【海外】BABYMETAL「Aftershock Festival 2019」の神バンド




質問 たまに入れ替えがあるのは知っているが…これは全く別のバンドではないのか?


名無し
神バンドは普通の定義のバンドではない。彼らはセッションミュージシャンとして雇われているので、アリアナ・グランデのようなアーティストのバッキングミュージシャンのようなものだ。彼らには固定されたコアなメンバーがいて、それが何年にもわたって交代している。2019-2020年のUS/EUツアーまでは日本人ミュージシャンばかりでした。ベースのBOHはほぼ全てのライヴをこなしています。ドラムの青山英樹は2014年頃からほぼ全てのライヴに参加しています。ギターでは大村孝佳がほとんどのライヴをこなし、藤岡幹大が僅差の2位につけているのではないかと推測しています。彼らは数年前からほぼ固定されていました。LEDAとISAOもかなりの数のライヴをこなしていますが、私は彼らをそのコアなミュージシャンとして数えています。

2019-2020年のUS/euツアー以降、彼らは西の神と東の神と呼んでいるものを持っています。それは、日本のミュージシャンが家族に会えないまま、そんなに長いツアーをしたくないからだと思います。それが私がツアーを続けずにセッションミュージシャンになった理由の一つだと知っています。もし私だったら、2019-2020年のツアーと日本公演は絶対にやっていなかったと思う。それは私を家からずっと長い間遠ざけることになるからね。

これで少しは理解してもらえただろうか。


名無し
BABYMETALは現在、2つの神バンドを結成している。
東から来た神は、ギターに大村孝佳、Leda、ISAO、ベースにBOH、ドラムに青山英樹。
西から来た神は、ギターにクリス・ケリーとCJ・マシアントニオ、ベースにクリント・タスティン、ドラムにアンソニー・バロン。
東から来た神は全員日本人、西から来た神は全員アメリカ人。
” 西から来た神”は、LAフォーラム公演やアフターショック・フェスティバル出演など、BABYMETALの欧米ツアー2019をサポートした。

名無し
もう少し背景- アメリカからのメンバーは、2018年後半に行われたダークナイト・カーニバルのライヴでBABYMETALの日本公演のオープニングを飾ったバンド、Galactica Empireです。ドラマーのアンソニー・バロンはいくつかのプロジェクトのメンバーであり、最も注目すべきはおそらくShadow Of Intentだった。

名無し
2019年のツアーではアメリカの神メンバーが努めていた

名無し
“穴埋め “というと、間違った印象を与えるかもしれませんが
過去50回ほどの公演のうち、40回以上は「西の神」が出演しています。
日本以外のライヴではほとんどのライヴに出演し続けています

名無し
おそらく別の言葉の方がしっくりくるだろう……。しかし、彼らがそのツアーに参加していた主な理由は、東の神々が忙しかったからだ。

名無し
日本の神は他のことで忙しかったのでしょうか?それとも、アミューズがアメリカのミュージシャンと一緒に行くことにしたことで、日本のミュージシャンのスケジュールが開放され、その結果、BOHが仮バンドツアーをすることができたのでしょうか?

名無し
何が何を促したのかはわかりません。
西の神を追加することは、Galactica Empireが2018年10月にダークナイト・カーニバルに参加した時に話し始めたものではないかと私は疑っています。

名無し
OTFGKですが、バック・カタログを熟知しているバンドが一組だけというのは、あらゆる面で好ましいことだと思います。メタルギャラクシーのワールドツアーでメタルギャラクシー以外の曲をほとんど演奏しなかったのは、西の神が最低限のことだけを覚える為だったのかもしれませんね。

名無し
全ての面で好ましい…ビジネスビザの費用を除けば、アメリカのミュージシャンと一緒に行ったのはそれが理由だった

この記事は自動翻訳を利用して訳しています

引用元:https://www.reddit.com/r/BABYMETAL/comments/kt7a1h/babymetal_kami_band_i_know_they_sometimes_have/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でべビメタだらけの・・・をフォローしよう!




関連記事