【海外】NEMOPHILAの3rd ALBUM「EVOLVE」を聴いた結果







収録曲:
1.Enigma
2.RISE
3.OSKR
4.AMA-TE-RAS
5.ODYSSEY
6.ALIVE
7.夜間飛行
8.Justice
9.Hammer Down
10.YELL ~軌跡~

アルバムレビュー

ニューアルバムをさっそく聴きました。重厚なネモフィラが好きな私としてはとても満足です!
私はいつもヘヴィな音楽のファンでした。主にメタルコア。私の意見では、『ネモフィラ』のヘヴィなトラックこそが最高の状態です。このアルバムではもっとヘヴィな方向に行くのかと期待していましたが、期待を裏切らなかったです。
明らかに、「Rise」と「OSKR」は以前から存在していました。でも、彼らの曲は私のお気に入りの曲のいくつかです。ヘヴィメタルコアスタイルのリフ、大量の荒々しいボーカル、ヘヴィなヴァース、そしていくつかの強烈なブレイクダウン。「Rise」のブレイクダウンを初めて聴いたとき、本当にびっくりしました(笑)。
ありがたいことに、彼らは新しいアルバムの「Justice」と「Hammer Down」


Hammer Down

Justice

でこの傾向を継続しました。正義はとても重いものを開きます。2000年代のメタルコア/メタルリフ。そしてそれは詩全体にわたって続きます。とっても良い。サビはキャッチーでBLAST-BEATSになっています。ひっくり返りました笑。ネモフィラがブラストビートをやるとは思わなかった!狂気のソロもある。とっても良い。そして、とても重い終わり方をします。良いリフ、コントラバスのクレイジーな三連符など、曲全体が素晴らしいです。
でも、「Hammer Down」は彼らの曲の中で私が一番好きな曲かもしれない。それはまさにオールドスクールメタルコアを叫ぶものです。実際、『Bullet For My Valentine』をよく思い出します。メロディックなメインリフ、クレイジーなラン、オクターブコードなど。そしてなんとブレイクダウンがヒットします。ハードヒットです。とても重い。おそらく彼らがこれまでにやった中で最も重いもの。そして、Mayuのボーカルはとてもとても良いです。
「AMA-TE-RAS」は超ユニークです。すごくインドっぽい感じですかね?それが私が説明できる最良の方法です。ヴァースとコーラスは非常にアリーナ・ロックだと思います。観客を歌わせ、参加させるために。しかし、またしても彼らはクレイジーな故障を抱えています。非常に多くのテンポ変更、面白い停止と一時停止、再び重いなど。マキシマム ザ ホルモンをかなり思い出させます。
アルバムにまったく適合しない曲は「夜間飛行」です。スタイルや流れなどが合わないだけで、他のものとは大きく異なります。それは明らかに悪いことではありませんが、私はそれがうまくフィットしていないように思います。ただし、私は決して大ファンではありませんでした。でも、このアルバムには「Breaking Out」か「Blooming」のほうがずっと合っていたと思う。このアルバムの多くの曲と同じ、テンポの速いヘヴィな雰囲気を持っています。
全体として、このアルバムは驚異的だと思います。私はすでに「Seize The Fate」よりもこのアルバムの曲が大好きです。ハンマーダウン、ライズ、ジャスティス、OSKRが最高です。ALIVE、Odyssey、AMA-TE-RASもとても良いです。このアルバムの中で私があまり好きではない曲は Night Flight と Enigma だけです。

他の人はそれについてどう思いますか?

