ナパーム・デスのVo.マーク “バーニー” グリーンウェイが石巻で瓦礫撤去





ナパームデスのボーカル”バーニー”さんはことある事に石巻へ来て瓦礫撤去などをやって下さってた。「やった風」な連中が多い中、風呂も入らずに地元の人たちと一緒に汗を流して。石巻でライブをやった時は終演後握手を求める一人一人の手を握ってしっかり目を見てサンキューと言ってた。 #311から10年 pic.twitter.com/wlFrBjEzQp

— ブロブさん(AKRさんですよ)バーラン死ネ魔部部長🧟‍♂️ (@bastardakr) March 11, 2021

ナパームデスのボーカルのひとそんなことしてたの!?すごいな…

— わきまえない!いまない/給付金2回目まだ?? (@ametuchihoshiso) March 11, 2021

ナパームデスのVoがいち早く石巻に行ってたことは俺も忘れてないよ!

— ちょこメタラ~ (@osa1192desu) March 11, 2021

ナパームデスは三陸ツアーやってくれたんだよね。国内の有名バンドでもやらんのに。 https://t.co/MlDvJ6b3Ma

— 鵜殿泰墨 (@udo_fly_free) March 11, 2021

そんなことよりも、ナパームデスのバーニーがチャリティーコンサートをしたのは知ってましたが、支援ボランティアにガチで参加していたとは知らなかった。そして流れるような曲紹介で久々にグラインドコアで頭を振った。メタルは最高だ。万病に効く。

— Loose Cannon Lounge (@LooseCannonLNGE) March 11, 2021

NAPALM DEATH – Silence Is Deafening (OFFICIAL VIDEO) https://t.co/TKXXLVzAay @YouTubeより

そんなナパームデスで一番好きなのがこれ。
親日家、バーニーさんかっけえ、、、

— Shamy (@shamy0525) March 11, 2021

ナパームデスの音楽というより、バーニー加入後から好きなのは、彼の声、歌詞にあるところが大きいが、その歌詞に込められた政治思想、思想そのままに、かつ親日家として動いている面でも人として最高すぎる

— 絵ぬ1484 (@n1484xxx) March 11, 2021

マーク “バーニー” グリーンウェイ

ナパーム・デス(英: Napalm Death)は、イギリス出身のハードコア、ヘヴィメタルバンド。

グラインドコアの始祖的存在として知られている。活動初期はメンバーの出入りが激しく、オリジナルメンバーは不在となりながらも脈々と活動を続け、「カテドラル」「カーカス」といったバンドを結成するプレイヤーを輩出した。
親日家で知られるメンバーの中でも特に親日派で、東日本大震災発生時には旧知の日本のバンドに声を掛け、東北地方のライブハウスで被災地への義捐金を募るベネフィットコンサートを開催したり、被災地の支援ボランティアに自ら参加している。2015年の「BURRN!」誌のインタビューでは、自ら日本の地方都市に在住する意思があることを語っている。

ナパーム・デスの中心人物シェーン・エンバリーが『METAL HAMMER』でBABYMETALを語る

2014.09.20

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事