【海外】2021年ヤングギター1月号のKOBAMETALインタビュー

2021年ヤングギター(1月号)に掲載されたSu & Moaのインタビューを翻訳し、こちらで読むことができます。
https://docs.google.com/document/d/1MGomTT9Nu9jjVUuhit7Tvt5T9k88zh0Qy6klpgy38Yc/edit#heading=h.1u0lo5aer8y5
しかし、それに加えて、同じ雑誌にBABYMETALのギターに焦点を当てた魅力的なKobametalのインタビューもありました!

もしあなたが、BABYMETALの曲がどのようにしてできあがるのか、あるいはグループを支えるクリエイティブ・チームがどのようなことを考えているのか、もっと知りたいと思っているなら、あなたは正しい場所にいるのです。角川コバのインタビューも5回に渡って掲載されています。

今回のインタビューでは、BABYMETALの曲の作り方、スタジオトラックの録音に全く別の演奏者を使うこと、曲のデザインの仕方、影響を受けた音楽などについて語っています。BABYMETALの音楽性に興味のある方は必読です。
https://stechen.blogspot.com/2021/03/2021yg01koba.html

名無し
翻訳してくれてありがとう。これは、私が期待していた、彼らの曲の創作過程を説明するコバのインタビューです。

名無し
>アルバムでは曲ごとに好きなことをやって、それをライブでどう再現するかはその時になってから考える…。

私は彼が変わらないことを願っています。


名無し
このことは、「Tales of the Destinies」を見れば一目瞭然です。何のインタビューだったか忘れましたが、東京ドームの前に読んだインタビューでは、ダンスはもちろん、一体どうやってライブで演奏するのかと聞かれて、「笑 それは将来の僕らの問題だよ」と答えていました。

絶対的な狂人であり、まさにBABYMETALが素晴らしい理由である。


名無し
素晴らしいインタビューですね。

Babymetalの次のアルバムに収録されている、80年代にインスパイアされたメタルやシンセサイザーの曲を想像してみてください。

ライトショーや衣装も想像してみてください


名無し
ギターを弾かない人が読んでも面白いですよね

名無し
とても興味深く、テクニカルなインタビューですね。他のインタビューとは大きく異なります。私は音楽の専門家ではないので、多くを語ることはできませんが、このインタビューについて誰かが議論しているのを読むのは好きです。

名無し
インタビューに加えたビデオ/音楽のリンクをたどっていただければ、コバが話していた音楽の参考文献を見ることができますので、彼の話を少しでも理解出来ると思います。

名無し
私はいつも、彼らの創造的なプロセスに興味を持っています。いつかビデオ・ドキュメンタリーを作ってくれないかな、あるいはその過程をいくつか紹介してくれないかな。

名無し
確かに面白い読み物だ。また、別のアルバムが制作されているか、少なくとも新曲があるようですね。

名無し
しかし、実際のインタビューが行われた時期によっては、まだ初期段階であることを示唆しています。

名無し
その雑誌は2020/12/10に発行されたので、インタビューは遅くとも昨年の10月末頃には行われていたのではないでしょうか。

名無し
これは興味深い内容でした。つまり、女の子は音楽制作に関与していないということですね。多分、歌詞の面では?

もし私が深読みしていなければ、KOBAは次のアルバムが6本のギターのスタンダードチューンで、80年代/90年代のサウンドになることをほのめかしているのでしょうか?それはいいですね


名無し
>女の子は音楽制作に関与していないということですね。多分、歌詞の面では?

これは昔から知られていることですが
そうではありません。ボーカルのメロディー、フレーズ、そしてそのフレーズや彼女の歌い方に合うように歌詞をインプットするときだけ、スーは曲にインプットします。


名無し
私の推測では、Su-metalはほとんどの場合、歌詞のないバージョンを最初に「ラララ」と歌い、場つなぎをします。

名無し
私が思うに、ギター演奏はアルバムではより複雑になり、ライブでは簡略化されたりアレンジされたりするのではないかと…。驚くべきことに、スタジオ録音よりもライブの方がいつも良い音がするのです。

名無し
確かにスタジオアルバムはライブよりも複雑ですが(ギターが2本しかないので)、CDのミキシングがあまりにも悪いので、多くの人はライブバージョンを好みます。

名無し
8本のギターと電子音を使うのは過剰な演出であり、「より重くも」「よりメタル」にもなりません。

彼が8本のギターとサウンドボードでのリフの変更について話しているとき、私は少しいらいらします。

曲によって常に異なるミュージシャンを起用することで、BMのサウンドはより新鮮なものになります。メタリカのように、いくつかのリフやプレイスタイルを頻繁に繰り返すバンドもあります。しかし、それはBMが古典的なメタルバンドからいかに離れているかを示しています。

また、このように多くの人がアルバムに貢献することが本当に効果的なのか、コストがどの程度増加するのかはわかりません。それに比べてPerfumeは、中田さん一人で全てのことができて、全てのことをやってくれる人が必要です。


名無し
質問なのですが、なぜKOBAが音楽を作った人ではなく、神バンドを雇って演奏させることにしたのかは公表されているのでしょうか?

名無し
スタジオでは10組のミュージシャンが演奏していたかもしれませんが、ライブでは10組ものミュージシャンが演奏することはできません。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/mcud6l/2021_young_guitar_january_kobametal_interview/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事