名無し
これを聞いてうれしいです。私が聞いたところによると、彼らは意図的にさまざまなサウンドやスタイルを追求しているようです。すごくハマってます。アルバム全体で同じ音楽的テクスチャーに固執するバンドに参加するのは難しいと思います。

名無し
なんと表現したらよいのかわかりませんが、Hammer Down は Trident に似たサウンドを持っています。それは悪いことではありません、私はTridentも大好きです。

名無し
初めて聴き終えたところですが、全体的にとても気に入っています! 新しい曲がたくさんあるので嬉しい驚きです。ティーザー映像では思っていたものとかなり違ったので遠慮したようです。ただし、すべてを完全に理解するには数回聴く必要があります。アルバムを最初に聴くときは、たいていかなり消極的ですが、時間があればもっと深く聴いてみたいと思います。私にとっては 9.5/10 点の Revive でさえ、どの曲も本当に気に入るまで数回聴いただけでした。

私のハイライトのいくつか:
– 『Enigma』は単体のシングルとしてはあまり好きではなかったが、アルバムのオープナーとしては大好きだ。
– OSKRは私のお気に入りです。この作品にはとても楽しいエネルギーが詰まっています。
– Aliveのオープニングのベースには圧倒されました。大好きです!
– Hammer Down が TRiDENT っぽいと言う人には、私も同感です!ボーカリストを交換してスクリームを削除すれば、本物のTRiDENTの曲が完成するような気がします。

あと、このクレイジーなクリップアートの表紙が好きなのは私だけでしょうか?混沌としていて間抜けで、そこにあるものはすべてそれぞれの曲を表していると思うのですが?理由はわかりませんが、私にとってはうまくいきました。ライブBlu-rayが欲しかったので「A」盤を購入しましたが、通常のジャケットが欲しかったです。


名無し
>このアルバムの中で私があまり好きではない曲は Night Flight と Enigma だけです。
わたしも。

>でも、このアルバムには「Breaking Out」か「Blooming」のほうがずっと合っていたと思う。
でも、「Hammer Down」は彼らの曲の中で私が一番好きな曲かもしれない。

アルバムの中で一番好きな曲、最高です!


名無し
結構気に入ってます。これまでに3回半くらい聴きました。
自分がやってほしいことを正確にオーダーできるのであれば、それは望んでいたことではありませんが、ライブでは楽しいことがたくさんあります。どのトラックも嫌いではない。「夜間飛行」(思わず「Nighto Flighto」と思ってしまいます)と「エニグマ」は大丈夫です。
彼らが単に「家に留まる」のではなく、さまざまなサウンドを探求し、さまざまなスタイルを訪問し続けることにも私は問題ありません。
彼らは自分たちの特徴的なサウンドを持っていて、それが一番得意だと思うんです。スクリームのヴァース、メロディックなコーラス、ミニブレイクダウンやインストゥルメンタルのブレイクなど、メタルコアっぽいものです。私はそれを一種の快適ゾーン、デフォルトのネモフィラのホームグラウンドだと考えています。それは今でも私のお気に入りのことですが、小さな実験やさまざまな分野への進出もすべて好きです。それは金属の土台と同じくらい彼らの特徴の一部となっています。
私が唯一あまり熱心ではないのは、ショーでバッキング トラックを使用する必要があるものです。私は恐竜です。バンドはライブをすればするほど好きになります。ライブバンドに対する私の好みは、バッキングトラックやプログラムされた「楽器」が最小限かまったくないことです。シンセが欲しいなら、Show-Ya のキャプテンやガチャピンのオレオのようなキーボード奏者を雇いましょう。
TBH、シンセや EDM の要素が省略されていても見逃せないでしょう。「Monsters」はギターだけでもうまくいくので、他の曲でもきっとうまくいくと思います。秋山さんへの敬意を込めて、プロデューサーではなくミュージシャンに焦点を当てていきましょう。
でも、新しいアルバムはとても気に入っています。

名無し
最近の音楽ではバッキングトラックはごく普通のことです。現在の制作方法では、曲を使ってクールでユニークなことがたくさんできます。それがシンセ、ストリングス、ホーンなどであれば、しかし、それらがバッキングトラックに含まれないことを誰も期待することはできません。バンドは80年代からそうしてきた。それがどのように機能するかです。これらすべてが、曲に素晴らしいダイナミックさと特別な風味を加えます。しかし、フルオーケストラを備えたバンドや、一晩中ステージに立つバンドを見ることはできません。

