【海外】これはSU-METALとMOAMETALのマイクを交換したのかな?ww




BABYMETALのアンテナ


その他のアンテナ


名無し
これは台湾でのライブで、”並外れた “ミックスが行われたということに他なりません。これは、全く別の音の「インイヤーモニターのキャプチャ」ではありません。

私がここで気に入ったのは、彼らのライブが「生」ということを証明しているということです。


名無し
ライブイベント中に偽装しているのではないかという疑問がありましたか?もしそうなら、それは私にとってニュースです。

名無し
いいねー。

この台湾でのライブを覚えています。奇妙なミキシングでしたが、モアの澄んだ声が印象的でした。今後、SuとMoaのミキシングが増えることを期待しています。


名無し
モアの音声化には賛成ですが、まだ十分ではありません。Suを犠牲にしてまでは欲しくありません。笑)😅

名無し
これだけの数の楽器を生演奏とバックトラックで歌うのは大変なことなので、すべてのボーカルをワンランク上げてもいいと思います。

名無し
おそらく、MOAのイヤーピースへの音声供給を傍受したものと思われます。SUのイヤーピースの音は以前にも聞いたことがあります。誰もが自分のボーカルをPAミックスよりも大きな音量で聞く必要があり、自分の音程を聞き取り、調子を合わせることができます。また、各所で音声による合図を入れて、カウントすることもあります。たまにどの節かを思い出すのには良いのですが、最後の回などを思い出すための合図として、トラックの中で少しずつ違う音を使っていることに気づきました。

昔はボーカリストが「ラストタイム!」と叫んだり、ドラマーが明らかなブレイクをして転換点を示したりしていました。リッチー・ブラックモアやイングヴェイ・マルムスティーンは、ソロが終わったときに腕を振ります。バッキングトラックではもっと正確にやらなければなりません。コンピュータはSUの演奏を聞いていませんが、安全のために聞いた方がいいでしょう。


名無し
これはショーのミックスが悪かっただけで、全体的に混乱していました。

名無し
そういえば、『テイルズ オブ ザ デスティニーズ』で、みんなをまとめるためにカウントボイス(「1 2 3! 1 2 3!」)を入れたものを共有している人がいましたね。いいですね、たぶんその通りだと思います。

名無し
モアはSupa Slippaのライブで歌っていましたが、ツアー中の他の場所ではライブで歌っていませんでした。

バックトラックを持たずに日本を出発したのではないでしょうか?

皮肉ではなく、これはただのバランスの悪いミックスである。このような例は、サウンドチェックの時間が十分に取れないフェスティバルなどでよく見られます。もしあなたが彼らのライブを何度も見たことがあるなら、彼らが最初に彼女の音を高くしすぎて、すぐにバランスを取り直すのを聞いたことがあるでしょう。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/naarov/uhdid_su_and_moa_switch_mics/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事