バンドマンが手がけたアイドル・ソング5選






1: 2020/04/29(水) 13:05:56.78

https://okmusic.jp/news/381162/
2020年04月27日

今回は普段「アイドルしか聴かない」「ロックしか聴かない」という両ファンの心に突き刺さる橋渡し的な楽曲を取り上げてみました。これをきっかけに今まで聴かなかったジャンルにも手を出して、音楽的な視野を広げてみてはいかがでしょうか?

■「愛のレンタル」(’19)/私立恵比寿中学
人気急上昇中のバンド、マカロニえんぴつ。彼らはあいみょんのツアーに対バンで呼ばれるなど、今や幅広い層に支持されている。そのフロントマンであるはっとり(Vo&Gu)が作詞作曲を手がけたのがこの曲だ。
エビ中こと私立恵比寿中学は結成当時こそ、「キレのないダンスと不安定な歌唱力」をキャッチフレーズに掲げていたものの、今や抜群の歌唱力と真摯なパフォーマンスが売りになっている。
この曲は真山りかのファルセットヴォイスを含めて、大人っぽい歌唱力で聴かせてくれる。マカロニえんぴつの最新2ndアルバム『hope』にはセルフカバーも収録されており、そちらも素晴しいのでぜひ聴き比べてほしい。
no title

■「アイドルレース」(’17)/夢みるアドレセンス
アイドルシーンを鋭利に描写した歌詞がフック抜群だ。もちろん曲調も非常にキャッチーで仕上がりである。これは男女ツインヴォーカル擁するヤバイTシャツ屋さんのこやまたくや(Vo&Gu)が初めてアイドルに楽曲提供したもの。
ヤバTにも通じる言葉数の多さにニヤリとしつつ、《ハードです 大切なものはハートです 飛び込んでしまったハードルレース 全部越えていけ》の歌詞センスもこやまらしさが光っている。
しかも、BABYMETALの「ヘドバンギャー!!」「Catch me if you can」を手がけたNARASAKI(COALTAR OF THE DEEPERS、特撮)が編曲を担当。いろんな意味で豪華すぎるコラボレーションと言えるだろう。
no title

■「START」(’17)/チームしゃちほこ
名古屋城の路上でデビューを果たしたチャームしゃちほこ。彼女たちに楽曲提供したのはBLUE ENCOUNTの田邊駿一(Vo&Gu)。
“再スタート、はじまり”をテーマに掲げたこの曲は、やはりブルエンを彷彿させるエモーショナルかつストレートなサウンドが胸に響く。
レコーディングにもBLUE ENCOUNTが参加したようで、両者の熱い思いが詰まった一曲と言っていい。
闇を潜り抜けて前に突き進んで行こう!という歌詞にも背中を押されるリスナーが多いことだろう。観客とのコール&レスポンスが目に浮かぶ掛け声コーラスもポイントだ。
no title

■「BiSimulation」(’13)/BiS
今や全国区の人気を誇るBiSH。その先輩にあたるBiSはアイドルの型破りな活動で多くのファンの心を鷲掴みした。
この曲は血まみれのMVも衝撃的であったが、作曲はヒダカトオル(THE STARBEMS、ex.BEAT CRUSADERS)が手がけている。
エッジ際立つロックサウンドは、従来のアイドルのイメージを塗り替えるヘヴィさを放ち、その一方で歌メロはきっちりとキャッチーな輝きに満ちている。改めて聴いても、楽曲のカッコ良さは微塵も風化していない。アイドル/ロック好きの双方を満たすエナジー満載の曲調である。
no title

■「ももいろ太鼓どどんが節」(’13)/ももいろクローバーZ
一度聴いたら、頭から離れない。祭囃子的なビートに乗って、つい口ずさみたくなる楽曲だ。そう、ももクロに楽曲提供したのは怒髪天で、これが彼らにしか作れない男臭い和的サウンドになっている。
どこか、アニメのオープニング曲にマッチしそうなポピュリティーもあり、老若男女に愛される人懐っこさも感じさせる。ももクロと怒髪天という異色のコラボレーションにもかかわらず、お互いの魅力が融合したオリジナリティーの高さにも頭が下がる。
体の芯から元気が沸き上がってくる楽曲だ。先の見えない今だからこそ、勇気付けられるお祭りソングの決定版である。
no title

7: 2020/04/29(水) 13:09:51.87

>>1

どれもヒットしてないな

まったく誰も知らんだろ

 

49: 2020/04/29(水) 13:28:57.96
>>1
特撮の楢崎と
怒髪天はかろうじて知ってた

 

94: 2020/04/29(水) 13:58:01.32
山下久美子への提供曲とか全部アイドルっぽくて良いよな
特に3部作のあたり

 

8: 2020/04/29(水) 13:10:24.36
RAY シューゲイザーアイドル
曲の提供がリンゴデススターの中の人
https://youtu.be/Z_l26v8R9v8

 

14: 2020/04/29(水) 13:14:05.25
>>8
ぜんぜんわからん

 

283: 2020/04/29(水) 19:02:52.97
>>8
ロストイントランスレーションだな
シューゲイザーだし

 

9: 2020/04/29(水) 13:10:33.61
なんかしょぼい5選だな

 

136: 2020/04/29(水) 14:52:15.53
>>9
作ってる方と歌ってる方どっちもマイナーっていうね

 

313: 2020/04/29(水) 21:41:05.77
>>136
両方とも売り出したいんだろ
この場合は作曲の方をメインに

 

16: 2020/04/29(水) 13:14:38.31
もっとほかにあるだろってセレクトだね。

 

