【海外】BABYMETAL「Tales of the Destinies」はKOBAMETALのボヘミアン・ラプソディなのか?






数週間前にTOTDがここで話題になっていたので、それ以来、この曲に戻って何度も聴いています。このようなユニークで異なる曲は、私にBohemian Rhapsodyを連想させました。TOTDは彼らの(そして私たちの)耐える希望と運命について、BRは死の宣告を受け入れることの絶望について、というように、単に実行するだけでなく、彼らが主張する方法において。Dream theaterやMike Portnoyについての議論は理解できますが、Dream Theaterを聴いたことのない人の視点から、Bohemian Rhapsodyスタイルの曲に似ていると思う人はいませんか?

名無し
どちらも名作ですが、違いがあります。ボヘミアン・ラプソディ」は音楽ジャンルが何度も変わる(ポップバラード-ギターソロ-オペラ-ハードロック-ポップバラード)のに対し、「TOTD」は主に非常に複雑なプログレッシブメタルの曲で、短いブギーの間奏がある。

名無し
さっき、ふとそんなことを思ったんです。それらの曲が取った画期的なリスクについてもっと考えてみました。今日の午後にクイーンの映画を見たばかりだったので、その効果もあったのかもしれませんが、コバが「TOTD」を「The One」から切り離すために戦い、アミューズのプロデューサーがアルバムに入れるのを拒否している様子が頭に浮かんできました。ただの心象風景です。また、私の思考回路は、これらの曲を作ったことに沿ったものであり、必ずしも同じように聞こえるものではありませんでした。

きっかけとなったのは、どちらの曲でも、エキサイティングなクレッシェンドの瞬間を迎え、少しの間を置いてから、メロディックで落ち着いた歌声が混沌とした状況と対照的にやってくるというパターンを耳にしたからだと思います。最近はいろいろなものを聴いて(分析して)いるので、すべてのものにBMのタッチを見ているだけかもしれませんし、その逆もまた然りです。


名無し
「TOTD」は「Bohemian Rhapsody」と比較するには複雑すぎると思います。しかし、BABYMETALがロックオペラのような雰囲気の曲に挑戦するのは面白いかもしれませんね。

名無し
それはとてもクールなことだし、Suの声域はロックオペラを完全に成し遂げることができる。

名無し
テーマ間のジャンプがBRを連想させるのはわかりますが、TOTDのようにリズムや拍子が散らばっているわけではありません。どちらもプログレと呼べるかもしれませんが、私の耳には「Tales of the Destinies」の方がはるかに「プログレ」です。これはBABYMETALの実存的な曲です。「BR」はフレディ・マーキュリーの最高傑作であり、「TOTD」はコバの最高傑作であるという点で、両者は似ていると思います。いずれにしても「The Dance of Eternity」を聴けば、TOTDがTDOEを暗示していることがあまりにも明らかなので、BRのことは忘れてしまうでしょう。TOTDがこのようにうまく機能しているのは驚きです…KOBAがこの曲で最大のリスクを冒したので、BMの曲の中で最も好きな曲ですが、サウンドは最高です。


名無し
私が最もクイーンの影響を受けていると思う曲は、「No Rain No Rainbow」です。X Japanに影響を受けていると言われていますが、私にはQueenの影響もたくさん聞こえてきます。

名無し
No Rain No Rainbowには同意しますが、コバさんが過去に影響を受けたものとしてQueenを挙げたことはありますか?最近、クイーンの映画(ラミ・マレック出演)を何度か見て、これらの曲を作るときのプロセスやリスクについて考え始めました。

名無し
コバのおすすめプレイリストがどこかに出回っているのですが、どこにあるのか、クイーンが入っているのかよくわかりません。クイーンは昔から日本で大流行しています。日本語の歌(手をとりあって)まで作っています。ブライアン・メイと一緒に写真を撮ったこともあるし、もちろん最新のコラボレーションである「Endless Rain」もある。

名無し
私の推測では、クイーンはそのリストに入っていないと思いますが、それは彼の好きなメタルの曲やアルバムだからです。そしてクイーンはメタルではありません。

名無し
私も彼らがリストに入っているとは思いませんでしたが、クイーンには確かに多くのメタルソングがあります。彼らはレッド・ツェッペリンやブルー・オイスター・カルトと同じように、メタルバンドである(あるいはそうでない)。70年代にはハードロックとヘビーメタルの境界が明確に定義されていなかったので、多くのバンドがあらゆるものを自分たちの音楽に取り入れていました。

名無し
私の記憶が正しければ、そのリストには「プロトメタル」は含まれていませんでした。

彼らは現代の定義ではメタルとはみなされていません。

私はそれでいいと思いますが、彼がQueenを好きなのはほぼ100%間違いないと思います。


名無し
TOTDとThe Oneが1つの曲になっていることを考えると、The Oneのメロディックな部分から始まり、TOTDに切り替わり、最後にThe Oneのメロウなエンディングに戻ってくるというのがBRらしいかな。

ちょっとした思いつきですが。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/mmczgt/tales_of_the_destinies_kobametals_bohemian/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事