ロック史にその名を刻んだ女性バンド「ザ・スリッツ」と「L7」に迫ったドキュメンタリー2作品が発売決定!

1: 2019/05/09(木) 22:22:49.94

2019/05/09 19:06 配信
ロック史にその名を刻んだ“女性バンド”たちに迫ったドキュメンタリー2作品が発売決定!
https://thetv.jp/news/detail/189357/

パンクバンド・The Slitsのドキュメンタリー『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』
no title

“グランジの女王”こと、L7の歴史を網羅したドキュメンタリー『L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド』
no title

世界初の“女性のみのパンクロックグループ”、ザ・スリッツ(The Slits)のドキュメンタリー『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』と、“グランジ/オルタナの女王”と呼ばれた女性4人組ロックバンド・L7のドキュメンタリー『L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド』のBlu-Ray&DVDが、7月10日(水)に揃って発売されることが決定した。

◆あのマドンナにも影響を与えた「伝説のパンクバンド」の素顔とは?

スリッツは、70年代中ごろイギリス・ロンドンにて結成されたバンド。ボーカルのアリ・アップを中心に、当時イギリス全土を席巻していたパンクロックムーブメントの渦中で、当時は珍しかった‘女性のみのパンクバンド”として活動を開始。

セックス・ピストルズやザ・クラッシュなど、「ロンドン・パンク」シーンの最重要バンドたちとも交流を持つ反面、名盤と名高いファーストアルバム『CUT』では、ジャマイカのレゲエやダブといった音楽にも傾倒。

その自由かつ奔放な音楽性で、その後の「ニュー・ウェーヴ/ポスト・パンク」シーンに先鞭をつけるなど、多くのアーティストに多大な影響を与えた。

ドキュメンタリー映画『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』は、バンド結成時から解散以後のメンバー個々のストーリー、2005年の再結成、そして2010年、本作の制作中にアリ・アップががんで亡くなるまでを余すところなく網羅。

歴代のバンドメンバーや、当時を知るファンらによる証言、そして彼女たちに影響を受けた世代へのインタビューなどを通して、スリッツがいかに進化し、世界中の人々に影響を与えていったのかが描かれる。

なお、多くのファンからの根強いリクエストを受けて、東京・早稲田松竹にて本作が5月18日(土)から1週間限定で上映されることも決定。ぜひ劇場の爆音で、彼女たちの音楽と生きざまに触れてみよう。

◆“グランジの女王”へと上りつめた足跡をホームビデオで解き明かす!?

一方、L7は1985年にアメリカ・ロサンゼルスで結成された女性4人組ロックバンド。パンク/ハードコアシーンを出自としながらも、ヘビーでノイジーなギターを軸にした陰鬱なサウンドでメタル界からも支持を集めている。

また、ニルヴァーナやレッド・ホット・チリ・ペッパーズといった「オルタナティブ・ロック」のモンスターバンドたちともツアーを実施。

1994年に開催された巨大フェス「ロラパルーザ」では、ビースティ・ボーイズやグリーン・デイらとメインステージを務めるなど、オルタナバンドの代表格と言える存在感を示した。

多くのバンドを差し置いて、巨大フェスのメインステージに立った彼女たちの偉大な足跡とは

今回発売されるドキュメンタリー『L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド』は、結成時のエピソードから“グランジの女王”へと上りつめた時代、そして2001年の解散まで、完全にメンバーの視点でそのキャリアを描いていく。

当時メンバーが撮っていた100時間超におよぶホームビデオと、新たに収録したメンバーへのインタビュー音声でほぼ全篇が構成されており、一般的な音楽ドキュメンタリーとは異なった作りとなっている。

(中略)

「ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード」
7月10日(水)発売
Blu-ray:¥4,800+税
DVD:¥3,800+税

「L7:プリテンド・ウィ・アー・デッド」
7月10日(水)発売
Blu-ray:¥4,800+税
DVD:¥3,800+税

(おわり)

3: 2019/05/09(木) 22:27:25.37
L7懐かしい
何故かhideと音楽番組に当て振りで出てたな

 

4: 2019/05/09(木) 22:29:08.31
スリッツかっこいい
ニューエイジステッパーズもレインコーツもかっこいい

 

6: 2019/05/09(木) 22:31:35.95
スリッツって、そのまんまやなw

 

9: 2019/05/09(木) 22:41:39.08
知らない
パンクで知っているのはピストルズとクラッシュくらい

 

20: 2019/05/09(木) 23:32:05.89
>>9
その2大バンドに相当縁があるのがスリッツ
兄弟バンドのザ・ポップグループから派生した
マキシマム・ジョイのファーストは今でも時々聴いてる隠れた名盤

 

10: 2019/05/09(木) 22:44:14.55
スリッツの大地の音日本語バージョンは聞いておけ
Youtubeに有るぞ

 

11: 2019/05/09(木) 22:45:46.77
L7はジョーンジェットとチェリーボムをやったのしか聴いたことがない

 

12: 2019/05/09(木) 22:46:30.33
ジョーンジェットとかゴーゴーズとか
は覚えてるが、こんなバンド聞いたこともない。

 

13: 2019/05/09(木) 22:46:51.95
L7を知ったきっかけが映画の『ナチュラルボーンキラーズ』と思い込んでるんだけど、間違ってないかな?

 

29: 2019/05/10(金) 00:36:10.43
>>13
シリアルママにL7本人達役で演奏して炎吹いてるシーンある
ナチュラルボーンキラーズのサントラにも入ってるけどトレントレズナーの選曲センス素晴らしい

 

17: 2019/05/09(木) 23:18:00.62
L7は昔よく聴いたしいいバンドだったのになんで消えちゃったんだ。

 

21: 2019/05/09(木) 23:40:08.16
バングルスとかのほうが有名じゃない?

 

31: 2019/05/10(金) 00:45:30.61
エッチな名前。
あと、ホールとかもあった。

 

37: 2019/05/10(金) 01:22:33.34
L7は結構有名だったよ。

 

38: 2019/05/10(金) 06:21:04.58
スリッツはそれなりに有名でしょ
クラッシュメンバーの彼女でジョンライドンの義理の娘

 

39: 2019/05/10(金) 09:39:51.46
L7は日本公演の前座に野沢直子とその旦那のバンドとスーパージャンキーモンキー出てたけどスーパージャンキーモンキーがメイン喰ってた記憶

 

42: 2019/05/10(金) 19:40:23.51
デルタ5って女子バンドもいたな
これも直球すぎるネーミング

 

引用元:

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1557408169/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事