【海外】BABYMETAL「メギツネ」は発明されたものなのか?






「メギツネ」というキツネの神をバンドの広報が発明したのか、それとも日本文化に実際に存在するものなのか?
ウィキペディアには「歌」しか載っていません。

名無し
実際に使われている言葉です。通常の形は「Kitsune」ですが、女性的な形にするには「Me」という接頭語をつけます。kがgになり(日本語的には)、megitsuneになります。

この言葉は、ずるい女性やいたずら好きな女性を指すことがあります。

youtubeのAndrew Hartleyのビデオをご覧ください。


名無し
この曲の歌詞に関するDuane metal氏のビデオを見ることもおすすめです。

名無し
女神様(めがみ)や「女神」(めがみ+キツネ)の言葉遊びでもあると思います

名無し
日本神話の稲荷は、稲作を守護する神として知られています。
キツネは稲荷の使者とされ、稲荷を祀る神社にはキツネの像がある。
その後、キツネは半神半人の生き物と考えられるようになった。
BABYMETALのキツネ神は、メタル銀河に存在するメタルの神であり、全く異なる解釈をしています。
だからこそ、BABYMETALをカルトと考えるのは不正確だと思うのです。
彼らはどちらかというと、異端の神道の一派です。

名無し
素晴らしい!

名無し
キツネ神はバンドとは別の存在ですが、日本にもキツネ神が祀られているので、その考えが根付いているのでしょう。

名無し
ああ、稲荷のことを意図しているのか
BMフォックス神は全く別物なのかと思っていた。

名無し
公式ミュージックビデオには稲荷神社が登場します
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8F%E8%A6%8B%E7%A8%B2%E8%8D%B7%E5%A4%A7%E7%A4%BE

名無し
忘れていたのですが、キツネのお面は稲荷神社にもつながっていて、キツネが守護神となっています。

名無し
別物だと思いますが、「megitsune」のPVに稲荷神社を登場させたら、曲と狐の神様の言い伝えにぴったりでかっこいいと思ったそうです。とにかく、狐の神様の伝承は、女の子たちがメロイックサインを作ろうとして、それが狐に見えると言ったことから始まったと確信しています。こうしてキツネサインが生まれ、そこからキツネの神の伝承が生まれたのです。

名無し
私が面白いと思ったことを付け加えたいと思います。私はNetflixで「Love Death + Robots」を見たのですが、シーズン1の「Good Hunting」というエピソード、素晴らしいエピソードでした。

とにかく、そのエピソードには九尾の狐の霊が出てきます。ただし、舞台は中国で、キツネではなくHuli Jingと呼ばれていました。それでググってみたら、日本と中国の神話には9本の尾を持つ同じキツネの生き物/霊が登場することがわかりました。ただ、それを言いたかっただけです。とにかく、そのエピソードを見に行ってみてください。それは独立した短編小説のコレクションで、とても興味深いものです。


名無し
コバメタルによると、「ドキドキモーニング」のビデオのリハーサルをしているときに、女の子たちに「メロイック」のハンドサインを教えようとしていたそうです。しかし、彼女たちはそれを使って壁にかわいい影絵を描いたりしてふざけていた。こうして、フォックスサインが誕生しました。

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/qsb37i/did_they_invent_megitsune/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事