しかし、彼らは今でも、曲をより際立たせ、特別なものを追加するために多くのことを行っています。それはとても一般的で、今ではほとんどすべてのバンドがそれを行っています。しかし、繰り返しになりますが、私たちはそれらを受け入れる必要があります。彼らは音楽や歌にさらに多くのものを加えます。


名無し
バックシンセやバッキングトラックが好きです。あるストリームでは、バッキング トラックが大きすぎて、非常にインダストリアルに聞こえました。私はそれがとても気に入りました。しかし、私はネモフィラがこの目的のために6人目のメンバーを必要とすることに同意します。あと、初めて『ENTEN』を聴いたときは、ライブに三味線のゲストが来るのかなと思ってたんですが、実際、このアルバムで三味線を弾いている人がサキさんの友人だということをどこかで読んだので、ゲストを迎えるのは難しくないかもしれませんね。ゲストミュージシャン、少なくとも日本では。

名無し
三味線奏者だけでなく、ボーカルの方との共演も見てみたかったです。

名無し
サウンド的には、『Seize the Fate』よりは少し好みではありますが、『Revive』よりは『Seize the Fate』の方が好きです。
このアルバムの音楽と歌詞に 13 人の異なる人がクレジットされているという事実は、彼らがあまりにも多くの音楽をあまりにも早くリリースしようとしていて、正確に何を目指しているのかまだわかっていないという私の意見を強化します。
彼らがある程度の牽引力を得て、それを利用しようとしているのはわかりますが、私はこのアプローチの大ファンではありません。
彼らのアルバムは結局、私にとってスルーラインのないかっこいい曲のコレクションになってしまいます。それはそれでいいのですが、強いアイデンティティを持ったバンドほど私は惹かれません。

名無し
私の一番のお気に入りはエールです。

名無し
2021年からネモフィラを聴き始めましたが、全然入り込めませんでした。それがこのアルバムですべて変わりました。『Evolve』は彼らのこれまでで最高のアルバムだ。彼らは徐々に私のお気に入りのバンドの一つになりつつあります。

名無し
このアルバムまではOPがあまり好きではなかった。うーん。これは、彼らが(憂鬱な)バラードやポップメタルを含むさまざまなスタイルに挑戦していることを特徴とする良いアルバムです。それはすべてよくできていますが、彼らの特徴的なメタルグルーヴを求めて来た人なら、おそらく少し首を振っているでしょう。トランジションアルバムですね。彼らは最も共感を呼ぶものを見つけて、次に何に集中すべきかを見つけようとしているのだと思います。新しいファンを獲得できれば、何かを企んでいるようだ。

名無し
エボルブの全楽曲の1~10までのランキングとスコアをつけてみた

アートワークは3/10(最悪)。AIが作ったように見える。しかし、曲の話に移ろう:

Enigma=5(反復的すぎてファンではない)
Rise = 9
OSKR = 10 (ネモフィラのアルバムに期待するもの)
Ama-te-ras = 9
Odyssey = 6(ボン・ジョヴィの曲のようだ。ネモフィラのバラードで「Life」を超える曲はないだろう)
Alive = 7(良い部分もあるが、良くなってきたところでテンポが落ちる)
Night Flight = 8(オリジナル・バージョンの方が好きだが、楽しい曲だ)
Justice = 8 (アルバム中最高のドラムワーク)
Hammer Down = 9(サキと葉月のギターワークが素晴らしい。BABYMETALのMirror Mirrorを少し思い出させる)
Yell = 10(ソリッドなクローザー)

Evovle最終平均点:8/10

引用元:https://www.reddit.com/r/Nemophila/comments/1988ciu/just_listened_to_the_new_album_as_somebody_who/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



人気記事ランキング

コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。