ジャパニーズメタル専門雑誌・ムックの歴史を振り返る シーンを活性化させたのは『ヘドバン』!?

◆今、日本のヘヴィメタルが熱い!

近年、なぜか日本のヘヴィメタルが盛り上がっているように見える。BABYMETALやX JAPANを代表とする若手やベテランバンドの海外での活躍が原因か? それとも嬢メタルやラウド系アイドルのムーヴメント? つーかそもそも気のせい?◆日本のメタル活性化の震源地はこのムック!?

2013年に創刊したムック『ヘドバン』は、日本のヘヴィメタルをずいぶん取り上げている。同ムックは、BABYMETALとX JAPANを核としており、年3回刊行され、現在はvol.18まで刊行されている。数ある音楽雑誌のなかで、もっとも勢いがあると言われているようだ。

全文:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180505-01473625-sspa-soci

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事



コメントについて

当ブログは様々なアーティストやバンドに対して好意を持って掲載しています。

今後、アーティストやバンドの対立煽りや誹謗中傷は削除していきます。

場合によりコメントの書き込み及びブログの閲覧禁止(特に悪質と判断した場合のみ)になりますのでご了承下さい。

なおコメント及び記事の削除依頼はコメント欄にてお願い致します。

1 個のコメント

  • 1
    アバター 匿名 says:

    70’S・80’Sと、90’S以降で溝があるというかメタルに対する感覚の違いが大きい気がしてたが
    ヘドバンは現代メタル(ベビメタ含む)のルーツを系統立ててきちんと紹介していて親切な作り。
    メタルの世代間ギャップを埋めるうえで重要な仕事をしていると思う。

    加えてベビメタで初めてメタルに触れた人たちをナビゲートする役割も果たしているのが素晴らしい。

  • コメントを残す