【海外】アーティストやバンドの「ワールドツアー」とは、実際にはどのようなものなの?








名無し
これは人口密度マップのようだ。アフリカの中心部には誰もいないんだ!

名無し
「ワールドツアー」とは?

名無し
ミュージシャンやバンドが、さまざまな国の人々のためにコンサートを行うときです。

名無し
モンゴル・ウランバートルでロックしなければ、本物のロッカーではない

名無し
大きな音楽会場があり、お金を払ってコンサートを見に来る人がたくさんいるところにしか行かないような感じです。

不思議ですね。


名無し
アーティストが「ワールドツアー」と言うとき、彼らは何らかの手段で、たとえ限定的であっても、国際的な公演を行っていることを暗示しているのです。

名無し
それを考慮に入れても、インドはもっと注目される国に値するでしょう。人口が非常に多く、高価なチケットを買うだけの富があり(たとえ1回限りであっても)、大きなコンサートを開くのに十分な都市があるのです。メタリカがコンサートをキャンセルしたときの人々の反応を見てください。
当時、redditで、インドにはビッグスターがほとんど来ないので、人々はとても怒っている、という記事を読んだのを覚えています。

名無し
ラテンアメリカの話をしましょうか。国際的なアーティストがラテンアメリカ(ブラジル、アルゼンチンなど)に来るたびに、これらの国では1回か2回のコンサートしか行わず、そのチケットは5~10分で売り切れる。

それだけでなく、これらの国々は広大で、相当数の人々がチケット代だけでなく、その国の他の地域からコンサートが行われる場所(リオデジャネイロ、サンパウロ、ブエノスアイレスなど)に来るための航空券、交通費、ホテル代にチケット代の5~10倍を使うことになるのです。

そして、そのようなアーティストの中には、チケットがブラックマーケットで元の価格の3~5倍で転売されているのを見て、「追加コンサート」を開き、それも10分で完売してしまう人もいるのだそうです。

要は、コンサートを見るのに十分な人数がいて、その人たちが喜んでお金を払うというだけではダメなんです。「第三国」に1週間も2週間も滞在する気にはなれないということです。


名無し
アフリカ、インド、中国のバンドも、それぞれの地域ではなく、西側だけでツアーを行っているので、何の偏りもなく、世界とは本当に “西側 “という意味なのです。

名無し
シドニーがこれほど上位にあるのは驚きです。

オーストラリアは、大物バンドを除いては、3つか4つの大都市にしか行けず、しかも地球の裏側まで自分と機材を運ばなければならないという、厄介な国です。一方、ヨーロッパでは、バスに荷物を積んで数時間かけてオランダやベルギーに行けば、同じ人口規模の都市に行くことができます。


名無し
特に、残りのツアーのステージ・セットアップにすでに投資している場合は、3、4回の大きなショーがあれば十分でしょう。メルボルン、シドニー、ブリスベンというのは、ほとんどのバンドにとって可能な範囲です。必要であれば、アデレードやパース、あるいはオークランドにも足を伸ばすことができます。

それに、一般的にバンドはオーストラリアやニュージーランドに来ることを楽しんでいると思う。


名無し
ワールドツアーというのは大げさで、世界のすべての国や地域を回っているわけではありません。もちろん、ほとんど人口のいない広大な地域もある。そうなると、ワールドツアーを行うバンドの多くは「西側」の国のバンドとなり、したがって、西側諸国での人気も最も高い。そして、コンサートを開くことが非常に困難な国もあるはずです。多くのミュージシャンは、社会的に進歩的であったり、非常に露骨な歌詞を書いたりするので、どこでも歓迎されるわけではありません。

名無し
アムステルダムがトップ20に入っているのは興味深いですね。私たちの国はとても小さいのに、ここに来る大スターの多さにはいつも驚かされます。

名無し
私たちの国は小さいかもしれませんが、それは関係ありません。私たちは、地球上で最も人口が密集し、かつ裕福な地域のひとつにいるのです。

ベルリンやパリといった場所も近くにあります。ベルリンからパリまで車で10〜12時間、ベルリン〜アムステルダム〜ブラッセル〜パリでも数時間しかかかりません。だから、ヨーロッパの「大都市」に陸路で行くなら、アムステルダムも基本的に自由自在です。


名無し
ブリスベン

名無し
ブリスベンがトップ20に入るというのは、私にとって非常に興味深いことです。ビッグバンドであれば、必要な機材やクルーと一緒にオセアニアを旅する費用を捻出することができるかもしれません。

名無し
衝撃的なニュース、欧米のバンドは欧米でコンサートをする。

名無し
日本と韓国は例外です。

名無し
そういえば、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの「アラウンド・ザ・ワールド」という曲では、アメリカ以外の場所は3つしか出てきませんね。

名無し
他の西洋の大都市と比較して、なぜロンドンは非常に人気があるのでしょうか?

名無し
推測ですが、大都市で、様々な規模の会場があり、その国や地域に同規模の都市がない、英語が通じる、自国から海外に人気のあるバンドが多い、世界各国へのフライトの便が良い、などでしょうか。

名無し
ロンドンは(ニューヨークと並んで)世界で最もグローバルな都市と見なされているからです。世界の金融、文化、ファッション、教育の中心地です。

名無し
オーストラリア人のBABYMETALファンとしては、ワールドツアーの話を聞くたびに、実際にどこに行くのか考えて目を丸くしてしまうのです。

名無し
Babymetalのライブを見るなら、どうせなら日本で見たいというのが本音だろう。本場のスタジアムでのライブは迫力が違う。次の機会があれば、巡礼の旅に出ようと思っている。

名無し
ワールドツアーとは、お金があるところへ行くということ

引用元:https://www.reddit.com/r/MapPorn/comments/wtukrw/what_does_world_tour_actually_mean/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事








コメントの規制強化について

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログに掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。
BABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除します