【海外】SU-METALのボーカル問題






最近、SABATONのサポートを含むBABYMETALのワールドツアーのファンカムをたくさん見た。サウンドシステム、ミキシング、その他もろもろのエンジニアリングに問題があったと思うにもかかわらず、私はすず香のボーカルに異変を感じた。特に新曲(BELIEVING、METAL KINGDOM…)や、高音や長音が多い曲を歌うとき、彼女の声は震えているように聴こえました。
以前(2018年~2020年)は、メギツネのような難しい曲でも大きな声でクリアに歌っていたのに、今はヘビーメタルサウンドの壁を突き破るために声を限界まで張り上げなければならず、その結果、声が緊張して不安定になってしまった。
私はすず香を責めるつもりはないし、これからも責めるつもりはない。ただ、ここにいる皆さんの中で、僕と同じようなことに気づいた人がいたら聞いてみたかったんだ。
彼女が苦しんでいるのを見るのはつらい。残りのツアーがとても激しいものになる中、彼女が大丈夫であることを願っている

比較参考動画:BABYMETAL – MEGITSUNE LIVE IN LAS VEGAS 2019


BABYMETAL – MEGITSUNE LIVE IN BRISBANE 2023

名無し
いや、彼女はグループの寿命の大半の間、メギツネに問題を抱えていた。メギツネは彼女がまだ若かった頃に作られたもので、現在は彼女の音域の中でとても不快な場所にある。最高音域は、まさに彼女の声が途切れる場所なんだ。私はこの曲を例に出すことはしない。この曲で聴こえる違いのほとんどは、音質によるものだと私は保証する。

サバトンのサポート・ツアーでは、音質と彼女のパフォーマンスとの間に大きな差があった。また、このようなタイトなスケジュールでの休養後初のツアーでは、ひずみが生じるのは当然のことだ。


名無し
有酸素運動については、ほとんど意図的に無視しているように見える。

歌いながら1時間くらい体を動かしてごらん。どうなるか教えてくれ。


名無し
彼女はbabymetal begins and returnsでメギツネを完璧に歌った。

名無し
彼女は復帰最初のコンサート(BABYMETAL RETURNS)、特にメタル・キングダムの始まり(彼女は座っていたものの)、モノクロームとザ・レジェンドのハミング部分では確かに少し動揺していたような気がする。この録音は明らかに彼女の歌がはるかに上手になった2日目の夜のものであるにもかかわらず、ポストプロダクションで通常よりもはるかに多くのオートチューンが追加されていることがわかります。最近のヘドバンのインタビューで彼女はこのコンサートでの緊張について言及したが、おそらくそれが彼女の歌唱にあまり役立たなかったのだろう。

最近メルボルンで彼らを観たことがありますが(そこではポストプロダクションはありませんでした笑)、彼女のピッチングは1月のコンサート以来ずっと改善されたと断言できます。

再びツアーに出ることで、彼女は練習し、2021年から2022年に大ブレイクする前の声を取り戻すための多くの時間を与えられたと思います。また、彼女がピッチを改善するために安定性を高めるために、いくつかのダンス(ディバインアタックかな?)に変更を加えたことも知っています。彼女はこの仕事を10年以上続けているプロですが、おそらく慣れるのに少し時間がかかっただけでしょう。


名無し
同意できないね。あなたが気づいている苦労は、おそらくツアースケジュールの激しさと疲労によるもので、それはどのヴォーカリストにも起こることだ。私は1月に行われたBABYMETAL RETURNSの初ライヴに行ったが、その時は彼女はフレッシュでよく休んでいたし、サウンドも素晴らしかった。

名無し
私たちが仕事をしているのと同じように、歌手にも悪い日があります。Suは全体的に今でも素晴らしいボーカリストです。

名無し
今年ヘルシンキで彼女を見たとき、MAYAの途中でいくつか声が割れた以外はほぼ完璧に聞こえた。私が彼女が本当に苦労しているのを見た唯一の曲はLight and Darknessです。これは本当に彼女の範囲外のようですが、彼女はそれも数回しか歌っていないので、おそらく後でマスターできるでしょう

名無し
私はBMのコンサートに何度か足を運んだことがあるが、ライブ中にこのような「問題」に気づくことはほとんどなかった。あなたが言及しなかった大きな要因は、これらのファンカムが90dB以上のコンサートではなく、ホームビデオ用の機器で録画されていることだと思います。また、これらの機器はおそらく人間の声の周波数に偏っているため、スーの声はより際立ち、ショーでは彼女の声と音楽のバランスははるかに改善され、よりよく調和している。

名無し
間違いを指摘されて気分を害するとか、そういうことではない。問題は、こうした書き込みが常に、基本的に何もないところから推測し、何か深刻なことが起こっていると思い込んでしまうことだ。

名無し
曲に少し手を加えても驚かない。チューニングを一段階落として歌いやすくする。バンドはそれをやっているし、うまくいっている。例えばメタリカ。60歳のヘットフィールドは25歳のヘットフィールドのようには聴こえない。音楽に少し手を加えるだけで、誰もが快適でハッピーになれる。

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/153khjr/sumetals_vocal_problem/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。

27 件のコメント

  • そりゃSu-に限らずvo,も人間だもの誰しも疲労の蓄積やバイオリズムの変化で好不調の波はある
    人間が演る生ならでは、その場一度限りのパフォーマンスの変化や振れ幅を楽しめるのがライブの面白さよ
    そういう生のレアな体験を楽しめない人は、編集された音源とかライブ映像作品に拘ればいい

