【海外】BABYMETAL 「2020 角川インタビュー」第3章(2016年~2017年)




Chapter 3 2016-2017
2020年角川スー&モアインタビューの第3部5編へようこそ! この章では、ロブ・ハルフォードとレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、東京ドーム(テイルズ オブ ザ デスティニーズについての興味深い話もあります)、ファイブ・フォックス・フェスティバルなど、2016年から2017年までの期間をカバーしています。このシリーズのインタビューが初めての方は、以下の初期の章から始めてみてはいかがでしょうか。
Chapter 1 (2010-2014)
Chapter 2 (2014-2015)

名無し
特に女性限定の「赤いきつね祭り」を楽しみました。大きな会場では、安全のために女性のお客さんは会場の一番後ろにいるのが普通なんです。なので、今回の女性限定のショーでは、全員香水をつけていたので、いい香りがして、まるでお花畑で踊っているようでした(笑)。

次回のBMコンサートの前にシャワーを浴びることを男性客への注意喚起として


名無し
俺は死んだ

名無し
こんな状況で『テイルズ オブ ザ デスティニー』をやるなんて。改めて彼女の神々しさを証明してくれました。

素晴らしい翻訳をありがとうございます


名無し
どんなバンドでも歌手でもアーティストでも 小さなミスはつきものだが 時にはもっと大きなミスをすることもある。その瞬間のミスはどうしようもない… だから前に進まなければならない。

もちろんこれは、Suが続けていることを称賛すべきではないと言うことではない。ソニスフィアのモアのように。最高の時も最悪の時も全力を尽くす。だからこそ、彼らはプロフェッショナルなのだ


名無し
彼女はまた、最初の高音を見逃していて、それはプロショットでは修正されていますが、ライブオーディオ(とブートレグ)では彼女はそれをフラップしています。

それが起こった時、彼女はどうやってそれを取ったのだろうかといつも不思議に思っていたのですが…今になって思うのは、それが彼女の今までのパニックに拍車をかけたのか、それとも運が良くてモニターをつけていなかったのか、彼女はそれをしたことに気づかず、いつも通りに行ってしまったのか、ということです。

先に翻訳された武道館のインタビューを読むと、来年発表される公演のことをほのめかしているように見えます。TOTDに力を入れていて、再演を恐れていると言っているのもヒントなのだろうか。もし2021年に彼らが出てきて、それをやったら、間違いなくハウスはダウンしてしまうだろう。まずは武道館ホールの構造的な健全性を確認した方がいいかもしれない。


名無し
私はオーディオブートレグを聴いたの。

私はオーディオブートレグを聴いて、彼女はいくつかの高い音を逃したが、曲全体でリズムを維持することができました… 感動しました。このような複雑な曲を演奏している時に、オーディオトラックを失うことを考えると、ただただ恐ろしいです。リハーサルを重ねてきた甲斐あって、自然と続けられたのかもしれませんね。

BABYMETAL 2021、武道館10公演(期待)。年内に3枚のフルアルバムを演奏しそうな予感がします。

ヒントといえば、BMTHがBABYMETALとの日本ツアーが待ち遠しいと言い続けていたことを考えていました。これはすでに起こっていることだし、今後も繰り返される可能性があることはわかっている。結局のところ、2021年のどこかの時点で、両バンドがステージを共有し、彼らの人生の中で最高の時間を過ごすことを考えると、それほどクレイジーなことではない。


名無し
彼女の表情をよく見ると、実はあの高音を出してしまった後に、すぐにクリッとしてしまうので、それを見逃したことを知っていたようです。

名無し
イギリスではもうすぐワクチンが普及し、夏までにはパンデミックもだいぶ緩和されるだろうし、著名な音楽フェス(特にグラストンベリーやレディング/リーズ)が復活する可能性もあるのではないかと思っていましたが、もしそうなれば、今最もホットなイギリスのアクトとしてBMTHが登場することになるでしょう。それと同時に、BMはまたツアーをしたいと思っているはず…。もしかしたら、Kingslayerのゲスト出演も考えられないのではないでしょうか?

