【海外】 BABYMETAL「オーストラリア、メルボルン」ライブレビュー






今夜は、BABYMETALが初のオーストラリア・ヘッドライン・ツアーでメルボルンのステージに立つ夜です。BABYMETALがここに来たのは、「Good Things 2018」の時だけです。その日、BABYMETALは大観衆を引きつけ、私はその時、彼らがいつかヘッドライン・ツアーを行うのに十分な支持を得ていることを知ったのである。
その日がいつ来るのかわからないまま、多くのオーストラリアのBABYMETALファンはYouTubeを頼りに、世界中のステージで彼らがパフォーマンスするのを見ることになった。2023年、驚きのニュースが飛び込んできました!BABYMETALは初のオーストラリア・ツアーを発表し、チケットは発売と同時にすぐに売れました。
Su-metalとMoametal、Momometalのステージを見たいだけでなく、素晴らしい神バンドの活動も見てみたかったのです。また、今年の初めには、2018年にYuimetalが脱退したことが正式に発表された後、ファンはBABYMETALが2ピースのままなのか、それとも新しいメンバーがグループの一員になるのか、気になるところでした。その新メンバーが、ここ数年ダンサーやバックシンガーとして活躍していた岡崎百々子であることが正式に決まった。
今夜は、長年ファンである彼らのバックカタログから好きな曲をすべて聴けることを期待していたのだが、彼らの曲はどれも素晴らしいので、何を披露してくれてもありがたい。
マーガレット・コート・アリーナで行われたBABYMETALだけでなく、隣のロッド・レーバー・アリーナで行われたブラックピンクにも、MCAの外には大勢の観客が集まっていました。ファンを見分ける唯一の方法は、メタルヘッズがお気に入りのメタルグッズでドレスアップして並んでいることだ。また、メタルヘッズに混じって、BABYMETALや神バンドのお気に入りのメンバーの格好をしたファンも時々いました。

いよいよBABYMETALと一緒に狐の神様を拝む時が来た。BABYMETALがステージに登場する最初の兆候は、Su-Metalの声がスピーカーから聞こえ、スクリーンにBABYMETALのこのステージを説明する映像が映し出された時でした。BABYMETALの裏話をご存知の方なら、このステージをご存じでしょう。スクリーンに「遠い昔、ヘビーメタルの銀河系で」という言葉が映し出され、惑星の映像、そしてBABYMETALの3人のメンバーを表す3つの棺桶が映し出されます。そして、BABYMETALのロゴがスクリーンに映し出され、映像演出は終了しました。
Su-Metalの声で「キツネの神様を拝み続けるように」と説明される中、神バンドが登場。BABYMETALの3人がキラキラしたスパンコールのドレスで登場し、両手を挙げて狐の神様のサインをしました。
BABYMETALの1曲目「BABYMETAL DEATH」の演奏が始まると、観客から万雷の拍手が送られます。BABYMETALのメンバー3人は、ステージを瞬時に動き回り、とてもアクティブに動き回る。次の「メギツネ」でも、観客はピットで飛び跳ねたり、音楽に合わせて動いたりと、すでに盛り上がっている。
「メギツネ」に続く「Line!」では、BABYMETALの3人が客席に背を向けているところから始まり、両手で形を作りながら振り向くと、観客はこれからの展開に期待を膨らませる。SuはFoxのマスクを持ち出し、観客に見せると、それを投げ捨て、観客はサークルピットを開き、この時、観客が盛り上がっていることを知る。

