細野晴臣「YMOにヒットチャート1位を取らせたいんだ」

1: 2019/09/21(土) 17:53:14.05

https://bunshun.jp/articles/-/14169
2019年9月21日 17時0分 文春オンライン

 YMOが結成されたばかりの頃、細野さんに会ったら「いまはピコピコのゲーム音楽みたいなものをやってる」って。当時、海外でテクノが盛り上がってきてたし、ああ、最先端を行っているなと思いました。

あるとき誘われて武道館コンサートに行ったら、でっかくYMOと書かれた大型トラックの楽器車が横付けされていた。いいな、はっぴいえんどの頃は楽器車なんてなくて、みんな楽器を手持ちで全国に出かけていったよな、ぼくもスネアとタムだけ抱えて移動してたよな、という感慨も覚えました(笑)。

そうして人気者になっていく細野さんを横目で見ながら、ぼくの作詞と細野さんの作曲のコンビを復活させたいと画策していました。はっぴいえんど以来のね。そこに来たのがイモ欽トリオの『ハイスクール・ララバイ』。パロディでまず一緒にやってみようと。それがミリオン・セラーになって、細野さんとのコンビで松田聖子の代表曲などを一緒に作るようになりました。

 ちょうどその頃、細野さんから詞を書いてほしいと頼まれた。「松本、YMOにヒットチャート1位を取らせたいんだ」と。アイドルみたいにしたいから松本に詞を書かせようと細野さんが発案したらしい。

それが化粧品のタイアップ曲になった『君に、胸キュン。』。細野さんから「明るくポップで胸キュンな感じにしてほしい」と言われてその通りにしたんだけど、アイドルっぽいのはサビだけで、その他は大人のヨーロッパ映画っぽくしました。

当時、YMOはもう終わりに向かっていたし、最後にハメを外したかったんでしょう。おかしな振りつきで歌ってておもしろかったよね。

結果的に『君に、胸キュン。』は2位どまりだったけれど、それでもシングルでは「ライディーン」を超えていちばん売れたらしい。売れただけじゃなくて最近、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』にも使われてリバイバルしたし、普遍性のある作品になってよかったなと思っています。

まつもとたかし/1949年7月16日生まれ。東京都出身

110: 2019/09/21(土) 20:05:58.37
>>1
>ゲーム音楽みたいなものをやってる
これは記憶違いだと思うなあ
1978年にPSGでBGMを流してたゲームなんて
ないでしょ

 

118: 2019/09/21(土) 20:19:15.47

>>110
まあゼビウスで細野が1984年に出したのが
国内初のゲーム音楽サウンドトラックだからなぁ

ていうか世界初じゃないのか?
どこなの

 

122: 2019/09/21(土) 20:21:08.23

>>118
まあ北米なんだろうけど

北米のゲーム文化って本当に日本でまともに
伝わってないからなあ

 

123: 2019/09/21(土) 20:31:18.17
>>122
よくわかんねーけど、当時の北米ゲームってPCゲームが主体なのかな?

 

133: 2019/09/21(土) 20:42:34.62

>>123
70年代はアタリとアップルIIだね
アーケードゲームもあったし

1982年に発売されたコモドール64が大ヒットして
ビデオゲームの主役の座をゲーム専用機から
奪い去った

 

3: 2019/09/21(土) 17:55:58.29
1位獲れなかったんだ

 

4: 2019/09/21(土) 17:56:53.90
以心電信はそんなに売れなかったのか

 

6: 2019/09/21(土) 17:59:12.24
まぁチャートで1位を狙う・獲ると言う遊びなんやろね

 

7: 2019/09/21(土) 18:00:16.45
君に胸キュンのオリコン1位を阻んだのは、松本-細野コンビによる松田聖子「天国のキッス」だったはず

 

11: 2019/09/21(土) 18:02:10.05
>>7
今なら各社がスケジュール調整してリリースずらすのにね

 

192: 2019/09/21(土) 22:26:13.00
>>11
販売時期をずらしてもYMOと聖子ちゃんとではチャートをかけ上がるスピードが違うから効果がない。

 

17: 2019/09/21(土) 18:06:32.28
なぜ俺たちはYMOに夢中になってしまったのか

 

217: 2019/09/21(土) 23:47:24.43
>>17
新しい音楽の扉を切り開いたからだよ。
そして曲も良かった。言うなれば日本のビートルズ。そりゃ社会現象にもなるわ。

 

26: 2019/09/21(土) 18:13:47.18
YMOなんか知りもしない子供にもその存在を認識させる曲だった
良くも悪くも

 

41: 2019/09/21(土) 18:25:05.28
突然あの路線に行ってビックリした記憶はある

 

52: 2019/09/21(土) 18:36:14.09

風の谷のナウシカ(イメージ曲) 安田成美 細野晴臣
https://www.youtube.com/watch?v=rHRyf15ipEg

山下久美子 赤道小町ドキッ  細野晴臣
https://www.youtube.com/watch?v=A-vsvt_EC7g

 

