MAN WITH A MISSION、イギリスの音楽雑誌『Rock Sound』の表紙を飾る

MAN WITH A MISSION、イギリスの音楽雑誌『Rock Sound』の表紙を飾る https://t.co/yRugtoaGWS

— rockinon.com(旧RO69) (@rockinon_com) 2019年1月21日

MAN WITH A MISSIONが、イギリスの音楽雑誌『Rock Sound』の3月号表紙を飾る。

2月22日(金)発売の本誌はジャン・ケン・ジョニーのインタビューや、特大ポスターと撮りおろし写真のフォトブックがついたスペシャルな内容となっているという。

なおMAN WITH A MISSIONは、2月27日(水)からマンチェスターを皮切りに全11公演のヨーロッパツアーをスタートする。

387: 2019/01/21(月) 18:08:40.41
イギリスのロック雑誌の表紙になるって!どんな雑誌か全然知らないけど、イギリスで表紙飾るってすごいねっ!

 

393: 2019/01/21(月) 18:31:44.73
>>387
それめっちゃ楽しみなんだよね~
アマゾンで予約してきたわ
英語の勉強のつもりで頑張って読む

 

404: 2019/01/21(月) 20:01:19.45
>>393
自分も予約した。
ポスターもついてるんだよね!
イギリスの音楽雑誌の表紙なんて狼としては勿論、日本のバンドとして初めて?
単純だけど、素直に嬉しい。

 

408: 2019/01/21(月) 20:29:44.90
>>404
本当だ!ポスターとフォトブック付いてる!全然見てなかったわw
ちょっと高い雑誌だなと思ってたんだけど納得した。更に楽しみだ~

 

416: 2019/01/21(月) 22:52:24.59
>>404
ワンオクが何回か表紙になってるから日本のバンド初ではないよ
日本人で言えばベビメタも表紙になってる
422: 2019/01/22(火) 00:23:52.44
>>416
そうなんだ!知識不足でお恥ずかしい…。
ワンオクすごいね。

 

424: 2019/01/22(火) 01:59:42.14
>>422
ワンオクは確かにすごいけどいきなりrock soundの表紙になるなんてマンウィズすごいよ!
イギリスだけでなくアメリカやカナダ、オーストラリアでも販売されてるロック雑誌だし注目度は十分
イギリスのロック雑誌の中ではKerrangの方が歴史は古いけどあっちで取り上げられるのはヘビィメタ・ハードロック中心
ホントにすごいことだよ
この機会に5人全員が喋れる設定に変えてしまえばいいのに

 

引用元:

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/musicjg/1547437465/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事



3 件のコメント

  • 1
    匿名 says:

    なんか懐かしいな、このワクテカ感…(遠い目)

  • 2
    匿名 says:

    ベビメタの場合は一発屋的にならずに取り上げ続けてもらえているのが凄いなぁって感じになっているかな。
    海外フェスへの出演なんかも4~5年前の日本の常識からすれば快挙って感じだったけど、ベビメタの場合は今では出るだけではいつもの事って感じでどんな扱いなのかが気になる感じだからなぁ。

  • 3
    匿名 says:

    痩せ細る世界のロック界の中では「相対的に」生き残ってる(ように見える)日本のロック界に注目せざるを得ないのだろうね

    BABYMETALが邦ロックへ与えた功績を1つ挙げると「淡い夢」を語ることが許されなくなったってこと。
    彼女たちに続いて「ヤるのか」、「ヤらない(ヤれない)」のどちらかだけになった。
    MWAMやLovevitesはその「突きつけられたもの」に
    ポジティブに反応出来てるよね

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    Flying V

    管理人の連れ。 洋楽・邦楽問わずロックやメタル関連の話題をまとめます 個人的に自分の好きなバンド中心になりますが、 ご了承下さい(^^) 当方、日本を抜け出し海外で頑張るバンドを応援しています!