ロシアのt.A.T.u.(タトゥー)が明かした『Mステ』ドタキャンの真相






 

1: 2021/11/15(月) 14:01:29.56 _USER9

https://globe.asahi.com/article/14481682

抜粋
タモリさんが司会を務める音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日)が10月、ギネス世界記録に認定された。
番組で一番印象的な出来事として、タモリさんは次のように語った。「それはやっぱりt.A.T.u.(タトゥー)でしょう。あれは忘れられないですし、あれを超える出来事はないでしょうね……」

タトゥー。1999年に結成されたロシアのリェーナ・カーチナさん(37)とユーリャ・ボルコワさん(36)の女性デュオだ。2人は当時10代で、抜群の歌唱力と反抗的でレズビアンという設定が注目され、一躍世界中で人気になった。日本でもファーストアルバムが大ヒットした。

タトゥーは人気絶頂だった2003年6月、初めて来日した。そのとき出演したのが「ミュージックステーション」だった。彼女たちはそこで衝撃的な「事件」を起こすことになる。
番組冒頭で姿を見せていた2人は、いざ歌う順番が回ってきたときにはこつ然と姿を消してしまった。生放送中に起きた前代未聞の「ドタキャン」劇で、タモリさんが「忘れられない」というのも当然だ。2人は日頃から奔放な行動を見せていたこともあって、ドタキャンは完全に2人の「わがまま」と受け止められた。後日開いた記者会見でも謝罪の言葉はなく、「何も悪いことはしていない」と開き直った。日本中が怒りにわいたようなバッシングが起きた。

それから10年後。私は期せずして彼女たちを取材する機会を得た。2011年にモスクワ特派員となった私は、ロシアがらみでぜひとも取材したいテーマがいくつかあったが、そのうちの一つがタトゥーだった。日本のエンターテイメント業界ではすっかり忘れられてしまった2人組は今何をしていて、ドタキャンについてどう思っているのか。本人たちの口から直接聞きたかった。

2人の話から当時を再現するとこんな感じだ。

ミュージックステーションの冒頭後、2人はいったん控室に戻り、出演を待っていた。そこにプロデューサーのイワン・シャポワロフ氏から電話が入り、こう指示された。
「2人とも今すぐそこを立ち去れ」
2人は戸惑い、「何で?何で?」と聞き返した。でもシャポワロフ氏は「理由はあとで話す」の一点張り。まだ10代だった2人は彼の指示に従わざるを得ず、番組スタッフの制止を振り切ってテレビ局を立ち去った。

2人はその後、シャポワロフ氏から理由を明かされた。「話題作りのため」だったという。シャポワロフ氏はスキャンダラスな過激な騒動を次々と起こしてはタトゥーの人気をあおっていた。今で言う「炎上商法」(炎上マーケティング)だ。

反抗的な言動やレズビアンという設定も彼の「戦略」で、イギリスでも公演を直前になってキャンセルするなど、各地で騒ぎを起こしていった。
「ミュージックステーション」でのドタキャンもその一環だったが、日本では完全に裏目に出た。カーチナさんはインタビューでこう語った。
「バーニャ(イワンの愛称)は時間に厳しい日本の国民性を完全に見誤った。私たちも若くて彼の言いなりだった」

結局、シャポワロフ氏の路線は2人からも反発を招くようになり、「ミュージックステーション」のドタキャン劇から1年後、タトゥーは彼とのプロデューサー契約を解除した。
タトゥーは再出発し、ロシアや欧米での活動は順調だったが、日本での人気は戻らなかった。「ごめんなさい」という謝罪ソングも作って披露したが、効果はなかった。

カーチナさんはこう悔やんだ。
「あの一件以来、私たちは完全に日本市場を失ったのです。彼は深刻な失敗をしましたし、彼と一緒にやっていた私たちの失敗でもあります。起こしてしまったことは変えられません。日本の皆さんを傷つけてしまったことを謝りたいです。もしすべてを変えられるなら、変えたい」
ボルコワさんも「ドタキャン以降、日本ではタトゥーという存在はタブー扱いでしょう。今でこそ、あの行動がどんなにひどいものだったか理解できます」

