【海外】メタルの言語を通して世界をツアーする




良い記事だな~
「メタルの言語を通して世界をツアーする」
“And it reminded me once again that face-melting metal is truly the universal language.” #BABYMETAL https://t.co/aT9ifnKdrz pic.twitter.com/3xMsrvUHcX

— ふけいたん🦊@Home (@soulbicycle) February 13, 2021

ようこそRIFF Rewindへ
生ける伝説の人物、ルヴァー・バートンがかつて読んだコラムです。ルヴァー・バートンが私の書いたコラムを読んでくれたので、私はこれからも機会あるごとにその話をしていこうと思っています。しかし、今のところは、ルヴァー・バートンが読むかもしれない(たぶん読まないだろう)別のコラムを書かなければなりません。

先日、友人のアリーがBABYMETALという素晴らしいバンドを聞いたことがないことに驚いた。そして必然的にヘビーメタルの変な話になってしまい、様々な文化圏のメタルに対する意外な解釈で無駄な時間を費やしてお互いを打ち負かそうとしていた。そして、顔がとろけるようなメタルは本当に世界共通の言葉なのだと改めて思い知らされた。

だから私の友人たちと一緒に、今のところバカンスに近いものを手に入れて、シュレッダーギターで世界を巡る旅に出ようじゃないか。

インスピレーションを考えると、カワイイメタルの母体である日本のBABYMETALから始めるのは理にかなっている。J-POPアイドルと純粋に良いメロディックメタルの融合はよく揶揄されるが、本当に良い音楽だ。

これまでのコラムで彼らについて語るべきことはほぼすべて述べてきたが、彼らの2019年のアルバム『Metal Galaxy』は絶対に聴くべきだ。それ自体がメタルのワールドツアーであり、サバトンのフロントマンであるヨアキム・ブーロデンをフィーチャーした海賊メタルの曲は、入場料だけでも価値があり、Spotifyを持っていれば無料だが、私が何を言いたいか分かるだろう。

アリーはすぐにBloodywoodというインドのメタルバンドで対抗した。

彼らはYouTubeでBloodywoodの人気曲をメタルでカバーしたことからスタートしたのだが、これは私が今まで聞いたバンドの中で最高の原点の一つだ。しかし、それ以上にBloodywoodとメタルの融合は、聴覚的なチョコレートとピーナッツバターのようなものだ。その存在は知っていたし、何曲か聴いたこともありましたが、この曲は特に私を夢中にさせました。

もう一曲もアジアにまりますが、北の草原に移動しましょう。そうです、モンゴルのフォークメタルの話をしましょう。

私のモンゴル・フォーク・メタルへの愛は十分に文書化されていますが、再びモンゴル・フォーク・メタルに言及する機会を逃すことはありません。モンゴルのフォークメタルの中でも、世界の半分を征服した国はこのジャンルに適していると思っています。

悲しいことに、バンドのフロントマンであるネイチャー・ガンガンバイガルは2019年に亡くなった。しかし、メタルは永遠に生き続けるだろう。

アジアを離れて、アリーの別のセレクションで西のヨーロッパに移動しましょう。

「アジアンフュージョン」という概念にはいつも頭を悩ませていました。アジアは広いし、世界の人口のほとんどがそこに住んでいるのだから、パッタイや甘酸っぱいチキンの隣に寿司を並べてメニューにすることはできない。

だから私はEluveitieを高く評価しています。彼らはスイスのバンドで、デンマークで生まれたジャンルとケルト・フォークを融合させたバンドなんです。大陸のある地域全体のサンプラーなんだ。せめてマッシュアップの機会は平等にしてほしい。

以前にもコラムでマイラスを書いたはずだ。しかし、グーグルはそれを見つけることができないし、私たちの全知全能のデジタル・オーバーロードに誰が異議を唱えるべきか?

とにかく、Myrathは中東やアジアのサウンドとプログレッシブ・メタルを融合させたチュニジアのバンドだ。彼らは自分たちのジャンルを「ブレイジング・デザート・メタル」と呼んでいるが、私は彼らに異論を唱える理由がない。

残念なことに、チュニジアの神権主義政府が彼らの音楽スタイルに必ずしも友好的ではないため、彼らは現在フランスを拠点に活動している。しかし、重要なことは、彼らがまだ自分たちのことをやっているということだ。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事