「最も偉大なグランジ・アルバム TOP50」 米ローリングストーン誌が発表

1: 2019/04/03(水) 21:30:27.88

2019/04/03 15:21 : 米ローリングストーン誌が「最も偉大なグランジ・アルバム TOP50」を発表
<Rolling Stone’s 50 Greatest Grunge Albums>

01. Nirvana – “Nevermind“
02. Soundgarden – “Badmotorfinger“
03. Pearl Jam – “Ten“
04. Hole – “Live Through This“
04. Hole – “Live Through This“
05. Mudhoney – “Superfuzz Bigmuff“
06. Alice In Chains – “Dirt“
07. Temple Of The Dog – “Temple Of The Dog“
08. Nirvana – “In Utero“
09. Soundgarden – “Superunknown“
10. Pearl Jam – “Vs.“

11. Stone Temple Pilots – “Core“
12. Smashing Pumpkins – “Siamese Dream“
13. Nirvana – “Bleach“
14. Alice In Chains – “Facelift“
15. L7 – “Bricks Are Heavy“
16. Melvins – “Houdini“
17. Screaming Trees – “Sweet Oblivion“
18. Mad Season – “Above“
19. Various Artists – “Singles: Original Motion Picture Soundtrack“
20. Green River – “Dry As A Bone“
21. Jerry Cantrell – “Degradation Trip“
22. Various Artists – “Deep Six“
23. Soundgarden – “Ultramega OK“
24. Stone Temple Pilots – “Purple“
25. Melvins – “Bullhead“
26. Smashing Pumpkins – “Mellon Collie And The Infinite Sadness“
27. Babes In Toyland – “Spanking Machine“
28. Soundgarden – “Louder Than Love“
29. Green River – “Come On Down“
30. Wipers – “Youth Of America“

31. Tad – “8-Way Santa“
32. Smashing Pumpkins – “Gish“
33. Babes In Toyland – “Fontanelle“
34. 7 Year Bitch – “!Viva Zapata!“
35. Paw – “Dragline“
36. Neil Young And Crazy Horse – “Ragged Glory“
37. L7 – “Smell The Magic“
38. The Fluid – “Purplemetalflakemusic“
39. The Gits – “Enter: The Conquering Chicken“
40. Mudhoney – “Every Good Boy Deserves Fudge“
41. Soundgarden – “Screaming Life“
42. Alice In Chains – “Jar Of Flies“
43. Black Flag – “My War“
44. Skin Yard – “Hallowed Ground“
45. The Stooges – “Fun House“
46. Veruca Salt – “American Thighs“
47. The U-Men – “Step On A Bug“
48. Fecal Matter – “Illiteracy Will Prevail“
49. Toadies – “Rubberneck“
50. Mother Love Bone – “Apple“

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。 https://www.rollingstone.com/music/music-lists/50-greatest-grunge-albums-798851/
(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)
http://amass.jp/118966/

253: 2019/04/04(木) 01:06:04.04
>>1
ブリットポップのランキングに比べると多様だな
あれよりはマシなブームということか

 

5: 2019/04/03(水) 21:34:23.97
さりげなく4位Holeを強調する為の記事ですね

 

9: 2019/04/03(水) 21:35:43.62
アリスインチェインズ好き

 

13: 2019/04/03(水) 21:37:46.67

36. Neil Young And Crazy Horse – “Ragged Glory“

↑ これってグランジバンドの範疇に入るの?w

 

206: 2019/04/03(水) 23:59:25.43
>>13
グランジの父親扱いだったからな

 

14: 2019/04/03(水) 21:37:51.60
「偉大」ってよく分からんテーマだな

 

17: 2019/04/03(水) 21:40:07.49
Smashing Pumpkinsってグランジ?

 

31: 2019/04/03(水) 21:46:12.21
>>17
スマパンは当時オルタナティブっていうジャンルだった気が

 

38: 2019/04/03(水) 21:48:51.72
>>31
それいっちゃったらあげられてるTOP50はみんなalternativeだよ
ポストパンク以降はみんなそんな感じ

 

19: 2019/04/03(水) 21:40:53.37
ダイナソーねえのか

 

21: 2019/04/03(水) 21:41:24.81
数えたら38枚持ってた
名前も知らないバンドがいくつかあるなあ

 

25: 2019/04/03(水) 21:44:00.86
REMやPixiesはグランジじゃないのか

 

54: 2019/04/03(水) 21:53:10.59
>>25
REMは最初の方はグランジっぽかったけど、
Green、Out of Time以降はずいぶん流麗な音作りになったからね
でもMonsterでまたロックぽくなったような記憶が….
でもalternative rockという括りにすれば全部当てはまるよね?w

 

27: 2019/04/03(水) 21:44:48.00
グランジ=ニルヴァーナ

 

30: 2019/04/03(水) 21:45:50.16
まあニルバーナとパールジャムって感じだったよね。
無難なランキングだと思うけど。
サウンドガーデンは「ジーザスクライストポーズ」がインパクトあったなあ。

 

39: 2019/04/03(水) 21:49:06.24
ランキングのメンツが懐かしすぎるw

 

43: 2019/04/03(水) 21:50:50.54
有名な「スメルス~」はPVの影響も強かったと思う。
薄暗いバスケットコートで怪しげな地下ライブを開催してるっていう
雰囲気がそれまでのパーティロックと違って新鮮に見えたんじゃないかと。
やる気なさそうなチアガールとか、違和感あって面白いんだよなあ。あと掃除のおじさんも。

 

44: 2019/04/03(水) 21:50:59.49
ネヴァーマインドは別格としてグランジオルタナつーと初期のスマパンやサウンドガーデンっつー気がするけどな

 

47: 2019/04/03(水) 21:51:54.90
スマパンのSiamese Dreamが好き

 

64: 2019/04/03(水) 22:02:21.04
ラジオで「日本人だけだぞまだパールジャムを聴いてないのは!!」というCMが流れてて
意地でも聴いてやらねぇと思った

 

65: 2019/04/03(水) 22:03:33.42
グランジ、オルタナティブロックの違いはよ?

 

79: 2019/04/03(水) 22:11:35.62
>>65
オルタナティブロックって範囲がめちゃくちゃ大きいからその中に
グランジだのパンクだのブリットポップだの色々入ってくる

 

256: 2019/04/04(木) 01:07:07.55
メタル聞いてグランジ聞いてメロコア聞いてる奴いたなあ

 

260: 2019/04/04(木) 01:12:13.52

>>256
全部好き

ネタにされがちだけどイングヴェイも好き

 

53: 2019/04/03(水) 21:53:06.05
グランジ
・ボーカルが格好いい
・ネルシャツをきている
・演奏技術はあまりない、とくにギター
・歌詞が陰鬱
・メロディーが実はいい
・静→激の曲展開

 

引用元:

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554294627/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事