読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べビメタだらけの・・・

BABYMETALと音楽のまとめサイト

BABYMETALの「ギミチョコ!!」でお馴染み上田剛士氏がBUCK-TICK New Albumに参加!

音楽NEWS

 

f:id:lastseen1013:20160706190124j:plain

 

デビュー時のレコード会社であるビクターへ20年ぶりに復帰したBUCK-TICKが、通算20作目にしてビクター復帰第1弾となるニューアルバム『アトム 未来派 No.9』(9月28日発売)の収録楽曲とジャケット写真を公開した。

収録曲は全13曲。レコーディングには横山和俊、Cube Juice、YOW-ROW[GARI]ら、近年のBUCK-TICKサウンドを支えてきたマニピュレーター陣に加え、M-12「愛の葬列」では藤井麻輝(minus(-)睡蓮)が、さらにM-2「PINOA ICCHIO –踊るアトム-」では上田剛士(AA=)も参加しており、アルバム作品としていっそうの深みを加えていることにも注目だ。

全文:

spice.eplus.jp

BUCK-TICK-2016年9月21日発売「New World」Music Video+初回特典映像ダイジェストトレイラー

 

BUCK-TICK

f:id:lastseen1013:20160828021027p:plain

BUCK-TICKは、日本のロックバンド。 1984年に結成された非難GO-GOを前身とし、翌1985年に現メンバーでBUCK-TICKを結成。インディーズ活動を経て、1987年にメジャーデビューを果たす。1987年の音源デビュー以降、正規メンバーの変更は一切行われていない。現在でもパブリックイメージとして定着しているバブル期の音楽性は櫻井の志向を反映したゴシック・ロックのカラーが強いが、バンド自体の音楽性はその後もオルタナティヴ・ロックとポップスを主軸に様々なジャンルを貪欲に消化して変化を続けており、アルバムごとに異なったアプローチを打ち出しつつ不変の存在感を放つ個性的なバンドである。バンド・ブーム期から現在まで途切れることなくメジャー・レーベルで活動を続ける数少ない現役であり、現在活躍するアーティスト達にも今なお影響を与えている。

BUCK-TICK - Wikipedia

 

 関連記事

 

www.babymetal-darake.com

 

 

www.babymetal-darake.com