【海外】ソニスフィアフェスティバルが2014年以来英国で開催されない理由






2014年7月5日,イギリスのネブワースで開催された「SONISPHERE FESTIVAL」にBABYMETALが出場。メイン・ステージの2番手。欧州でのブレイクの契機となった伝説のライブ。https://t.co/YtV3SEGyoi pic.twitter.com/BebTwTjybe

— This Day In BABYMETAL (@ThisD_BABYMETAL) July 4, 2022



Sonisphere Festival

Sonisphere Festival は、6月から8月にかけてヨーロッパ各地で開催されたツアー型のロック・ミュージック・フェスティバルです。ジョン・ジャクソンとキリマンジャロ・ライブが所有し、K2とキリマンジャロ・ライブが共同でプロモーションを行った。アイアン・メイデン、メタリカ、モトリー・クルー、スレイヤー、ジューダス・プリースト、メガデス、アヴェンジド・セブンフォールド、BABYMETAL(後者は2014年のイベントでイギリスデビューを果たす)などのヘビーメタルバンドが開催された。

フェスティバルは2014年以来英国で開催されていません。キリマンジャロ・ライブのCEOであるスチュアート・ガルブレイスは、2018年にSonisphereが財政的な問題から、英国に戻ることはないと明かした。

英国でソニスフィアを運営するのは意味がない

キリマンジャロ・ライブのCEOでミュージック・ウィークのカバースターであるスチュアート・ガルブレイスは、同社の今後のフェスティバル計画について洞察を述べ、イギリスでソニスフィアを復活させることは財政的に意味がないと説明している。

汎欧州のロックとメタルのツアー・フェスティバルは2009年にスタートしたが、イギリスでは2014年にネブワース・パークでメタリカとアイアン・メイデンがヘッドライナーを務めた時以来、開催されていない。

先週、ロンドン・ブリッジのオメーラでパーティを開いて10周年を迎えたこのプロモーターは、その後、クラシック・プロモーターのレイモンド・グッベイと組んでキュー・ザ・ミュージック、ロイヤル病院チェルシーでライブ・アット・チェルシー、ザ・オーツーでストーン・フリー・フェスティバルを行うなど、よりブティックなイベントに移行している。

ガルブレイス氏は、Music Week誌の最新号で「Sonisphereにかけるリスクは、タレントの人件費とフェスティバルの運営費でどんどん上がっていきました」と語っています。「今はKewとChelseaを20%程度のリスクで運営できるようになりましたが、それでも同じレベルのリターンが得られるので、Sonisphereを英国で運営する意味がないんです。」

2014年のSonisphereは成功しましたが、2012年のSonisphereはラインナップの問題からKili社は多額の費用をかけてイベントをキャンセルせざるを得なくなり、全ての関係者にとって辛い経験でした。

「ソニスフィアのプロジェクトが英国に教えてくれたことの1つは、リスクとリターンのレベルです」とガルブレイス氏。「しかし、英国では、7、8万人規模のフェスティバルを運営し、ヘッドライナーに500万ドル(350万ポンド)を費やすことは、ビジネスモデルとして破綻しています。」

ガルブレイス氏は、「私たちは、フェスティバルの運営に戻ることになると思いますが、その際には、正確さを期さなければなりません。8万人規模のフェスに1200万ポンドものリスクを冒すことはないでしょうし、もはやそんなことをする必要はないでしょう。」と

https://www.musicweek.com/live/read/it-doesn-t-make-sense-to-run-sonisphere-in-the-uk-stuart-galbraith-on-kilimanjaro-live-s-festival-future/071364

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事








コメントの規制強化について

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログに掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。
BABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除します