Kingslayer (feat. BABYMETAL)のリアクトの特徴




64: 2020/11/01(日) 11:06:18.36

メタル好き女性のKingslayerリアクト
https://www.youtube.com/watch?v=CV0aWNx82sc

KIngslayerのリアクト動画は皆オリバーのシャウトやデスボ部分はしかめっ面で楽しんでて
スゥパートになったら口元が緩むのが面白いな
ラストのYOUー!のシャウトでぶち上がった直後のオーーイェー!でおもわず笑ってしまう反応もいい
オリバーが言ってた彼女たちがいいエネルギーをもたらすってのが体現されてる

 

69: 2020/11/01(日) 11:21:07.03

>>64
>KIngslayerのリアクト動画は皆オリバーのシャウトやデスボ部分はしかめっ面で楽しんでて
>スゥパートになったら口元が緩むのが面白いな

相当数のリアクト見たがそこが特徴だ グロウイルを楽しめる音楽環境に成熟している欧米
日本の一般層がグロウイル聴いたとたんに拒絶反応しかないだろ
紅白歌合戦やMステの視聴者にはデスボイスは受け入れてくれない 「何この汚ねぇグロイ声は!ヤメロ」って感じw

 

70: 2020/11/01(日) 11:24:46.12
>>69
グロウとか音楽ではない
どこの誰が認めてんだよ

 

71: 2020/11/01(日) 11:30:12.58

>>70
ダウンチューニングの歪ませギターリフと同じように、ヘヴィーメタルの効果音として楽しむってこと
歌として聞こうとするから拒絶される ノイズ音として聴けばいい

 

74: 2020/11/01(日) 11:42:55.56
なんで
グロウルは歌唱の革命の一つだったよ
スクリーミングジェイホーキンスとか、ずっと昔からあったみたいだけど
ナパームデスのボーカルの人が最初にグロウルを確立したんだっけ
クリムゾンのスキッツォイドマンもグロウルだし
THE WHOのボリススパイダーなんかもグロウルの元祖として有名
https://www.youtube.com/watch?v=bvFuUaCe8eY

 

79: 2020/11/01(日) 12:16:23.55
>>74
メロディ破壊してるからな

 

78: 2020/11/01(日) 11:59:07.46
あ、ごめん
ナパームデスでなくデスのボーカルの人

 

80: 2020/11/01(日) 12:29:25.05
元々はグラハムボネットとかデビットリーロスの歌い方に憧れたニワカがそのトーンを出そうと真似して出てきた歌唱法だとは思うけどね

 

84: 2020/11/01(日) 12:47:07.71
欧米ではデスボのことをグロウルと呼ぶらしいが
日本では
デスボよりさらに低いのがグロウル、グラインドコアとかで使う下水道みたいなのがガラテルと呼ばれてる。

 

95: 2020/11/01(日) 13:21:26.51
>>84
グロウルもデスボの一種だよ
あとガラテルじゃなくてガテラルな

 

96: 2020/11/01(日) 13:24:57.63
>>95
全部デスボの一種だが、日本ではグロウルは一般的なデスボより更に低いデスボに使う傾向があるって話だ。

 

97: 2020/11/01(日) 13:27:13.88
>>96
日本の一般的なデスボってなに?
音階でいうとどれくらいの違いがあるの?

 

103: 2020/11/01(日) 13:39:41.88
>>97
おまえもっとメタルコアとかメタル聴け。
デスボイスで歌ってて更に低いデスボイスでウネリをあげる時があるだろ、それがグロウルだ。
欧米では普通のデスボイスをグロウルと表現するそうだが、日本の音楽メディアがグロウルの表現を
このように表現してるってだけだよ

 

 

108: 2020/11/01(日) 13:53:16.11
メタルのことはまったく知らんからグロウルとかガテラルとか勉強になるわ

 

引用元:

http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/babymetal/1604146821/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事