Children of BodomがオリジナルメンバーHenkka, Janne, Jaskaの脱退を発表!

1: 2019/11/01(金) 20:40:57.06 0

フィンランド出身のメロディックデスメタル・バンド、チルドレン・オブ・ボドム(Children Of Bodom)は、12月15日のフィンランド・ヘルシンキ公演を最後に、
ベーシストのヘンカ・ブラックスミス(Henri “Henkka T. Blacksmith” Seppälä)、キーボーディストのヤンネ・ウィルマン(Janne Wirman)、ドラマーのヤスカ・ラーチカイネン(Jaska Raatikainen)がバンドから脱退すると発表。

http://amass.jp/127600/

2: 2019/11/01(金) 21:06:18.34 0
えー解散やんか!

 

3: 2019/11/01(金) 21:08:37.38 0
ヤンネ抜けたらボーカルのあいつしかおらんやん

 

4: 2019/11/01(金) 22:51:12.82 0
5枚目のアルバムまでは聴いてたけどあれから十年くらい経ってどんくらい活動してたんやろか

 

152: 2019/11/01(金) 17:47:29.78
チルボド解散かよ

 

153: 2019/11/01(金) 18:45:13.24
ヤンネヤスカヘンカ脱退ってマジなん?
終わりやん…

 

155: 2019/11/01(金) 19:38:42.90

もう疲れたのでこれからはローカルバンド路線でやっていきます

とかだったらやだな

 

159: 2019/11/01(金) 20:35:15.28
終わったな
3rdまでがカッコ良かった

 

160: 2019/11/01(金) 20:42:06.90

フィンランド出身のメロディックデスメタル・バンド、チルドレン・オブ・ボドム(Children Of Bodom)は、
12月15日のフィンランド・ヘルシンキ公演を最後に、ベーシストのヘンカ・ブラックスミス(Henri “Henkka T. Blacksmith” Seppälä)、
キーボーディストのヤンネ・ウィルマン(Janne Wirman)、ドラマーのヤスカ・ラーチカイネン(Jaska Raatikainen)がバンドから脱退すると発表。
現ラインナップ最後の公演は“A Chapter Called Children Of Bodom”と呼ばれており、ヘルシンキのブラックボックスで行われます。

バンドは声明で
「2019年がこのラインナップのチルドレン・オブ・ボドムの最後になることを発表するのは心が重い。ヘンカ、ヤンネ、ヤスカはボドムで25年近く過ごし、何千ものショーと10枚のアルバムを手掛けたが、人生の中で方向を変える時を迎えた」
と説明。

またバンドに残った2人、アレキシ・ライホとダニエル・フレイベリは、今後も新しい音楽を作り続ける予定で、
詳しくは今後発表を行う予定です

 

162: 2019/11/01(金) 21:58:28.60
オリメンはアレキシだけになったのか、、、

CHILDREN OF BODOMは12/15ヘルシンキのショウを最後にギターチームを残しオリジナルメンバーHenkka, Janne, Jaskaの脱退を発表!
一歩下がって生き方を変えるためだそう。来年予定されていた”HCD”完全再現の中止には事が急遽運んだようにも思えます… pic.twitter.com/gqJPjOrVT4

— sin Хентай (@Sin23Ou) 2019年11月1日

Children of Bodomが現メンバーでのラストショーを12月に行うと発表しましたね。
アレキシ・ライホとダニエル以外のメンバーは脱退という形になるのでしょうか。
少し残念な発表に感じますが、アレキシとダニエルの「新しい音楽」というものを期待したいです。 pic.twitter.com/T8K4HWBrup

— Tatsu (@tatsurocker) 2019年11月1日

引用元:

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/hrhm/1547481627/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

Flying V

管理人の連れ。 洋楽・邦楽問わずロックやメタル関連の話題をまとめます 個人的に自分の好きなバンド中心になりますが、 ご了承下さい(^^) 当方、日本を抜け出し海外で頑張るバンドを応援しています!