【海外】「Distorted Sound」「Blabbermouth.net」のLIVE CD”10 Babymetal Budokan”のレビュー






ALBUM REVIEW: 10 Babymetal Budokan – @BABYMETAL_JAPAN @cookingvinyl @TheNoiseCartel https://t.co/4C8rxXAKQE pic.twitter.com/EjMgqDIOiK

— Distorted Sound (@Distorted_Mag) December 13, 2021


ALBUM REVIEW: 10 Babymetal Budokan – Babymetal

ライブアルバムは当たり外れが大きい。良いときは格別だが、そうでないときは、完全に大きく外れてしまうこともある。バンドのディスコグラフィー、ステージでの存在感、会場にいる観客、そしてそのすべてがアルバムに反映され、聴くことができるという複雑な混合物なのです。あるバンドやアーティストのライブを見る前に、ファンが興奮し、まだ体験したことのないことを経験するきっかけになることもあるが、一方で、ディスコグラフィーに不必要なものを加えてしまい、気まずい思いをすることもある。日本のカワイイ系メタルグループBABYMETALにとって、バンドのライブを見るチャンスは–特に欧米の音楽界では–稀であり、特に最近はパンデミックのために多くのバンドやアーティストが旅行制限に直面している。『10 BABYMETAL Budokan』は、日本武道館のガイドラインに沿って行われた、彼らの10回のライブを記録したものだ。

バンドのブランドである「SAVIOR MASK」に観客が仮面をつけてライブに臨んでも、観客の力強い掛け声や歓声が各曲ではっきりと聞こえてくるのです。歌詞に合わせたり、イントロで盛り上がったり、イベントの楽しさを表現したりと、まるで合唱団が加わったかのように全13曲を盛り上げてくれる。特にセットリスト内の曲の組み合わせは、1曲1曲をより豊かにしてくれる。イントロのBABYMETAL DEATH – Shin.verから、バンドは神秘的でエキサイティングなオープニングを演出し、聴衆の歓声が興奮を呼び起こすのを期待させる。演奏者の姿は見えなくても、バンドのダイナミックなパワーとエネルギーは、ライブやアルバムに反映されている。

セルフタイトルのデビュー作『BABYMETAL』から、最新作『METAL GALAXY』の『PA PA YA!』まで、ライブとアルバムでバランスよく取り上げられ、彼ら独自のメタルのスタイルの多様性を示しています。ライブでは、多くの曲が8分、14分と延長されている。メギツネの導入部でも、サクラサクラサンプルの延長線上にある曲は迫力があり、観客を巻き込んで盛り上げてくれる。これと同様に、ボーカルのSU-METALがスタジアム全体に向かって叫ぶような瞬間は、その建物にいる全員が音楽で一体となる。Road To Resistanceでライブは終了し、BABYMETALのステージングと音楽の壮大さはアルバムによく反映され、たとえ日本から何千マイルも離れていても、リスナーをそのライブシナリオに吸収してしまうのだ。

全体として、このライブアルバムは非常によくできており、優れた音楽と観客の反応のバランスが、リスナーが再生ボタンを押した瞬間に一つの壮大な音と体験を生み出すのに役立っている。伝説的な会場で、才能あるミュージシャンとともに、緻密に選ばれたセットリストが、バンドを見ることができない人、あるいはまだ見たことのない人にとっても、忘れがたい体験を生み出すのに役立っています。武道館での演奏は多くのバンドにとって目標であるが、BABYMETALは世界最高の場所でもロックできることを示した。全てにおいて素晴らしいリスニング体験だ。

Rating: 8/10

8/10 点, 執筆者はあの Dom Lawson. #BABYMETAL #Review #BABYMETAL_BUDOKAN

CD Reviews – 10 Babymetal Budokan Babymetal – https://t.co/1zIACTCEQAhttps://t.co/CyGAzZmAn5 pic.twitter.com/Vwk87NjfSk

— けいたん🦊/Fully Vaccinated. (@soulbicycle) December 14, 2021

BABYMETALをヘヴィメタルの楽しさを伝える素晴らしいエンターテイナーだと思う人と、この日本人が作るポップ・メタル・ハイブリッドを聴くくらいなら、錆びたサムライ・ソードで手足を切り落とした方がましだと思う人に、メタル界は大きく二分されるのだ。東京の伝説的な武道館で撮影されたBABYMETALのライブ体験の轟音のカプセル化である「10 Babymetal Budokan」は、後者の陣営に向けられたものではない。もし、あなたがまだBABYMETALの熱狂的で歪んだおかしさに、あるいは音楽そのものの驚くべき残忍さと正確さに魅了されていないのなら、70分のライブアルバムはあなたの心を変えることはないだろう。しかし、それ以外の人にとっては、BABYMETALが粘り強さによって目新しさを超越したことを思い出させてくれる、バカバカしくも楽しいアルバムなのだ。過去10年の間、世界中のステージに立ち続け、特に多くの有名なフェスティバルに出演してきた彼らは、少なくともあと数年はその存在を保つことができるほど、メタルヘッドの心と精神を征服してきたのである。

そしてもちろん、日本は彼らを崇拝している。”10 Babymetal Budokan “は素晴らしいサウンドのライブレコードで、熱狂的な観客のヒスノイズとスコールが常に背景に湧き上がっている。BABYMETAL DEATH”(インパクトのために常に大文字で表記!)の圧巻のデスメタル・ストンプの後、Su-Metalのボーカリストとしての輝かしい才能が最初に耳に飛び込んでくるが、彼女のバンドは、不機嫌な否定派が認めるよりもはるかにヘビーで、非情にも現代のテックメタル精度でプレイする、ショーストップ級の曲でノンストップの激情を放ってくるのだ。10 Babymetal Budokan “は、名ばかりのベスト盤であり、観客の参加も多く、バンドの名曲の延長線上にある、観客を挑発するようなバージョンから、本当に祝賀ムードが漂っている。BABYMETALのライブを見たことがある人ならわかると思うが、長い説明的な前説もまた、体験の重要な一部であり、Fox Godの神話はここでもそのままで、結果としてこのアルバムの精神と雰囲気に大きなアクセントを与えている。

ファンが望むものは、絶対に手に入れられる。あの忘れられないデビューアルバムから、「ギミチョコ!!」や「ドキドキ☆モーニング」「メギツネ」などは、かつてないほど新鮮で陽気に破壊的なサウンドだ。2016年にリリースされた『METAL RESISTANCE』からは、涙を誘うような壮大な「THE ONE」、めちゃくちゃキャッチーな「KARATE」が多幸感のピークとして際立っており、ARCH ENEMYのアリッサ・ホワイト・グルツが絶対的に輝かしい時間を過ごす、熱狂的な「Distortion」は億劫になるほどペニスロケットで爆発しているようなものです。

表面的なギミックが10年間続くことはめったにない。BABYMETALがその道を歩み続けたのには多くの理由があるが、中でも重要なのは、ヘヴィメタルがこの種のいたずらな改革に十二分に耐えることができるという事実である。”10 Babymetal Budokan “は、喜びと驚きに満ちたものである。もう10年後と言うのか?キツネ神はそれに賭けることはないだろう。

RATING: 8/10
Author: Dom Lawson

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事





コメントの規制強化について

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログに掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。
BABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除します