Pearl Jamとかいうグランジ・ロックバンド

1: 2020/01/14(火) 05:02:56.85

パール・ジャム 7年ぶりの新アルバム『Gigaton』を3月発売
2020/01/14 04:53掲載
http://amass.jp/130126/

パール・ジャム(Pearl Jam)が7年ぶりの新アルバム『Gigaton』を海外で3月27日発売。リリース元はMonkeywrench Records/Republic Records。

スタジオ・アルバムのリリースは2013年の『Lightning Bolt』以来。通算11作目。

アルバムのカヴァーアートワークは、カナダの写真家/映像作家/海洋生物学者ポール・ニックレンによる「Ice Waterall」と呼ばれる写真を採用。ノルウェーのノールアウストランネ島の氷冠が大量の雪解け水を噴出しているをとらえています。

メンバーのマイク・マクレディは「このレコードを作るのは長い旅だった」「感情的に暗く、混乱することもあったが、音楽を取り戻すためのエキサイティングで実験的なロードマップだった。『Gigaton』でバンドメイトと協力することで、最終的に、この時代の人間とのつながりの必要性について、より大きな愛、認識、知識を得ることができた」と語っています。

このアルバムからの1stシングルは「Dance of the Clairvoyants」で、今後数週間以内にリリースされます。

バンドはまた3月18日から始まる北米/ヨーロッパツアーも発表しています

(おわり)

2: 2020/01/14(火) 05:34:29.22
やっとか

 

3: 2020/01/14(火) 05:40:25.25
パール・ジャムっていわゆるグランジって言って売り出すほどグランジって感じのイメージなかったな
単なるアメリカン・ロック

 

5: 2020/01/14(火) 06:00:37.55
>>3
当時、グランジとかミクスチャーとかオルタナティブとか言葉が先行してた感じがあった。
サウンドガーデン、ブラインドメロン、スマッシング・パンプキンズ、アリス・イン・チェインズ…etc
こいつらをジャンル分けして一括りにする事自体がナンセンス。
っていうか、パールジャムがアメリカンロック臭くなるのはニールヤングとやるようになってから。
それまではもう少し実験的な曲も多かった。

 

12: 2020/01/14(火) 06:40:13.64
>>5
結局そのことがリバイバルブームが起きない要因のひとつになってるな
80年代メタルまでは定期的にリバイバルが来て新人が出てきたりするが
グランジ以降はまとまった形でのリバイバルって起きてない

 

6: 2020/01/14(火) 06:06:37.43
いまだに全アルバム持ってるわ。
エディの声がたまらん。

 

52: 2020/01/14(火) 13:53:35.06
>>6
エディの声は天性のものだよね
アメリカのライブでお婆ちゃんが目をつぶってエディの声にひたすら酔いしれてたって記事、今でも覚えてるわ

 

7: 2020/01/14(火) 06:28:30.18
前作Lightning Boltは4曲目のSirensが良かった

9: 2020/01/14(火) 06:35:23.77
このバンドは好きだな。

 

11: 2020/01/14(火) 06:38:21.38
エディは長生きしてくれ

 

16: 2020/01/14(火) 07:05:10.48
おー!待ってた!
すげぇ楽しみ!

 

18: 2020/01/14(火) 07:08:29.63
グランジ系はイケメン低音ボイス

 

20: 2020/01/14(火) 07:11:05.84
90年代人気のクランジバンドで唯一ボーカルが生き残ってるパールジャム

 

25: 2020/01/14(火) 07:28:06.95
>>20
マッドハニーも生きてるやろ

 

50: 2020/01/14(火) 13:50:44.01
>>20
ストーンテンプラパイロット
REM

 

54: 2020/01/14(火) 14:57:27.51
>>50
REMは活動終了したような

 

22: 2020/01/14(火) 07:18:59.41
バイタロまでは凄く好きだった。
後は結構惰性だけど、毎回1曲好みの曲があったりするので、何となく聞いてる。

 

23: 2020/01/14(火) 07:20:03.01
メンバー6人なんだ
5人だと思ってた

 

28: 2020/01/14(火) 07:46:14.96
これぞアメリカンハードロックって感じのバンド
グランジが時代遅れのくっさいくさい音楽になってもパールジャムは死なん


 

29: 2020/01/14(火) 07:48:30.62
調べたけど、やっぱメンバー5人だ。
右端のおっさんはサポメンかな?

