イギリスのロック専門誌 Kerrang! の読者が選ぶ2018年のベスト・フェスティバルに「Download Festival」

イギリスのロック専門誌 Kerrang! の読者が選ぶ2018年のベスト・フェスティバルにDownload Festivalが選ばれました!👏🏻🔥 詳細は👇🏻から⚡️⚡️ https://t.co/BfDaREsoh7

— Download Festival Japan (@DownloadFestJP) 2018年12月31日

1. Download
2. Slam Dunk
3. 2000trees
4. Reading & Leeds
5. Bloodstock

 

その他の部門

HERO OF THE YEAR

1. Mike Shinoda, Linkin Park
2. Dan Searle, Architects
3. Brendon Urie, Panic! At The Disco
4. Kyle Pavone, We Came As Romans
5. Dave Grohl, Foo Fighters

SOLO ARTIST OF THE YEAR

1. Mike Shinoda
2. Gerard Way
3. Frank Iero
4. Andy Black
5. Jamie Lenman

BAND OF THE YEAR

1. Bring Me The Horizon
2. Architects
3. twenty one pilots
4. Greta Van Fleet
5. Parkway Drive

SONG OF THE YEAR

1. Bring Me The Horizon – MANTRA
2. Slipknot – All Out Life
3. Architects – Royal Beggars
4. Panic! At The Disco – High Hopes
5. Marmozets – Major System Error

BEST THING ABOUT 2018

1. Nirvana reunion
2. Gerard Way releasing new music
3. Bring Me The Horizon’s secret sets at Reading & Leeds
4. Billie Joe Armstrong’s The Longshot
5. Mike Shinoda’s Post Traumatic tour

VIDEO OF THE YEAR

1. Panic! At The Disco – High Hopes
2. Bring Me The Horizon – MANTRA
3. Halestorm – Do Not Disturb
4. Slipknot – All Out Life
5. All Time Low – Birthday

KERRANG! COVER OF THE YEAR

1. Chester Bennington (K!1731)
2. Mike Shinoda (K!1750)
3. Iron Maiden (K!1734)
4. Oli Sykes (K!1712)
5. Beartooth (K!1738)

NEW BAND OF THE YEAR

1. Greta Van Fleet
2. FEVER 333
3. iDKHOW
4. Vein
5. Stand Atlantic

LIVE BAND OF THE YEAR

1. Enter Shikari
2. Iron Maiden
3. Bring Me The Horizon
4. Architects
5. Parkway Drive

EP OF THE YEAR

1. iDKHOW – 1981 Extended Play
2. FEVER 333 – Made An America
3. Dream State – Recovery
4. Avenged Sevenfold – Black Reign
5. Fall Out Boy – Lake Effect Kid

RADIO SHOW OF THE YEAR

1. Radio 1 Rock Show
2. Alex Baker, Kerrang! Radio
3. The Andy Show
4. Awsten & Travis’ Slumber Party
5. Alice Cooper, Planet Rock

ALBUM OF THE YEAR

1. Architects – Holy Hell
2. twenty one pilots – Trench
3. Mike Shinoda – Post Traumatic
4. Greta Van Fleet – Anthem Of The Peaceful Army
5. Don Broco – Technology

 

注目すべきは「NEW BAND OF THE YEAR」第2位のFEVER 333

結成は2017年で元LETLIVE.のフロントマンであるジェイソン・エイロン・バトラー(Vo)がNight Versesのアリック・インプロタ(Drums)、そして元The Chariotのギタリストであるステファン・ハリソン(Guitar)を誘って結成されたノンベースの3ピースバンド。


FUJI ROCK FESTIVAL ’18では、パンツ姿でステージを縦横無尽に駆け回り、中継車までをもステージにして、多くのオーディエンスの心を鷲づかみにした彼ら。新人にしてケラング表紙に大抜擢されるなど、バンド不況を覆すポテンシャルを持った注目バンド

The Fever 333, live at Fuji Rock Festival, Japan 2018

⑦The Fever 333 – Made an America

自分と同世代(30代)の人は若い頃にミクスチャー/ニューメタルに夢中になったと思うけど、その後きっとこのジャンルを掘ってないと思う。なぜならRATMを越えるバンドが存在するワケないって頭のどこかで思ってしまっているから。そんな思い込みを砕いてくれる名盤。 pic.twitter.com/NqsYrqHoMq

— Y@SUKID INTRUDER (@unchain_radio) 2018年12月30日

Fever 333来日きた‼︎
ぜったい観に行く‼︎🤯

— TABATA (@WEdrummer) 2018年12月25日

有線でリンキンっぽい曲が流れていてびびって調べたら
Fever 333ってバンドのBURN ITって曲なんですね!
Faint ってかメテオラのころのリンキンっぽさを感じれたよ

— nao-Poppunk182 (@NaoPoppunk182) 2018年12月17日

続いて…
《洋楽編》発表!

2019/1/18発売
The Fever 333『Strength In Numb333rs』

来年2月の第61回グラミー賞「最優秀ロック・パフォーマンス」ノミネート👊#FEVER333 #タワレコメンhttps://t.co/n6WmXxfVn1

— タワレコメン (@TOWER_Recomen) 2018年12月13日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




ABOUTこの記事をかいた人

Flying V

管理人の連れ。 洋楽・邦楽問わずロックやメタル関連の話題をまとめます 個人的に自分の好きなバンド中心になりますが、 ご了承下さい(^^) 当方、日本を抜け出し海外で頑張るバンドを応援しています!