【海外】あなたが知っておくべき日本の女性メタルバンド8選






“ガールズメタルバンドブーム “を語ろう…。

2008年の “ガールズ・メタル・バンド・ブーム “をきっかけに、日本のロック・シーンでは女性だけのメタル・グループが台頭してきた。

BABYMETALは「The Late Show with Stephen Colbert」での熱狂的なパフォーマンスで全米に知られるようになったが、日本のメタル界に波及しているロックな女性たちは彼女たちだけでない。

以下に挙げる女性だけのメタル・グループは、垣根を取り払い、強烈なリフを刻み、その過程でチャートを席巻しながら、メタルに多大な影響を及ぼしてきた。ここでは、あなたが知るべき8つのバンドを紹介する。

  • BABYMETAL

2013年、BABYMETALはスレイヤーやメタリカといった豪華アーティストが出演する音楽イベント「ラウドパーク」に最年少で出演し、その名を歴史に刻んだ。しかし、それ以前から、スズカ、ユイ、モアの3人組は、日本のメタル・シーンで大きな地歩を築いていたのである。プロデューサーに小林を迎えて結成された彼女たちは、当初、メタルに傾倒することなく、むしろプロジェクトの顔としてこのジャンルを取り入れた。

しかし、実際にプレイしていくうちに、このジャンルが大好きになる。その結果、J-POPをベースにした「カワイイメタル」というジャンルが生まれました。

BABYMETALの代表曲「Gimme Chocolate!!!」に代表されるように、歌詞のテーマもキュートで無邪気なものが多く、グローバルな文化にアピールすることができる。BABYMETALは、このサブジャンルのパイオニアであり、「カワイイメタル」の中で最も人気と認知度の高いグループとして注目されているのである。

  • Aldious

日本の “ガールメタルバンドブーム “の創成期の顔であるパワーメタル5人組、Aldiousは、2008年から日本のメタルのカラフルな顔として邁進してきた。自身のレーベルBright Star Recordsを設立した後、彼らは人気の高まりとともにいくつかのラインナップの変更を繰り返し、2019年にR!Nが正式に確認されるまでの数年間、リードシンガーを交代させることさえありました。

グラマラスな衣装とタフなメタル・リフで最もよく知られるアルディアスのステージ上のケミストリーとパンクロック・ポップと80年代メタルの飛沫は、彼らの記録を新鮮で予測不可能なものにし、その忠実なファンベースは大幅なラインアップ変更にもかかわらず揺るぎないものにしている。

  • Cyntia

「ガールズ・メタル・バンド・ブーム」の中で初めてメジャー・レーベルと契約したCyntiaは、ハードなリフの中にポップなメロディを散りばめ、刺激的なサウンドを作り上げている。Return to Myself “では、ハードロックにポップなメロディーを乗せ、メタルはこうでなければならないという概念を覆すようなサウンドを披露している。ギタリストのYuiの健康上の問題からグループは活動を停止しているが、Cyntiaは日本のメタル界で最も特徴的で認知度の高いバンドの一つであることは間違いない。

  • Band-Maid


壮大なギターソロと高揚感溢れるパワーコードでリスナーを鼓舞する東京のバンドメイドは、おとなしいメイド服とは対照的なハードコアな音楽でリスナーを魅了します。しかし、期待に逆らうことはこのグループの核となる信念であり、彼らの音楽はしばしば期待に逆らい、期待されるものから脱却することを中心に据えている。

そのため、彼らのライブは色彩豊かでキックアスなものとなっており、常にリスナーの成長と既成概念にとらわれない思考に挑戦している。

  • Bridear


よりギザギザしたエッジを持つバンドを求める人にとって、Bridearは生々しく、不満に満ちた激しさを炸裂させ、そのライブはすべてを飲み込むようなものとなっている。このメタルコアグループは、”Ghoul “のようなメタルスラッジの密集した波の上にスピーディーなパワーコードを振りまくような、実験的な楽曲でしばしば賞賛される。福岡で生まれたこの5人組は、同じ曲は2つとなく、常にメタルコアの限界に挑戦している。
  • Mary’s Blood

画期的なバンド、デストローズの残党から生まれた最も人気のあるバンド、メアリーズブラッドは、このリストの他のアーティストよりもドロドロでかなりダークなサウンドだ。その圧倒的なステージングと絶え間ないエネルギーは、彼らのサウンドをさらに閉塞的なものにする新たな方法を常に見いだし、ライブを見る者をスリリングにさせている。

  • Lovebites


元デストローズのベーシストMihoとドラマーHarunaに、ボーカルとリードギターMidoriが加わり、デストローズから生まれたグループ。ギターソロとテンポの良さを武器に、「運命の出会い」や「目標達成」というメッセージをバンドで表現している。
  • Dazzle Vision

