【海外】BABYMETALのドイツ・ケルン公演ライブレポート






 

83: 2023/11/26(日) 07:37:58.12

”Ein ganz wichtiges Faustpfand ist auch der glockenklare Sopran von Su-Metal, stimmlich überzeugt die Leadsängerin live voll und ganz.”

どういうわけか、言葉の壁さえほとんど気にならない。Su-Metalの澄んだソプラノ・ボイスも重要な財産だ。リード・シンガーのヴォーカルは、ライブでも完全に説得力がある。

https://monkeypress.de/2023/11/live/konzertberichte/babymetal-wargasm-koeln-palladium-21-11-2023/

BABYMETAL / WARGASM – ケルン、パラディウム(2023.11.21)

パラディウム・ケルンはノルトライン=ヴェストファーレン州で最悪のコンサート会場のひとつである。シャンツェン通り周辺の交通事情は混沌としており、最寄りの鉄道駅までは徒歩25分もかかる。交通渋滞、列車の運休や遅延、悪天候(これはよくあることだが)が加わると、そこまでの道のりさえも、なくてはならない体験になってしまう。室内のコンディションが良ければ、これらすべては我慢できるだろう。しかし、内部のデザインは、特に劇場が完売している場合、多くの人の楽しみを奪ってしまう。特に劇場が完売している場合はそうだ。平らなギャラリーの手すりのすぐそばに立っていなければ、何も見えない。頭上にギャラリーのない席を確保できなかった場合(満席時には必然的に数百人のファンが影響を受ける)、聞こえてくる音はせいぜいこもりがちになる。

現在、おそらく世界で最も人気のある日本のバンドであるBABYMETALのNRW限定コンサートは、数ヶ月前から予約でいっぱいで、間違いなくライン川沿いの大都市ではなかった。見たところ、デュッセルドルフにいる約1万人の日系人のうちの何人かは、ライン川を遡上する非常に短い旅をしてきたかもしれない。デュッセルドルフにある三菱電機ハレ(日本名スポンサー、なんという偶然)のような大きな会場であれば、この夜はおそらく関係者全員にとって(さらに)楽しいものになっただろう。

午後9時10分、カワイイメタルの時間だ。BABYMETALは5月のケルン公演にゲスト出演し、その時はSabatonのサポートアクトとして参加したが、かなり複雑な反応だった。今回の観客は、中元すず香(Su-Metal)、菊地最愛(Moametal)、岡崎百々子(Momometal)目当ての人たちばかり。「BABYMETALデス」と「ギミ・チョコ!!」という、2014年の象徴的なデビュー・アルバムからの2曲でスタートするという決断は賢明だったが、他の曲でもおそらく雰囲気は本当に陶酔的だっただろう。歌の大部分を担当するSu-Metalは、短い間奏のためにドイツ語のチャンク(「お元気ですか?)のためにドイツ語を少し準備したこともあり、とても好感が持てた。

BABYMETALは間違いなく一味違うメタル・コンサートを繰り広げる。神バンドと呼ばれる楽器隊は、バックで覆面をかぶって立ち、ピンポイントでシュレッダーにかける。旧来のファンはこれを “不必要なホッピング “として否定するだろうが、そうでない人はまさにこの理由でこのグループを好きになるのだろう。BABYMETALは異色で、個性的で、分厚いリフとドライヴ感のあるドラミングを、ご機嫌なジャパニーズ・ポップスと融合させている。純粋なクロスオーバー・ミュージックだ。「ギミ・チョコ!」、「パパヤ!」、「モノクローム」、「メギツネ」のいずれの曲名であっても、このグループには素晴らしいキャッチーなフックがたくさんある。どういうわけか、言葉の壁さえほとんど気にならない。Su-Metalの澄んだソプラノ・ボイスも重要な武器であり、リード・シンガーのヴォーカルはライブでもまったく説得力がある。

少なくとも、冒頭で述べたような問題でパラディアムでのコンサートでは何も見えなかった人たちでさえ、それを聞くことができた。ショーの間中、年齢も身長もさまざまなファンが、少なくともギャラリーから、ステージ上の明るくパワフルなヴォーカルアクションを垣間見ようと必死になっていたが、それは無駄だった。最下位で最前線にいた人は、とても楽しかったに違いない。

また、全体的な印象を台無しにしたのは、バンドが影響しているのは確かだが、演奏時間が65分と非常に短かったことだ。Road Of Resistanceが終わると、観客の大半は少し驚いていた。 アンコールを演奏する代わりに、短い映画の予告編がスクリーンにちらついただけだったのだ。ダンスの振り付けにエネルギーを使うため、この女性トリオには長いショーに出る時間がないのかもしれないが、60ユーロ弱のチケットでわずか12曲というのは少々貧弱だ。

結局、この夜のコンサートには複雑な印象が残った。BABYMETALはとても楽しく、熱狂的でプロフェッショナルなライブを見せるが、長さが足りない。熱狂的なファンならそれを乗り越えられるかもしれないが、主催者は次回、少なくとも観客全員が見やすいように、この地域のもっと大きな会場を早急に選ぶべきだ。誰かが「デュッセルドルフ」と叫んだか?

Setlist BABYMETAL @ Köln, Palladium (21.11.2023)
01. Babymetal Death
02. Gimme Chocolate!!
03. Pa Pa Ya!!
04. Distortion
05. BxMxC
06. Believing
07. Brand New Day
08. Monochrome
09. Metali!!
10. Megitsune
11. Headbangeeeeerrrrr!!!!!
12. Road Of Resistance

 

117: 2023/11/26(日) 11:48:09.02
>>83
とにかくかなり会場に不満があることだけは伝わってくるなw

 

引用元:

https://fate.5ch.net/test/read.cgi/babymetal/1700912925/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!









関連記事



人気記事ランキング

コメントの規制をさらに強化します(2022.11.13)

1,NGワードに設定されているワードを使用したコメントは自動でゴミ箱に廃棄されます

2,誹謗中傷など不適切なコメントはスパム扱いとなり、自動でゴミ箱に廃棄されます

3,当ブログは音楽総合サイトを目指している為、BABYMETAL以外のバンドやアーティストも多数掲載しています。

掲載するバンドやアーティストは例外なく好意を持って掲載しています。

掲載するバンドやアーティストのファンの人達が見に来ることもあります。

対立煽りやBABYMETALを上げる為に他のバンドやアーティストを貶すコメントは削除しIPアドレスをNG設定し今後一切のコメントを出来なくします

(当ブログに寄せられたコメントはIPアドレスで管理されており過去のコメントも全て保存されています。過去のコメント内容を鑑みて、場合によりこのブログ自体を閲覧出来なくします)

コメントする場合は慎重に願います。