BABYMETAL初の海外ツアーを見た時に思い出した作品

521: 2021/03/28(日) 22:56:30.79
ジャパメタのコアな話がほとんど理解できないw
でもベビメタに流れるジャパメタの血ってのがきっと肝なのだと思う。
コバメタルはロラパルーザのXの演奏を見て
「日本発のメタルは絶対に世界で通用する」と確信したとか。
自分はXと聖飢魔Ⅱの、それこそ有名曲しか知らない。

 

525: 2021/03/29(月) 01:03:44.48
>>521
ラウドネスのユーロバウンズっていう映像作品をお勧めする。
ベビメタ初の海外ツアーを見た時にこの作品を思い出した。

 

602: 2021/03/30(火) 10:35:23.17
>>525
単純な話だったんだね
ギターは上手くて、ヴォーカルはハイトーンでエネルギッシュで楽曲が粒ぞろい
そして、英語詞だけど紛れもないジャパメタ(のメロディ)
ラウドネスは「日本代表バンド」として普通に世界で売れた
そこが他の海外受け邦楽と違うところ

 

527: 2021/03/29(月) 01:23:19.46
>>521私は最初は邦楽のXから入り、その後スラッシュメタル四天王に行き、当時は子どもにありがちな、邦楽<洋楽と言う、同じ日本人が作り出す邦楽を下に見る感覚で居たんですよ、でもラウドネスを聴き、その感覚は覆され、そこから邦楽<洋楽と言う概念は無くなりましたねー。
コバさんは私より先輩なんで、間違い無くラウドネスの世界進出も知ってると思うし、そのXの出来事で確信を得たんでしょうね。偶々ジャパメタを聴く機会があっただけで、それが無かったら、同じく知らなかった可能性はありますね。

 

533: 2021/03/29(月) 01:58:01.29
Loudness – European Tour (1984)
https://youtu.be/tVP4SGHtpjY?list=RDtVP4SGHtpjY

 

536: 2021/03/29(月) 08:06:41.11
>>533
最後まで観てしまったw
ラウドネスが海外で売れたのってサンダーインジイーストからとか思ってたけどそれ以前からヨーロッパで需要があったんだな
初期の曲ばっかりで懐かしかったよ
幹大ちゃんのアイドル、ポールギルバートがラウドネスのコピーをしまくってたのはこの頃で、この頃の実力が認められてアメリカに行ったんだなぁ

 

601: 2021/03/30(火) 10:14:28.21
>>533
最初の2曲でもうやられたw
これはカッコ良い
ビール飲みながら全曲楽しみたい
ラウドネスはアメリカで売れる前にもヨーロッパにファンベースがあったんだね
ステージ直前の緊張の表情は、確かにベビメタの初期フェスを思い出す
610: 2021/03/30(火) 13:00:23.71
ラウドネスが種をまいてXが耕してベビメタが刈り取る
そういう視点も持つことができた
昼寝しよ

 

引用元:

https://fate.5ch.net/test/read.cgi/babymetal/1616425797/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事