。だからBABYMETALになったことかな。グループの存在が、私を一番変えてくれたから。

-節目に特別な会話はあリましたか?

-M お互い気付いたら10周年で。特に何も言葉はなかったから、ずっとそばにいてくれてあリがとうって伝えたいです。ふふ。

S: こういうこと、インタビューを通して言ってくるんですよ(笑)。

M: もう家族みたいな存在で。だから改めて感謝とかを伝えるのは恥ずかしくて…。

S: ふふ。

–では、お互いの成長したところは?

S: ダンスのレベルですね。特にこの2〜3年,いろんなダンサーの方にサポートしていただいているんですけど、普通は誰かに合わせるってしたくないと思うんです。でも、彼女は素直に受け入れてレベルアップしている。元々素直だし、社交性と表現力がある。この部分がずっと変わらないからこそ、成長がみられたのかなって。

M: SU-METALも変わらないよね。礼儀正しいところ、何に対しても一生懸命で好きなものを追求するところとか。でも、曲を聴き直すと進化している。最初からうまいんだけど、声質も、表現の幅も広がって、この10年どれだけ努カしてきたのかと考えると、家族として涙ぐましい(笑)。

S: あははは。

M: 成長した部分はあるけど、尊敬できる部分が変わらないからこそ、私もずっとSU-METALのことを信じていられるし、好きでいられるのかも。今、すごく恥ずかしくて彼女の目は見られないですけど.

–BABYMETALの活動を通して、奇跡を感じたことはあリますか?

S: BABYMETALでいると、次々と奇跡が起こって。で、今に至るんです。

M: うん。もう、BABYMETALっていう存在自体が奇跡なのかもしれない。

S: これが夢だって言われたら、ある意味納得しちゃうくらい。ライブ中も、自分なのに自分じゃない感じがあって.

どこか他人事のように、SU-METALはカッコよくいてほしいと思っていたリするし。

M: 私、ライブ中は無意識の中にいるかな。でも、リアルとファンタジーの二面を持っているう部分はすごくわかる。BABYMETALの中にいると、自然とMOA METALとして生きられるから。普段の自分とは全くの別物なのにね。

–二人でいるときはどちらの自分?

M: ライブのときとは違うMOAMETAL。50%のMOAMETALです(笑)。

S: 確かに普段の自分とも違うし、ライブほど全力でもない。私も50%くらいかも!

M: 二人でちょうどひとつの感覚だよね。

–改めて、BABYMETALとは?

チャレンジ精神かな。最初は批判的な意見から始まったのに、不思議と自分たちの音楽をずっと信じてこられた。私たちの曲はひとっとして同じものはないと思うんですけど、それだけ10年間挑戦し続けているんです。それが成功か失敗か、今はわからない.

でも、何にも囚われずに “BABYMETAL道、を進むだけ、というか。

M: 私たち自身がしっかリ愛を持っているグルーブだから、それが “らしさ” になるのかもね°

メタルに対するリスベクトも、出会ってくれた全ての人への感謝も常に持っているから。愛に溢れているからこそ、自分の音楽に自信が持てているし、最善を尽くせるんだと思っています。

S: だからずっと挑戦し続けたい。メタルって、心に直接響く強いメッセージがあって。存在は知らないけど、実は必要としている人はたくさんいると思う。そんな人にメタルという音楽を届けたいし、ひとリでも誰かの心を音楽で救えられたらなって。

M: うん。待っていてくださる方がいてくれるってことは、私たちが届けなきゃいけない音楽があって、それを託されているんだとも思うんです。紅白も、来年の武道館での10公演も、できること自体が奇跡。

S: 自分たちがライブを経て学んできたか らこそ、ライブはすごく大切な存在で。この環境で10年育ってきちゃったからね。

M: うん。だからこそ、信じてきた音楽を少しでもみなさんに直接届けたいですね。

愛に溢れているからこそ、自分たちの音楽に自信がある。- MOAMETAL

何にも囚われず、”BABYMETAL道” を進み続けたい。– SU-METAL

ベビーメタル 2010年結成。12月23日にベストアルバム”10 BABYMETAL YEARS” を10形態でリリース。来年、全10公演の日本武道館ライブも控える.

名無し
ありがとうございます! 美しいインタビューだね。今までのインタビューでの壁が取り払われ始めているのがわかりますし、BABYMETALやお互いに対する率直な思いを聞くことができる、素晴らしいインタビューだったよ

名無し
2018年のことを語るときのSuさんの素直さには畏敬の念を感じます。

名無し
モアは本当にスーのことが好きなんですね。

名無し
最初の2枚の写真が本当に好きです🥰 シェアしてくれてありがとう。

名無し
最近の雑誌の写真撮影では、どれをとってもゴージャスに見えます。また、彼らのパフォーマンスを直接見るのが待ち遠しいです。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/kffz6d/photos_of_babymetal_in_anan_magazine_interview_in/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事