名無し
私は、彼らが少なくとも「テイルズ オブ ザ デスティニー」をもう一度やってみたいと思っているという事実に興奮しています

名無し
特にここで取り上げられた時代は、ファンとしては信じられないような時代で、彼らの体験談を聞いているだけでも、その時の気持ちが蘇ってきます。

” BABYMETALは進化し続ける集団であり、その本質を守るために進化し続けなければならなかったと思っています。だから、一瞬一瞬が進化と成長の通過点なのです。

名無し
2016年にBABYMETALが “黄金期 “を迎えたと言っても不公平ではないと思いますが、同じままでいることは単純に不可能です。バンドとして成長しなければ死んでしまう。逆説的に言えば、精神的に同じままでいるためには変わらなければならないということだ。なぜなら、パフォーマーとして決して同じ人間ではないからだ。

名無し
気になったのですが、誰が取材をしていて、そのムックを出版しているのでしょうか?つまり、アミューズなどの独立したソースから出ているのだろうか。少なくとも過去には、彼らの質問は、コバの精査を受けなければならないことは、ずっと前からわかっていました。今では、かなり個人的な感情や感情を吐露しながら、より率直に話しているように見えます。だからこそ、より自由に発言できるようになったのか、それともコバさんやアミューズの言いたいことがそのまま伝わっているのか、気になるところです。いずれにしても、今まで聞いたことのないような面白い話がたくさんあります。翻訳を担当してくださった皆さん、ありがとうございました。

名無し
このムックの中では、彼らは特に「自由」ではないと思います。

例えば、Rockin’On Japan Vol.213のスーとモアのインタビューでは、彼らの気持ちや考えを深く掘り下げていて、いくつかのトピックについては、おそらくさらに深く掘り下げています。


名無し
最近の彼女たちのインタビューは率直なものが多く、海外でのインタビューでは言葉の壁が心配されていたというのが、ここにいる皆さんの意見だと思います。しかし、彼女たちの普段の性格が、コバとアミューズに守られていることはわかっている。今回のインタビューで彼女たちが明かしたことは、今後の彼女たちのイメージを考える上で、アミューズにとっても気になるところではないだろうか。欧米の記者はインタビューで一線を越えようとするが、東洋ではイメージ維持の重要性の方が大きい。どこの国のアーティストであっても、自分のことをさらけ出すことには慎重にならざるを得ません。インタビューが台本なのか、即興なのか、ということは関係ないと思いますが、彼女たちはもう会社の方針に沿った答え方をしている可能性が高いので、どちらの場面であっても、それを理解していると思います。

名無し
たくさんあった中で目立っていたのは

MOAMETAL: レッド・ホット・チリ・ペッパーズとは本当に仲良しなんだ。特にFleaはいつも話しかけてくれて、ドラマーのChadはいつも楽屋に遊びに来てくれて(笑)。みんな優しくしてくれたんですよ!(笑)。最初はイギリスでツアーを終える予定だったんですが、アメリカでもツアーをしようと提案されて、最初は冗談だと思っていたんです。彼らがBABYMETALをこんなに気に入ってくれたことがとても嬉しくて、一緒にツアーを続けていけて良かったと思いました。

名無し
東京ドーム後の過酷なワールドツアー(RHCPも含めて)が、ゆいちゃんの怪我や体調を悪化させてしまったのではないかと思っています。今思えば、東京ドームの後に当初予定していた長期休暇をとっていればよかったのかもしれません。

また、ゆいちゃんの怪我が、旅立ちの完全な理由ではなく、単なるきっかけに過ぎなかったことも事実であるならば、長い目で見たときには何も変わらなかったのかもしれません。


名無し
そうは思いません。彼らは東京ドームからRHCPの最初の公演までの間に2ヶ月半の休みがあり、それらはすべて6曲のオープニングセットで、ヘッドライナーではありませんでした。
2016年末から2017年半ばのドーム後の海外公演は

12月 – 全英で8回のオープニング

1月 – 韓国で1オープナー(+GnRは日本で4オープナー

2月 – なし

3月 – なし

4月~全米10大オープン

5月

6月 – パラジウムでヘッドライナーを務め、その後、全米6公演のオープニングを飾る。

そして日本に戻り、3週間の休養を経て7月からフォックスフェスティバルのヘッドライン公演を開始。結衣の最後の公演は10月中旬。


名無し
ご指摘ありがとうございます。最後はOTFGK、ゆいちゃんが好きなことができるくらいに回復して、どこにいても幸せになってくれることを願うばかりです。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/k5n4e4/2020_kadokawa_su_moa_interview_part_3_20162017/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事