【海外】BAND-MAID 「SUMMER SONIC 2022」 ダイジェスト







名無し
Saikiにキスされながらギターソロを弾くなんて、Kanami は本当にすごい。あの場で失神するかと思った。

名無し
新しいインストゥルメンタルは、飽きずにずっと聴いています。

名無し
ひとつ驚いたのは、前方で見ていた女性の多くが、B-Mの旗やタオル、バナーなどを持っていて、とても盛り上がっていたことです。なぜかいつもより目立ちました。フェスということで客層が普段と少し違うのか、女性ファンが着実に増えているようだ。

名無し
少なくとも日本公演では、客席の前方にはいつも多くの女性がいる。右側前方に女性が多いセクションがあるのが普通です。

名無し
今回、彼らが目立っていたのは、他の観客に混じっていたからかもしれないと思っていたんだ。

名無し
彼らはとても楽しそうに演奏し、それを見ている私も楽しい。

名無し
ポストプロダクションがない状態でも素晴らしいサウンドで、ライブストリーミングのイベントとしてはかなり良いミックスでした。

名無し
Senseのイントロは、とても威厳のある雰囲気です。Saikiのステージングにぴったりだ。

名無し
ツイッターによると、1曲目で弦が切れてしまったそうですが、緊張もせず、パニックにもならず、プロの対応をしてくれました。クルッポは本当にすごい。尊敬に値します。

名無し
とても素敵な総集編ですね。そうそう最後のKanamiの悪ふざけは笑いましたね。

名無し
正直に言うと、このサマーソニック2022のライブは、今まで見た彼らのライブの中で一番ひどかったです。特にバンドメイドのライブではミキシングに問題があるため、オープニングの長いインストゥルメンタルが好きではありません。Saikiが登場するというのに、まともにチューニングもしていない。セットリストの順番は本当にひどかった。

ミクの位置が高すぎて、バンドのバランスが崩れてしまった。Saikiはミキシング担当者にマイクを大きくするように指示してる。特にDiceとUnleash!!!では、明らかにSaikiを混乱させるようなオーディオの問題があったのは言うまでもありません。


名無し
フェスティバルの場合、サウンドミキシングに問題があることが多いようですが、これは仕方のないことだと思います。

セットリストの順番は素晴らしかったと思います。インストゥルメンタルから始まるのは、ウォームアップに最適で、Saikiの登場を可能にしました。

バンドのエネルギーは最高でした。私が見た中で最もリラックスした状態で、彼らは明らかにそれに夢中になっていました。素晴らしい。


名無し
私も良いセットリストだと思いました。新しい曲と古い人気のある曲のいいとこ取り。どの曲もエネルギーに溢れていました。インストゥルメンタルを最初にやるのは、短いセットリストでは理にかなっているし、短いセットリストでは使う時間がない通常のバンドメイドのイントロ音楽の代わりをうまくしている。

名無し
個人的にはSenseはあまり好きではありませんが、女王の壮大な入場を演出しています(ここでもステージ演出はもっとうまくできたはずです)。

また、今回は観客の反応がない曲ばかりを選んでいたので(SSの観客のテンションは高くはない)、次のツアーはもっと激しくなると思います。


名無し
オーディオの問題はどうしようもないですが、ミックスはコントロールできます。リードシンガーが長い時間かけて作り上げてきたものを、ミックスの中できちんとチューニングしないのは、まさに悪手です。リードシンガーというのは、観客に火をつける存在です。背景に溶け込ませる役割ではありません。

セットリストについては同意しかねます。Saikiのグランドエントランスに2曲も使うのか?それは、Senseがフルバンドでの1曲目であれば、すでにグランドエントランスが組み込まれているため、無意味に思えます。Unleash!!!と違うback2backは同じような目的なのにダサい。

人前で演奏することに興奮したままなので、リラックスしているように見える。まだ、普通の感覚ではないのでしょう。


名無し
他のほとんどのバンドがリードボーカルを他のマイクに置いていたらどうでしょう?バンドメイドはメインアクトではないので、彼らを中心に物事を進める理由はない。

リストが気に入らなかったのは残念です。私はハイテンションで完璧に近いと思いました。


名無し
ほとんど同意見です。インストゥルメンタルのオープニングは好きになれませんでした。Saikiを傍観者としてショーを始めるのは意味がありませんし、正直なところ、短いフェスティバルのセットリストに長いインストゥルメンタルを置くのは全く意味がありません(この曲は好きですが)。あと、全体的にセットリストの順番がめちゃくちゃだと思いました。センスとその忙しさは、観客をライブに引き込むのに良い方法とは言えませんが、明らかに詩の朗読会に参加していると勘違いしているこの観客を助けるものがあったとは思えません。ショーはChoose Meから始まります。Unleashに続き、Differentでも “Showtime “が使われていることを考えると、正直なところ信じられない。ショーの最後にDominationと “Hello, Hello “のコーラスが入るのも変な感じです。このツアーでは、「Goodbye, Goodbye」に変えるべきかもしれませんね。Unleashのライブでは、ハーモナイザーのリードが完全にミックスに埋もれてしまい、一瞬で曲が良くなっているのと、照明の効果が壮大に見えるので、とても気に入りました。アメリカ公演では、このような素晴らしい照明とクールなビデオスクリーンをぜひ用意してほしいです

名無し
でも、2曲目までSaikiを入れなかったのは(そしてその曲を実は好きではないSenseにしたのは)、天才的な一撃だったと思います。

曲間のギャップも緩すぎました。特に観客からのフィードバックがない場合、ほぼ瞬時に曲を並べる必要があります(これは彼らの以前の手口です)。


名無し
Freedomがこのセットの中で最も強い曲の1つであったことに同意します。私はWithout Holding Backが好きですが、それでもインストゥルメンタルでライブを始めることはありません。リード・シンガーは観客とのつながりを生み出す責任があり、Saikiはそれがかなりうまいので、ショーの始まりに彼女を外すのは、レースの1周目を3輪で運転するようなものです。バンドは一緒にステージに立つべきです、Saikiはマライア・キャリーじゃないんだから、大げさな登場は必要ない。

名無し
彼らは毎回コンサートのオープニングにインストゥルメンタルを演奏しています。ただ一つ違うのは、録音したものを使うのではなく、演奏していることです。

名無し
バンドがステージに上がり、楽器の準備をしている間に演奏するインストゥルメンタルと、セットの1曲目に演奏するインストゥルメンタルとは、全く別の話である。

引用元:https://www.reddit.com/r/BandMaid/comments/wtdgpi/bandmaid_summer_sonic_2022_digest/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。

ABOUTこの記事をかいた人

管理人。 作詞・作曲、Vo、Gtをこなす元バンドマン BABYMETAL関連や音楽全般のまとめをしています 機械翻訳を使ってRedditのまとめも掲載