 

30: 2020/01/14(火) 08:45:10.46
>>29
サポートのキーボードのおっさんだね
Boom Gaspar

 

31: 2020/01/14(火) 09:04:55.72
世界三大音楽系パール
パール・ジャム
パール兄弟
PEARL

 

32: 2020/01/14(火) 09:15:22.31
いつになったらニールヤングとやったツアーの映像と音源リリースするんだよ
もうオレ死んじゃうよ?

 

39: 2020/01/14(火) 11:34:26.86
パールジャムとピンクフロイドは年取ったら良さがわかるはず!と一定周期でチャレンジするんだが、未だにわからない

 

40: 2020/01/14(火) 11:38:02.33
ピンクフロイドは世代が違うから知らんが
パールジャムは難解な音楽ではなく王道ハードロック
パッと聞きで分からなかったのなら単純に好みが合わなかっただけだと思う

 

41: 2020/01/14(火) 11:47:53.89
聴くわ

 

44: 2020/01/14(火) 12:01:47.02
もうバンドやらアーティストはアルバム出さない流れなんだろうね

 

45: 2020/01/14(火) 12:06:53.03
90年代~00年代前半にアルバム出すたびに300~400万枚売ってた
メアリーJブライジの2017年のアルバム売り上げがCDと配信合算で72000ユニットだからね
パールジャムならともかく中途半端なバンドがアルバム作ったら確実に赤字になるだろ

 

46: 2020/01/14(火) 12:47:50.28
チケットマスターと喧嘩したりオフィシャルブートレグ出したりしてたのは、政治批判してイキってるミュージシャンらと比べたら相当格好良かった。

 

53: 2020/01/14(火) 13:59:02.64
toolに続いてパールジャムか…ジェレミー好きだった

 

55: 2020/01/14(火) 15:40:04.06
俺最初の3枚しか聞いた事ないけど
その後もずっとあんな感じなんだろうな。
と思って手を出していない

 

56: 2020/01/14(火) 15:47:27.05
俺は5枚目までもってるけど
4枚目のNo Codeは中古屋で100円だったから購入しただけで殆ど聞いたことない
5枚目のYieldは結構好き

 

57: 2020/01/14(火) 22:06:05.76
>>56
yield収録のwishlistは一生聴くと思う
音も詩も優しくて完璧すぎる

 

61: 2020/01/14(火) 22:34:29.18
むかし輸入盤屋にライブ会場毎に録音されたCDが何十種も売ってるの見て心底ファンじゃなくて良かったと思った

 

63: 2020/01/15(水) 00:07:58.51

>>61
会場に行けない人への救済と海賊版撲滅の為だからかなり安い値段での販売だったと記憶してる

日本公演版も発売してて行けなかった自分としてはありがたかったけどね

 

72: 2020/01/15(水) 16:59:33.38
ツールの新作がアメリカで売れまくってる
パールジャムも続いてほしい
アリチェンも去年出してたな
この辺は大好きなバンドだったかどっちにしろ日本では相手にされない
日本人の糞耳には困ったもんだよ

 

76: 2020/01/15(水) 17:46:44.98
ぶっ壊れてもいい
死んでもいい 好きな音楽をやるんだ
ってのがグランジだと思った
今でも最高に好きだわ

 

77: 2020/01/15(水) 21:30:42.60
生き残るべくして生き残るスタイル
90年代以降のアメリカンロックそのもの
Betterman、Fixerは最高

 

79: 2020/01/15(水) 21:39:43.76
パールジャムって若い頃は馬鹿にしてだけど改めて聞くと結構いいバンドなんだよぬ

 

引用元:

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578945776/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事



コメントについて

当ブログは様々なアーティストやバンドに対して好意を持って掲載しています。

今後、アーティストやバンドの対立煽りや誹謗中傷は削除していきます。

場合によりコメントの書き込み及びブログの閲覧禁止(特に悪質と判断した場合のみ)になりますのでご了承下さい。

なおコメント及び記事の削除依頼はコメント欄にてお願い致します。

コメントを残す