Dazzle Visionは女性だけのグループではないが、リードボーカルのMaikoが日本のメタル界で最もエキサイティングなボーカリストの一人であることを、短い期間ながら明らかにした。トニー、タクロウ、ハローの3人のバンドマンが彼女の背後でスラッシュする中、彼女はデスグロールとメロディックなワーバルを軽々と切り替えることができるのである。ピンクの綿菓子のような髪を振り乱す姿は見ていて飽きないし、2015年に解散してしまったのが本当に残念でなりません。女性が男性陣の前で暴れている姿は、いつ見ても胸が熱くなりますね。
https://www.popdust.com/all-female-japanese-metal-2651132907.html

名無し
正直なところ、Mary’s BloodとNemophilaを入れ替えてもいいと思う。Mary’s Bloodは活動休止中だし、Nemiphilaは印象的な曲でゲートから飛び出してきたんだ。

間違いなく目を離せないバンドだと思う。

あと、僕はBand-Maidはメタルというよりハードロックだと思ってる。


名無し
これは古い記事です。この記事が書かれたとき、NEMOPHILAはちょうどDissentionのMVをリリースしたところだったはずです。

名無し
MBが休止中とは知らなかったので、悲しいです。

名無し
Mary’s Bloodは、4月9日のライブを最後に活動休止した。

Mary’s Blood 活動休止前ラストワンマンライブ開催🔥

「The Final Day
~Countdown to Evolution~ 」
👑4月9日(土) 豊洲PIT
OPEN:17:00 START:18:00https://t.co/4x7184lkIA

🎫1/21〜2/6まで
プレリク先行予約受付中(抽選)https://t.co/0b4xpFo2DF

ぜひお待ちしております💁‍♀️#marysblood

— Mary’s Blood (@marysblood_Info) January 21, 2022


名無し
NemophilaはMary’s Bloodのメンバーで構成されており、MBは終了しておらず、単なる正当な活動休止であり、戻ってくると既に発表しているので、心配はいらないだろう。

しかし、Nemophilaから気を抜かないでほしい。彼女たちは、バンドメイドやBABYMETALが国際的に成功するのを見習うだけの初期の可能性を示しているのだ。


名無し
この記事は実際には2021年3月までのものなんですね。最初に言っておくと(皆さんの半分は同じことを考えていると思うので)、バンドメイドはメタルではありません。彼らは自分たちでもメタルではないと言っている。でも…彼らは多くのメタルファンから評価されているバンドの一つだろう。

名無し
ブラック・ホールはメタルだ。ほとんどがハードロックだけどね。私は彼らが大好きです。

名無し
Band-Maid は自分たちを「ハードロック」と呼んでいますが、現状では基本的には独自のジャンルであると言えます。

名無し
バンドメイドは、彼ら自身のジャンルを獲得したと言えるでしょう。メイド・ロックだ。メイド・ロックとは、プログレ、パンク、メタル、ポップにブルース、ジャズ、ファンク、グランジのテイストを加え、非常に高いレベルの音楽性と作曲、複雑な歌詞とボーカルで演奏されたものだ。メイド・ロック! 😉。

名無し
Choose Meを聴いてから、彼らの他のディスコグラフィーを初めて聴いた時にすぐに引っかかったのは、彼らの曲の最初の10秒か15秒で、すぐに「これ聴いたことある、2000年代の曲だな。このリフ、聴いたことあるよね “と。でも、そのリフを聴いたことがあったわけではなく、聴いたことがある音だったんです。彼らの音楽の多くは、私を一瞬で2006年前後に引き戻すような音像を作り上げていたのです。自分がなぜ彼らを好きなのか、その理由がわかりました。Band-Maidは、2000年代のロック、メタル、パンクを身近で懐かしくさえ感じる積み木として使っていますが、それらを土台として、新鮮で新しいものを構築し、それらの年代特有のサブジャンルを本来の限界を超えて推進させるものなのです。彼らは、その時代特有のサブジャンルを、以前よりもキャッチーに、かつ当時よりもハードにヒットさせることに成功したのである。

名無し
Gallhammerがランクインしていないのは意外だ。

名無し
Cyntiaは良いね、彼女たちは過小評価されている。

Edit: あと、Babymetalを女性だけのメタルバンドとは呼ばないよ、彼女たちが嫌いとかそういうわけじゃないけど…。


名無し
Dazzle Visionは、もう何年も聞いていないバンドです。私の記憶では、リードボーカルはもう何年も前に結婚のために業界を去りましたが、なんといってもDazzle Visionは時代の最先端で、彼らがどれほど優れていたかは衝撃的です。今の時代なら間違いなく日本以外の国でブレイクしていただろう。

引用元:https://www.reddit.com/r/BandMaid/comments/sfq0q9/6_allfemale_japanese_metal_bands_you_need_to_know/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事








コメントの規制強化について

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログに掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。
BABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除します