【海外】SU-METAL「魂のルフラン」のパフォーマンスの背後にある筋書き




曲の内容を理解していなくてもSu-Metalの最高のパフォーマンスを見ることが出来ます。しかし曲の裏で何が起こっているのかを十分に理解しながら聴くと、全く別体験をすることも出来る。

レジェンド1997のコンサートで演奏された「魂のルフラン」のカバーを見てみよう。

ここでは、「公式」のストーリーを元に、私なりの解釈をしてみました。細かいところは正確ではないかもしれませんが、全体のイメージは以下のようになっています。

それは、人間が人間らしさを失い、人間らしく生きることができなくなってしまった時代でした。地球上から人類を一掃するために、強大な敵が地球に送り込まれました。選ばれた少数の者だけが、それらの敵を倒し、地球と人類を守ることができる強さを持っていました。問題は、選ばれた者たちでさえも堕落してしまい、人間のように生きることができなくなってしまったことでした。彼らは地球を守ることを使命としていましたが、その使命の背後には何もありませんでした。彼らはそれができるからといって、ただそれをしていたのだ。意味のない世界での無意味な行動。

しかし、事態は変わってしまった。

選ばれた二人の人は、それが何であるかを初めて経験しました

「愛すること、愛されること」

二人は、二人の分離した魂が、二人の間で共有されたものになるとき、それが何であるかを経験しました。今、人生の意味が彼らのために現れました。今、彼らは抽象的な世界や抽象的な人々だけではなく、自分の世界とお互いを守っていました。今、彼らには生きるための何かがあり、戦うための何かがあった。

そして今、そのうちの一人が殺されようとしている。

体の一部を切り落とすと、傷口から血が流れます。魂の部分を切り落とすとどうなるのでしょうか?魂の傷口からはどんな血が流れるのでしょうか?痛いけど、この傷を炙って、その血を止めて、前の状態に戻って、また無意味に生きていける可能性は必ずある…。今、それをするために?今、生きている実感が出てきたときに、捨てる?

いいえ、別の方法があります

堕落した戦士の魂は蘇ることができ、戦士は復活することができますが、復活することに価値があることを見出すことができれば、それは可能です。生きた戦士の魂の流れが、世界の境界を越えて、堕ちた戦士の魂に届き、復活させることができれば、それは可能なのです。だから、魂の血を止めてはならない、さらに増やさなければならないのだ!

そして戦いは続き、敵はどんどん強くなり、どんな助けも急務となっている。生ける戦士は何度も何度も落ちぶれた者に呼びかけますが、この呼びかけは戦いの向こう側で聞こえにくくなってきています…

戻って来い、失われた魂よ。手遅れになる前に戻って来い

今、死んでいるのはあなたであり、これを聞いているのはあなたです。

Su-Metalはあなたを呼んでいる

愛のために 命のために。人類のために 戦いはまだ終わっていない。

名無し
いいね 教えてくれてありがとう
この時、彼女が16歳になったばかりだと知った

名無し
先日、音楽の先生にSuのパフォーマンスを見てもらった。「Akatsuki (Unfinished Ver」からスタート。彼は、コンサート全体をこのような形で提供するのは不可能で、精神的なエネルギーが必要だと言っていました。
私は「あなたはSuのことを知らないだけですよ!」と答えた。
武道館、NRNRと紅月を見せてあげた。両曲ともノーミス。感動していた。続いて魂のルフラン、最後にWhite Loveのカバー。歌詞の説明をして、彼女が踊り出した時に “歌詞との相性は?”と聞かれました。と聞かれたので、”最後まで待ってください “と答えました。その後、私は “ほら、Suは歌いながらダンスをして、両方ともミスがないんだよ!”と言った。
感激していた。

名無し
この曲を神バンドと大人になったSuで再演して聞きたいですね。それは素晴らしいことだろう。

名無し
今なら、「技術的にはいいし、成熟した声だけど、何かが足りない」という感じになるかも。

名無し
私たちはこれはエヴァンゲリオンの曲であることは知っているが、wikiによると作詞者はアニメを見ていなかったらしい。

名無し
いいね! 私の友人はエヴァンゲリオンが大好きなので、彼らとこのパフォーマンスを一緒に見てみたいと思わせてくれます。

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/kuduqk/tamashii_no_rufuran_the_plot_behind_the/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事