正体不明の謎の7人組バンド『CRAZY N’ SANE』の詳細が不明過ぎる

CRAZY N’ SANE – CRAZY N’ SANE 2016年ワーナーミュージックよりメジャーデビュー、 突如国内ラウドシーンに現れた謎の覆面ニューメタル/メタルコアバンド。 ノットフェスにも出演! https://t.co/pxJwPzF6qq

— ラウドミュージックbot(洋楽&邦楽) (@loudmusicbot666) 2018年3月11日

動画

CRAZY N’ SANE – CRAZY N’ SANE Studio Live

CRAZY N’ SANE – BREAK FREE

ラウドロックシーンの新星、CRAZY N’ SANEとは何者?

そのバンドの名はCRAZY N’ SANE(クレイジー・イン・セイン)。ツインボーカル、ギター2人、ベース、ドラム、DJという7人編成で、メンバー全員が黒いツナギにウサギの覆面姿という正体不明のロックバンドだ。

そのヴィジュアルからSLIPKNOTやMAN WITH A MISSIONと比較されがちだが、気になるのはそのサウンド。CRAZY N’ SANEは至極まっとうなミクスチャーロックを聴かせてくれるのだ。

ちなみにこのCRAZY N’ SANE、覆面をしていることからその正体にも注目が寄せられている。現在公開されているプロフィールによると、それぞれが別々の分野で活躍するアーティストである彼らは2年前の『KNOTFEST 2014』でとあるバンドのライブを観て「なんてCRAZYな音楽なんだ!」と初期衝動にかられ、「俺にだって出来るかも?」と感じて結成したという。「それぞれが別々の分野で活躍するアーティスト」というくだりからは、彼らがこのプロジェクトのために集い、結成されたことが見てとれる。http://realsound.jp/2016/10/post-9647.html

CRAZY N’ SANEっていうまたカッコいい覆面バンド知ってしまったわ。KNOTFEST JAPAN 2016に出てたそうな。 pic.twitter.com/Pb4zqEzLUB

— SOUTA (@SOUTASIX) 2018年3月16日

覆面を被っているのはビジュアルではなく、純粋に音楽のみを届けたいからって。カッコよすぎかよ。惚れた。
CRAZY N’ SANE pic.twitter.com/9HsUpzUgWV

— SOUTA (@SOUTASIX) 2018年3月16日

CRAZY N’ SANEの情報あればください。活動してないとか勿体なさすぎ。・゚・(ノД`)・゚・。

— やまみ(· ∞ ·) (@mth55_yamami) 2018年3月23日

CRAZY N’ SANE久々に聴いたけど、どうなった?まだ活動してんの?

— 屠殺場 (@To_Sa_Tsu) 2018年3月23日

CRAZY N’ SANE動けよなあ。。。

— ヴォイス (@bandoage18) 2018年3月25日