2人にとってシャポワロフ氏は「権力者」であり、まさに「従属状態」に置かれていた、というのだ。

全文はソースをご覧ください

t.A.T.u.(タトゥー)は、リェーナ・カーチナとユーリャ・ボルコワによって構成される女性デュオ。1998年にロシア連邦のモスクワ市にてイワン・シャポワロフの主導によって結成された。
日本での初アルバム『t.A.T.u.』は国内盤と輸入盤の合計で200万枚が売れた。当時の日本では「宇多田ヒカルのデビュー当時に匹敵する」ともいわれる人気グループであった。
ヨーロッパで大きな成功を収めたポップ・グループとして、t.A.T.u.のアルバムとシングルの累計売上枚数は全世界で1500万枚を突破した。
しばしば、ヴォーカルのリェーナ・セルゲーエフナ・カーチナとユーリャ・オレーゴヴナ・ボルコワの2人組のみがt.A.T.u.であるかのように誤解されているが、厳密にはプロデューサー・作曲者・作詞者・各マネージャーを含むプロジェクト全体の名称である。



42: 2021/11/15(月) 14:17:08.78
>>1
まだやってることに驚いた
うたばんもHEY!HEY!HEY!も消滅していく中でよくやってるね

 

47: 2021/11/15(月) 14:17:52.46
>>42
再結成しただけだぞ?

 

55: 2021/11/15(月) 14:20:40.86
>>47
Mステが続いてることに驚いたってことだよ

 

194: 2021/11/15(月) 14:54:59.26

>>1
> 「ごめんなさい」という謝罪ソングも作って披露したが、効果はなかった。

まったく知らなかったわ

 

2: 2021/11/15(月) 14:01:45.88
なつかしいね

 

3: 2021/11/15(月) 14:03:04.73
ミッシェルがいっぱい見れたのでよくやった

 

183: 2021/11/15(月) 14:53:00.95
>>3
でもあれは番組スタッフとレコード会社スタッフも嫌な予感がして同じユニバーサルだったミッシェルを同じ週にキャスティングしたんじゃないかと思ってしまうくらいよくできた流れだった

 

4: 2021/11/15(月) 14:03:48.42
炎上商法だってみんなわかってたがな

 

431: 2021/11/15(月) 16:36:24.23
>>4
わかった上でってのはあるな。
プロデューサーのマネージメント?も下手だったし。
同棲愛ネタにしようとしたのに、速攻?でそれぞれの異性恋人発覚するし。
この件等の後で反発してたのかもね。

 

24: 2021/11/15(月) 14:11:07.27

トレヴァーホーンプロデュースで
日本との相性よかったのに

 

25: 2021/11/15(月) 14:11:16.59
でも音楽はK-POPより好きな感じだった

 

165: 2021/11/15(月) 14:46:57.70
>>25
トレヴァーホーンだもんな
音楽プロデューサー

 

44: 2021/11/15(月) 14:17:20.85
てか日本の市場ってそんな大きいのかな?
どこも見向きしなかった小さな恋のメロディは日本で大ウケだったと聞くが

 

162: 2021/11/15(月) 14:46:34.88
>>44
世界第二位の大市場
アメリカと日本以外はちっさなマーケット
ヨーロッパ全部合わせても日本に負ける

 

51: 2021/11/15(月) 14:19:23.26
これ生で観ていたけど、ミッシェルが急遽演奏する事になったのでこれはガチなんだなと驚いたわ

 

68: 2021/11/15(月) 14:23:43.55
いつもシャンプーとごっちゃになる

 

382: 2021/11/15(月) 16:18:32.23
>>68
懐かしすぎる!!
シャンプーはひと世代か二世代前だけど「トラブル」だけは覚えてる

 

88: 2021/11/15(月) 14:29:16.26
この話は謝罪ソングのプロモーションの時に本人が言ってた

 

117: 2021/11/15(月) 14:36:32.75
これのせいで後の東京ドームのチケット投げ売り状態になったな

 

121: 2021/11/15(月) 14:37:13.55
この話、当時から言われてたじゃん

 

125: 2021/11/15(月) 14:38:09.21
日本においでよ
もう誰も怒ってないよ

 

176: 2021/11/15(月) 14:50:32.26

本人たちは日本文化が好きだったみたいだしかわいそうだね

ロシアには日本が好きな子多いよ

 

344: 2021/11/15(月) 15:53:36.79
炎上商法なのは予想できたが
P解雇にごめんなさい歌は
なかなか真面目だなw

 

418: 2021/11/15(月) 16:30:51.94

t.A.T.u.ゴメンナサイ
https://youtu.be/TVGS1XjFpe0

いい曲やん

 

203: 2021/11/15(月) 14:57:05.75
プロデューサーがドタキャンを仕掛けた事は当時から知ってた。
タモリが「二人が出たくないって言ってる」って言ってたけど、
テレビ局から立ち去ってたのは知らなかった。
プロデューサーの名前も知れ渡ってたからネットじゃ「イワンの馬鹿」って言われてたの思い出した。

 

引用元:

http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1636952489

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事