【海外】「ニルヴァーナ」のカート・コバーンを泣かせた日本のバンド






 

カート・コバーンはかつて、女性こそがロック ミュージックの未来であると語ったことがあります。ニルヴァーナのフロントマンがその先見の明のある結論に到達するのを助けた多くのバンドの中で、最も愛されたバンドの 1 つは、日本の大阪出身の女性だけのパンクバンドでした。後者の音楽はコバーンに強い影響を与えたため、セカンド アルバムを聴いて涙を流したと伝えられています。

もちろん少年ナイフです。

1981年に結成された少年ナイフは、コバーンがすぐに恋に落ちたパンクとポップの騒々しいブレンドを開発しました。オリジナル・ラインナップは、ギターとボーカルに山野直子、ドラムに山野敦子、ベースに中谷美智枝。バンドが結成されてから32年以上経った現在、オリジナルメンバーは山野直子だけです。

猫や猫じゃらしから寿司屋やバービー人形まで、あらゆるものについて書いた少年ナイフの愉快なバブルガム パンクは、すぐにSub Popの注目を集めました。1986年、バンドは同レーベルのコンピレーション盤にフィーチャーされ、バンドをサーストン・ムーア、ジョン・ピール、カート・コバーンにバンドを紹介するきっかけとなった。1991年、『Nevermind』のリリースを控えたニルヴァーナをサポートした時、コバーンは少年ナイフのライブを見る機会を得た。「少年ナイフを観たとき、彼らはとてもクールだった。ビートルズのコンサートに来た9歳の女の子になったんだ。泣いて、飛び跳ねて、髪をちぎって……すごかったよ。あんなに興奮したのは初めてだ。彼らはポップミュージックを演奏する。ポップ、ポップ、ポップミュージックだ。

コバーンはまた、少年ナイフの2枚目のアルバム『Burning Farm』にかなりはまっていることを明かしている。「結局、1週間も毎日聴いていたら、泣き出してしまったよ」と彼はMelody Makerに語っている。
「全く異なる文化圏から来た3人が、あれほど良い曲を書けるなんて信じられなかったよ。だって、他の日本の音楽やアーティストで良いものを思いついた人を聞いたことがなかったんだもの。私は彼らに会うのに彼らより2倍緊張していたと確信している」

ジョイントツアー中、カートは直子に楽曲「Twist Barbie」のギターコードを教えてほしいと頼んだ。Metroactiveの取材に対し、シンガーはこう語っている。「それで、コードを教えてあげたの。その後、ニルヴァーナのシークレットギグでこの曲を演奏したと聞いた。彼は偉大なロック・アーティストだから、とても誇りに思っている。デイヴ・グロールもカートと同じように少年ナイフに夢中だったんだ」。

デイヴ・グロールは、ツアー中にトリオの非公式のローディーを務め、毎晩の準備を手伝いました。バンドは1992年の北米ツアーの中西部でニルヴァーナに再合流した。「彼らは最初の曲に入り、みんな戸惑っているように見えた」とデイヴはMTVに語っている。「彼らはその夜が終わる頃には、観客の心を掴んでいたよ。どのショーでも、みんな泣きそうになっていたよ。

Burning Farmは下記よりご覧いただけます。

引用元:https://faroutmagazine.co.uk/why-donald-fagen-hates-rock/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事








コメントの規制強化について

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログに掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。
BABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除します