BABYMETALとBRAHMANの共通点





BRAHMAN(ブラフマン)は、日本のロックバンド。1995年に結成。トイズファクトリー所属。
メロディック・ハードコアと民族音楽をベースにしたミクスチャー・サウンドが特徴。
かつてはライブではMCを一切せずに起伏のあるパフォーマンスに終始していたが、2011年3月11日の東日本大震災以降MCを行うようになり、様々な主張をファンに発信するようになった。曲中にステージから客席に降りて、最前列で観客に体を支えられた状態で行う事が多い。ただしこれ以降のライブでも場合によってはかつてのようにMCを行わないスタイルでライブを行っている 。

BABYMETAL とBRAHMANは接点なさそうだけど
ソニスは彼等の伝説の中国事件とよく似てる
「反日MAXの中国で罵声を浴びせられ投げ込まれた石等
がメンバーの頭や体に当たるが彼等は除けもせず堂々と
演奏を続けた すると曲が進むにつれ投擲が減り罵声が
歓声に変わりmoshが起き最後は拍手が送られた」続→ pic.twitter.com/A7Z9N97Pnm

— hana (@hana_hanametal) May 30, 2020



BRAHMAN Live / 中国 北京 MIDI 2003 Modern Music Festival (迷笛現代音楽節2003)

https://t.co/xSptaoQME0
BABYMETALも妨害を予告されていたソニスでこうなる
可能性があった
海外でやるってこういう事ですよね
suさんが言うライブは戦いってこの意味でも本当だと思う

ロッキンで彼女達の真裏だったTOSHI-LOWさんが
「BABYMETAL観たかったな」とMCで言ったと聞いた時
凄く嬉しかった pic.twitter.com/BI7yBHgh6K

— hana (@hana_hanametal) May 30, 2020

2003年に出演した「MIDI 2003 Modern Music Festival (迷笛現代音楽節2003)」。

2003年のイベント出演直前、広東省で日本人団体旅行客による集団買春事件が勃発。日本に対する悪感情の高まりからBRAHMANのパフォーマンスは現地の観衆から歓迎されず、ステージには、怒号や石、ビール瓶、レンガが投げ込まれる事態になったが、最後まで演奏が行なわれた。

——————————

当時彼らを招聘した中国のロックバンド・THIN MANからの手紙
BRAHMANのパワフルな演奏と優れた音楽素質と素養で、歴史と言語を完全に覆したことは、会場にいるすべての人々がロックの精神と奥深さを感じ取れたと思います。私は今なおはっきり当時のことを記憶しています。このことは私の人生において大きな意味を示しBRAHMANは私のヒーローとなりました。あなたたちの妥協ない精神力はまさしく民族のアイデンティティーの表れだ。

https://rockinon.com/news/detail/142346

こんな事あったんですね。
いつも聴いてるだけで全然知らんかった…
TOSHI-LOW強いなぁ。
BABYMETALは大丈夫だったんでしょうか…

— tkyshitn (@tkyshitn) May 30, 2020

どんどん観客がのっていきIDZで虜になってましたね😍

— ららら (@yuki_gumo222) May 30, 2020

あれ何度見ても飽きないし泣けるんですよね
僕のBABYMETAL人生の原点です🥰

— hana (@hana_hanametal) May 30, 2020

コロナが終息してまた彼女たちの世界で活躍する姿見たいですね

— ららら (@yuki_gumo222) May 30, 2020

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事