  • 振付けもある中で息上がった状態だと当然難易度が高くなっちゃうし、やむを得ない部分あると思ってるのでいちいち取上げる事でもないかな。元々ちゃんと歌えるって事は分かってるから。

  • 今までの彼女と同じはもう無理だし諦めてるよ 見た目も変わるし
    でも歌唱に対して怠惰な部分は一部分もないと思う
    新曲がクソなんだと思う

  • 心配なのは今まで新型コロナに罹ったかどうかです。
    あれに罹ると人によっては肺と喉がやられてしまう。
    喉は回復しても肺の回復にはかなり時間かかるから、歌声が不安定になるんじゃないかな。

  • 別に基本は変わらんよ。メギツネにしたって16歳~18歳頃と比較して安定してる
    たまに声がブレるのは、喉を通る空気の量が減少すると起こる現象で、あくまで物理現象だ
    物理現象から逃れることはできないので、声のブレが起こること自体を気にしてもしょうがない
    激しいダンスを伴い歌い続ける以上、喉を通過する空気の量が減る局面がでてくるのは必然だからね
    そんな局面で声がブレるのは必然なんだよ
    これは声帯の状態とか調子の問題とかではなく、物理現象
    SUは極力そんな現象が起こらない技術を高めてきたが、ゼロにはできないし、ライブで何回かは起こる
    言えることは、SUのスタイルにおいては気にするなってことだ。調子が悪いとか状態が良くないとか、そんなことは意味しない
    大体、リハでは相も変わらず歌声が素晴らしく轟いてるだろ。空気量に問題が無い場合、声がブレることは一切ないんだよ
    息入れが異常に高難度なベビメタのライブスタイルであることを理解しろよ

  • 元々こんなもんでしょ。
    高音が出なくなって低音が出るようになってるけど、あんま変わってないよ。

    彼女は声が太いタイプじゃないし、どっしりと歌い上げるタイプじゃない。
    その代わり声が突き抜ける感じはあるんだから、震えるのは仕方ないよ。

  • >彼女は復帰最初のコンサート

    あの初日は神バンドも変に聞こえてたので、音響全体に問題があったんだろう。
    たしか、後のKOBAのインタビューでもそんなことを言ってた。

  • コンディションを整えるためのルーチーンの問題だったり、ボイストレーニングの問題だったりするんじゃないかな。曲によって安定感があったりするし、ライブの後半には喉が開いて安定している時もある。
    one takeでは、細かいビブラートを使っていたけど、ビブラートが安定していない、あるいは運動量が多いので安定させられないのかもしれない。ビブラートはないほうがオリジナリティーがあるし、使ったとしても大きく深いのを要所で使う方が良いと思う。

  • 幕張メッセと横浜とに行きましたが、両日とも、確かに音を外したように感じることが封印前(武道館には3日間参加しました)と比べてとても多かったです。今回の海外ツアーのファンカムでもそう感じました。私見ですが、いまの西の神バンド(特にドラムのアンソニー氏) とのバランスが、ミキシングも含めて非常によくないように感じます。ドラムと歌が争っていて、それが音程が外れて聞こえる原因のひとつでは、と感じます。

  • 個人的には直接ライブ会場で聴いてたら生で見れてるというのと目の前でSUが歌ってるという感動でその日の声のコンディションがどうとか全く気にならない
    たまたまその日調子が悪いとしてもそれもまたライブだしね
    あとはライブそのものの盛り上がりやその場の雰囲気で少々声が裏返ったぐらいではほとんど気にならない

  • MIKIKO先生はSU-METALの息入れの都合を全く無視して無茶苦茶な振付をしてるからね
    シャンティシャンティなんて首を横にフリフリさせてるけど、動作直後に歌わなきゃならないわけだよ
    だけど、振ってる首に声帯はあるわけで、動作を止めた直後に発声させるなんて無茶もいいとこだ。全くSUの都合なんて考えてない
    久しぶりに復活したiineを見ただろ? 小走りに走りながら歌わなきゃならない
    KARATEはジャンプしながら歌わなきゃならない
    それでも短いフレーズならブレずに歌い切る人間離れをしたパフォーマンスをやってきた
    長くキツい歌い回しが続くと、タイミング的にブレることが出てくるってだけだ
    SUの天才性や才能に完全に依存して振付してきてるけど、SUの評判を下げる作用があるなら
    いい加減そろそろ息入れを考慮した振付にするべきだね
    あの程度のことで評価を下げられるSUが損な役回りを引き受けてるとしか見えない

  • あれだけ動きながらの歌唱 ほぼMCなしでほぼ単独の歌唱であれだけ歌えるの日本にどれだけいる?それを約10年の半分以上海外ライブで移動やその土地の気温や湿度も頭に入れて考えたほうがいい

  • ここのコメ欄でやいのやいの言ってる人はほとんどライブに行ってない、いわゆる在宅ファンってやつだな。
    実際に現地でライブに参戦してたらSUの声が裏返ったとかどうとか気にしないんだよな。
    そりゃ日によって喉の調子がいいとか悪いとかはあるよ。
    それは口パクじゃなく生歌だからこそ
    それが出てしまう。
    普段は完璧に歌えてるのにそういう調子が悪いに日に当たると逆にレアだと思ってしまう。
    それもライブの醍醐味。

    • そこは彼女の一番のセールスポイントだと思うし同感です
      が、Brand New Dayで魅せた新境地はそれだけでは無いというインパクトを与える物でしたね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。