229: 2019/09/22(日) 00:16:59.22
>>52
赤道小町は細野さんの曲だったのか
しかもアレンジ大村憲司だ

 

84: 2019/09/21(土) 19:23:45.95
ライディーンって1位取れなかったんだ
メッチャ売れそうだけど

 

86: 2019/09/21(土) 19:30:46.87
この人の言うアイドルって誰のことを指してんだ

 

94: 2019/09/21(土) 19:39:50.81
>>86
当時チャートのトップを獲れるアイドルはトシ聖子マッチ明菜の4人だけ。

 

193: 2019/09/21(土) 22:28:33.43
君に胸キュン
マジでレコードが擦りきれるほど聴いた曲
そこから35年、Perfumeのポリリズムに衝撃受けて今に至る

 

215: 2019/09/21(土) 23:44:16.64
アルバム盤の胸キュンとか聴く気も起きないけど
散開ライブの終盤の
胸キュンや過激な淑女、以心伝心あたりのところはなかなか来るものがある

 

247: 2019/09/22(日) 00:55:57.86
YMOって歌謡曲に寄り添わない方が
世界的にはもっと売れたと思うがな
カシオペアはアメリカ進出の時に
ボーカルを付けて死んだし

 

265: 2019/09/22(日) 03:32:47.23
胸キュンって言うほどポップじゃないって思うのは当時も今も同じ
メロディもそれほどキャッチーじゃないし
中途半端で突き抜け切れなかったね

 

289: 2019/09/22(日) 08:50:56.00
ファンを裏切るて行為は戦略上ありだけど
君に胸キュンは裏切りすぎだろ なんだこれて思ったわ

 

294: 2019/09/22(日) 11:53:57.83
常に音楽性が変化するので、退屈しなかった
テクノという枠組みの中で、あらゆることをやり尽くした感

 

引用元:

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569055994/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事



8 件のコメント

  • 1
    匿名 says:

    こいつらのせいで、「テクノの呪い」にかかっちまったわw

  • 2
    匿名 says:

    YMOって音楽好きより新しいもの好きに受けて成功した印象が強いけどな。テクノカットとかも流行りだったし、時代の流れにうまく乗ったよね。好きか嫌いかがハッキリ分かれてたから、ビートルズに例えるのは違うと思う。
    そこまで凄いバンドじゃないよ。

    • 2.1
      匿名 says:

      ちょっと過小評価が過ぎないか。
      エリッククラプトンやマイケルジャクソンがカバーや作詞を申し出るほどの楽曲パワーはあった訳だ。ビートルズには及ばないかも知れないが。
      ビートルズ観てリッケンバッカーやグレッチが欲しくなる様に
      当時の中高生にローランドやコルグやアープなんかの電子楽器欲しくさせる影響力はあったよ。自分もとちくるってバンドもやってないのにTR808(ドラムマシン)買ったわw

  • 3
    匿名 says:

    YMOはカッコ良かったなぁ。
    あんだけメチャクチャ売れてる状況で突然くら~~~いアルバム出してファン切りして、
    そのくら~~~い音楽に慣れてきて、うん、やっぱYMO最高!とか思ってるときに
    またいきなり胸キュン♪とか言ってそこまで付いてきたファンを切るw
    売れないから仕方なしに路線変更ってのはよくあるけど
    あんだけ売れててそういうことを平気でやっちゃうってとこが凄いカッコ良かった。
    ただ付いていくのはしんどかったw

  • 4
    本音メタル says:

    三人とも「歌」以外の音楽的才能に溢れていた為、
    「歌」に対して傍観者的であったと思う。
    もっと「歌」を「主観的」に創造していたらさらに世界に飛翔していたと思う。
    ユキヒロさんも良いヴォーカルだが、「歌」に対して客観的なクリエイターだった。
    そこを主観的にやっていればテクノデリックなどは
    世界的にヒットしていただろう。

    • 4.1
      匿名 says:

      全くそうは思わない。
      YMOの音楽を歌ウマの人がやったら全く面白くない。
      YMOの音楽にはあの三人のそれぞれのボーカルがあってる。
      のちに坂本龍一のライブで黒人の歌ウマさんが歌ってたけど、
      上手いのは分かるけど曲の良さを表現出来てるとは思えなかった。
      歌が上手けりゃそれでいい ってのは安易。
      大事なのは、その曲に合わせた歌唱。
      そういう意味では、ベビメタの曲に合うのはすぅちゃんの歌唱

  • 5
    匿名 says:

    サムネの高橋関係ないよね^^

  • 6
    匿名 says:

    >>110
    >>118
    >>122
    >>123
    >>133
    こいつらファーストアルバム知らんのか?

  • コメントを残す