19: 2020/04/29(水) 13:15:09.20
ちょっと違うのかもしれないけど氷室京介がKAT-TUNに楽曲提供した「Keep the faith」はマジでカッコいい

 

34: 2020/04/29(水) 13:21:21.59

>>19
KAT-TUNならLIPSもいいな
ベースがビリー・シーン
ドラムがサイモン・フィリップス
だからな

いっそギターをマイケルシェンカーにしてもらいたかった

 

247: 2020/04/29(水) 17:46:07.36
>>34
LIPSの作詞作曲者は
氷室京介のライブのサポートメンバー

 

157: 2020/04/29(水) 15:21:01.91
>>19
氷室は昔無名の女性アイドルに曲書いてたw
まったく売れなかっけどなw

 

301: 2020/04/29(水) 20:15:16.75
>>157
奥田圭子のプラスティック 好きだった

 

25: 2020/04/29(水) 13:16:19.49
BISは結構凄い連中が曲提供してるぞ
明らかにロック層を狙ってた

 

33: 2020/04/29(水) 13:20:45.81
アンダルシアに憧れては?

 

35: 2020/04/29(水) 13:21:40.23
酒井法子上原多香子に曲を作った
河村隆一

 

69: 2020/04/29(水) 13:37:57.07
>>35
上原多香子のmy first loveって書こうと思ったところ
楽曲もMVも透明感があって今でも時々つべで聴いてる

 

37: 2020/04/29(水) 13:22:16.24
小さな星

 

38: 2020/04/29(水) 13:23:33.04
細野晴臣と飛鳥涼はバンドマンに含まれますか?

 

42: 2020/04/29(水) 13:26:03.02

>>38
そのあたり含めると幾らでも出てくるから

最近のに限定している記事なんかな

 

46: 2020/04/29(水) 13:27:31.55
BABYMETALのギミチョコは?

 

55: 2020/04/29(水) 13:31:00.04

>>46
当楽曲は、TAKESHI UEDA(AA=、元THE MAD CAPSULE MARKETS)が楽曲提供&サウンドアレンジを担当しており

ギミチョコ!! – Wikipedia

知らんかった

 

289: 2020/04/29(水) 19:23:08.60
>>55
でも知った後に聞くと
まんまMADの曲やなってなる

 

50: 2020/04/29(水) 13:29:28.44

秋元康作詞 氷室京介作曲 布袋ギター編曲の奥田圭子 プラスティック

https://youtu.be/iA50zkuG_AE

 

153: 2020/04/29(水) 15:15:06.44
>>50
出てたか シブいとこ突くな

 

52: 2020/04/29(水) 13:29:53.58
宇崎竜童のプレイバックパート2をまず聴けよ
話はそれからだ

 

59: 2020/04/29(水) 13:33:25.17

中山美穂の50:50は名曲

作曲:小室哲哉(TM NETWORK)

 

133: 2020/04/29(水) 14:49:44.86
>>59
その時代の小室は神だったな

 

60: 2020/04/29(水) 13:34:11.86
バンドマンって言っても職業作家と兼業してる奴多いからどこで区切るのかって話で
例えばNARASAKIみたいなのはどっちなんだよと

 

82: 2020/04/29(水) 13:50:20.03
>>60
元々の出がバンドだからバンドマンでもええんじゃないか

 

64: 2020/04/29(水) 13:34:36.92

アイドル、曲、バンド

どれも知らんやつばっかやんけ…誰向けにどやってるんやこの記者
かろうじてももくろくらいか。曲はしらんけど

 

78: 2020/04/29(水) 13:47:36.75

KAT-TUN/real face(’06)

作曲:松本孝弘(B’z)

 

309: 2020/04/29(水) 21:27:27.17
>>78
この曲普通に好きだわ

 

95: 2020/04/29(水) 13:58:05.30
スピッツの愛のしるしってPUFFYのカバー?それともPUFFYに曲提供?

 

99: 2020/04/29(水) 14:02:53.55
>>95
曲提供して後から自分たちでカバーしたんじゃないかな

 

105: 2020/04/29(水) 14:19:05.91
BiSやBiSHは売れないバンドマンがずっと全面プロデュースやん

 

119: 2020/04/29(水) 14:35:05.39
有名無名や売れた売れてないじゃなくてお前ら知らないと思うけどバンドマンが手掛けたこういう曲も有るんだよ良かったら聴いてねって記事だろ

 

149: 2020/04/29(水) 15:09:11.95

BiSならヒダカのBiSimulationよりMADの上田のSTUPiGだろって感じだわな
その後のベビメタのギミチョコもだし選曲とかも変だわ

https://www.youtube.com/watch?v=gRaMsDyW-XQ

 

169: 2020/04/29(水) 15:29:36.10
ブルーハーツが手掛けた、ボーイフレンド/宮沢りえ
この名曲知らないのか

 

170: 2020/04/29(水) 15:33:20.95
>>169
今聴いてるけどめちゃ駄曲じゃねーか

 

204: 2020/04/29(水) 16:30:32.40
ピエールと卓球が作詞作曲した細川ふみえ「だっこしてチョ」は?

 

212: 2020/04/29(水) 16:47:07.52
>>204
そもそもでデビュー曲のスースキスーがピチカートファイヴの小西で、セカンドのにこにこにゃんにゃんで石野卓球のピエール瀧が作詞作曲してる。
4thのポチに八つ当たりは大槻ケンヂ作詞グレート義太夫作曲。

 

228: 2020/04/29(水) 17:11:26.81
元バンドマンが手掛けたんじゃなくて現役バリバリのバンドマンが手掛けた曲をあげてるんだろうね

 

引用元:

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1588133156/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。