【海外】DETHKLOKの創設者であるブレンドン・スモールがBABYMETALとツアーをする事になった経緯を語る






DETHKLOKの復帰に伴い、BABYMETALとのBabyklokツアーはどのように実現したのですか?
これがこの件に関する長い答えだ。たしか2019年に、Adult Swimのアトランタから電話があって、”おい、デスロック復活させないか?”って言われたんだ。それで僕は、”ああ、そうだね。それで彼らは、”じゃあ、Adult Swimのフェスティバルのヘッドライナーをやってみないか?かなり大きなフェスが決まっているんだ。それで、ジーン・ホグランが出演可能かどうか確認させてくれ、と言ったんだ。いつも最初に電話するんだけど、彼はそうだった。それで、”オーケー、やれるよ “って言ったんだ。

その時点で、向こうの誰かが僕らのビジネス復帰を応援してくれていることに気づいたんだ。そして、もし私たちが望むようなショーを提供することができれば、この映画を作ったり、この作品を完成させたりするチャンスがあるかもしれないと思ったんだ。それで、ここロサンゼルスのバンク・オブ・カリフォルニア・スタジアムで2万人の観客を前に公演したんだ。楽しいショーだった。一回限りのショーだから、やるのが怖かった。一回限りというのは圧力鍋のようなものだ。二度とチャンスはない。だから、すべてを立ち上げて動かすのは大変だったけど、やり遂げることができた。

それで次に電話がかかってきたのは2020年の初めだった。デスロックの新譜を出すのはどうだ?サウンドトラックもどうだ?ツアーはどうする?”そして私は、”よし、このすべてを解決しよう “と言った。そして、それを実行したんだ。3年前のことだ。この2年半、私はこのプロジェクトに取り組んできた。この映画を作るために、私たちはオフィスや自宅でスクリーン・シェアリングをしていました。

BABYMETALを聴いて、”これなら僕らがステージでやっていることにぴったりだ “と思ったんだ。私たちがやっていることには演劇性がある。なぜなら、事前に制作され、アニメ化されたショーがあり、それに合わせて演奏するからだ。そして、ショーと音楽と映像が、このとても特別な方法で一体となる、とても楽しい祝祭があるから、BABYMETALのショーのクレイジーな演劇性と相性がいいと思ったんだ。私たち2人は、もう一方がやっていないことをやっている。それが理由だ。

この2つがどのように組み合わされるのか興味があった。でも、あなたの説明でとても納得がいきました。今回のツアーでファンへのサプライズはありますか?
私たちがツアーに出るという事実は驚きだと思う。このプロジェクトとしてワールドツアーを行うのは10年ぶりだ。ライヴの内容は明かしたくないが、このような場合、ライヴはどうあるべきかをじっくり考えている。というのも、私はいつもライヴを観に行くし、メタルのライヴも観に行く。だから、メイデンの最後のツアーを見るときは、半分の時間はステージ上の驚くべき愚行と、彼らがエディと何をしているのか、そして今回のエディのサプライズは何なのかを見ている。そして、彼らが予算や巨大なクルーやその他もろもろを使って何をしているのか。

そして半分の時間はそれを見て、残りの半分は観客を見ている。モッシュピットがどこにあるのか、安い席はどこなのか。子供を連れている人もいるし、ベビーシッターを連れている人もいる。でも、こういうショーに行くのは大変なんだ。では、ステージにいる時間を完全に楽しませるためにはどうすればいいのか?

それをいつも考えているんだ。そして、歓迎されなくなるようなことはしたくない。ショーを長くしたくない。短すぎるショーにもしたくない。番組の最終的な時間軸は何なのか、それを最大限に生かすにはどうすればいいのかを常に考えている。BABYMETALも同じだと思う。BABYMETALも私たちと似たようなことをしていると思う。このようなことをまとめ、キャスティングする人が一人いる。私のは長く続いているので、できるだけ同じ人たちを起用するようにしています。
https://metalinsider.net/interviews/interview-w-brendon-small-is-there-a-future-of-dethklok-beyond-this-its-possible

名無し
ブレンドン・スモールはいつもコバらしい人物だと思った。コバが全キャラクターの声も担当していたとしたら。コバの仕事の流れが彼に似ていると思ったとしても不思議ではない。また、コバは高学歴の一流ミュージシャン(神バンド)と仕事をする傾向がある。ブレンドン・スモール自身も高学歴の一流ミュージシャンであることを考えると、彼の周りには似たような人たちが集まっているのだろう。

2つのグループがまったく異なるテイストに対応していても、その手法は驚くほど似ている。今回のツアーで一緒に仕事ができてとても嬉しい。


名無し
今思えば、最初にBABYMETAL、その後にデスロックという組み合わせはベストだった。

名無し
昨夜彼に会ったが、彼は本当に思慮深く親切な男だ。私は彼と彼の才能をより高く評価している。

名無し
おっしゃる通り、私もブレンドンの考え方は雑誌のインタビューでも語られているコバメタルと似ていると思いました。

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/16sr522/brendon_small_founder_of_dethklok_talks_about_how/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



人気記事ランキング

コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。