BABYMETAL「Tales of The Destinies」はYES 好きには感動もの






イエス (英語: Yes) は、イギリス出身のロックバンド。1969年にデビュー。代表作にアルバム『こわれもの』(1971年)、『危機』(1972年)、『ロンリー・ハート』(1983年)などがある。1985年度グラミー賞受賞。2017年、「ロックの殿堂」入り。

407: 2021/02/11(木) 21:51:01.22
Tales of The Destinies は YES 好きには感動ものです!

 

410: 2021/02/11(木) 22:17:41.86
>>407
どっちかというとドリムシのオマージュじゃないの
後半聞こえてくるマニピュレーターによるハモンドオルガンみたいなキーボードサウンドはRick Wakemanや Keith Emersonのソロっぽいアレンジ

 

408: 2021/02/11(木) 22:13:08.92
イエス好きにはTODは物足りないと思うよ
まあ危機とかリレイヤーとかと比べちゃうとね

 

409: 2021/02/11(木) 22:13:23.52

5.6年前のYESの代表曲LIVE公演 おじいちゃんになっても元気いっぱい

Yes – Owner Of A Lonely Heart (Live At The Apollo)
https://www.youtube.com/watch?v=LPvAgQaKpCw

Yes Roundabout with Geddy Lee on Rock & Roll Hall of Fame 2017
https://youtu.be/t1-NsnlPc54

ロンリー・ハートはトレヴァー・ホーンがプロデュース

 

411: 2021/02/11(木) 22:18:03.54
おれはハウよりトレヴァーラビン期派


1983年、そのトレヴァー・ホーンらの縁で、イエスのメンバー クリス・スクワイアから新しいバンド「シネマ」(Cinema)の結成を打診され参加。このシネマが作り始めたデビュー・アルバムに、イエスの元ボーカル ジョン・アンダーソンが客演し、活動停止していた「イエス」の再始動に発展。11thアルバム『ロンリー・ハート』として発表し、全米で大ヒットを記録する。

12thアルバム『ビッグ・ジェネレイター』発表の後、イエスは、ジョン・アンダーソンが脱退して旧メンバーと結成した「アンダーソン・ブルーフォード・ウェイクマン・ハウ」の2派に分裂する。紆余曲折しながらも1990年に両バンドが再統合し、13thアルバム『結晶』を発表。次作『トーク』を発表した1994年まで在籍した。

447: 2021/02/12(金) 01:37:22.96
オフィシアルブートレッグのカバー集で
ドリムシはイエスを2曲もカバーしている。
イエスのツアーのオープニングアクトやった時の音源らしい。

 

451: 2021/02/12(金) 06:54:14.07
フロイド イエス ジェネシスはロックの殿堂入り
クリムゾンとEL&Pはまだ入ってない
もっと驚くのはクラフトワークがまだ入ってないこと
これは毎回、大論争になる

 

452: 2021/02/12(金) 06:57:12.92
でも、ディペッシュモードは入っているw

 

引用元:

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/babymetal/1612675587/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事