BABYMETALは一晩中、キャタピラのような動きをしたり、腕が一人ずつ後ろに回って参加したりと、振り付けが上手かった。
次の曲は「Shanti Shanti Shanti」で、インドっぽい曲調の曲。3人のメンバーが三角形になりながら踊る。
「Shanti Shanti Shanti」に続いてステージが暗転し、観客は次は何だろうと思っている。そして、低音を多用したダンスのバックトラックが始まり、BABYMETALの最新作「The Other One」から「Maya」という曲が始まり、今度はヘヴィネスで盛り上がっていく。次の曲でステージは再び暗転し、メンバーが再びステージに現れると、最新作のヒット曲「Mirror Mirror」が始まり、観客が一語一句に全力で歌い上げるのが聞こえてきた。「Mirror Mirror」の演奏中、後ろのスクリーンが白くなり、照明が落ちてSu、Momo、Moa のシルエットが浮かび上がり、とても素敵でした。
Suの歌声がアリーナに響き渡り、Suの歌唱力の高さを見せつけました。「Mirror Mirror」に続いては、アルバム「Metal Galaxy」からのヒット曲「BxMxC」です。神バンドのヘヴィネスにSuのボーカルが映える。そして、ニューアルバム『The Other One』からの大ヒット曲「Monochrome」では、観客がすべての言葉を知っているのがわかるほど、アリーナ中に叫び声が響き渡り、再びピットがオープンする。
このグループのシアトリックスは、今夜の後、何年も記憶に残るような最高のパフォーマンスを観客にもたらすことができることを証明している。

Suは観客にアリーナを照らしてくれるよう頼む。そこで、私たちは携帯電話にトーチを付けて空に向かって掲げ、周りを見渡すと、まるで星の中にいるような幻想的な光景が広がっています。
次の曲は「Distortion」で、Suが観客にピットを開けてサークルピットをするようにと手で合図をします。
次の曲は、タイのラッパーF.Heroをフィーチャーした「Pa Pa Ya」で、BABYMETALと神バンドの後ろの大きなスクリーンに映し出されました。
大ヒット曲「Gimme Chocolate」が始まると、観客は前回よりもさらに大きなサークルピットを始めた。このままでは、フロアの観客も巻き込んでしまうのではと心配になる。クラウドサーフィンも始まっている。
続いて、DragonForceのメンバーと共作した「Road of Resistance」。ここで、フロアの観客の一部が座って一斉に漕ぐという悪名高いロウピットが登場し、ファンを巻き込んだ。「Road of Resistance」では、Suがマイクを持ち、一緒に歌うように指示する。

BABYMETALが数年前に出演した「Good Things Festival」以来、オーストラリアで初めてヘッドライン・コンサートを行った日本のバンドを見たファンの中には、夜が明けたことを実感し、涙する者もいた。
照明が消えるが、何かが始まる予感がする。スピーカーから音楽が流れ始め、スクリーンが照らされ、Su-Metalが狐神と新しい始まりについて語るメッセージとナレーションが流れる。そして、新曲「Metal Kingdom」を披露した。
最後の曲は、代表的なヒット曲「イジメ、ダメ、ゼッタイ」で、Su-Metalが両手でフロアの観客にウォール・オブ・デスを指示し、観客は喜んでそれに参加した。
曲の終わりには、3人のメンバーが集まって、親指ウォーズのようなゲームに興じました。
そして、メルボルンのBABYMETALファンが一同に会し、BABYMETALの音楽に浸ることができたこの魔法のような一夜を締めくくりました。

https://amnplify.com.au/portfolio-items/babymetal-reliqa-margaret-court-arena-melbourne-11th-june-2023-live-review/

名無し
とても良い記事です。この記事は、起こったことすべてを説明するために、もう少し深く掘り下げているのが好きです。
もし私が小言を言うのであれば

、記事の後半では、Suだけなので面白いです。


名無し
ファンカムを見たり、レビューを読んだりして、このツアーが有機的に成長していることを感じる人はいますか?

名無し
私たちが見たすべてのレビューは、圧倒的にポジティブなものでした。セリフの間違いがないレビュアーは一人もいないと思います。

名無し
イイネ!を正しく理解しただけでなく、「とても良い」と説明し、ネット上で他の人が「ライン!」と混乱することを指摘するなど、余分な柔軟性を持たせてくれました。

彼らは詳しいか、少なくとも調べているのでしょう!

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/14atrhf/amnplifycom_babymetal_reliqa_margaret_court_arena/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



人気記事ランキング

コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。