ラムシュタインがミュージッククリップビデオでまたまた物議をかもす

1: 2019/03/28(木) 21:59:58.96

https://consequenceofsound.net/2019/03/rammstein-tease-video-clips/

2019/03/28

ドイツのインダストリアル・メタル・バンド「ラムシュタイン」、ナチスユダヤ強制収容所を思わせるミュージッククリップビデオでまたまた物議をかもす

ラムシュタインが2019年に10年ぶりファン待望のアルバムをリリースすると発表した。

ところが、明るいニュースとだけは言えない暗雲も。数々の奇行で物議を醸してきたボーカルのティル・リンドマンがユーチューブにあげたラムシュタインのニュー・ミュージック・クリップビデオ「Deutschland XXVIII.III.MMXIX」が、ナチス時代のユダヤ強制収容所を思わせる舞台にしているとネット上で非難が集中。この曲のタイトルはローマ数字で「2019年3月28日」を意味する。ビデオには、女王がリンデマンの生首を持つというショッキングなシーンも。

ビデオ視聴はこちらから
https://youtu.be/q36Zon01v5k

2: 2019/03/28(木) 22:00:46.82
日航機墜落をネタにしたんだっけ

 

4: 2019/03/28(木) 22:02:29.11

 

5: 2019/03/28(木) 22:04:19.54
元々そういうグループなのに何を今更?
風刺たっぷりのブラックユーモアかまさせたら世界一のバンドじゃないか

 

16: 2019/03/28(木) 22:48:02.13
もう日本では火炎放射器使えないんだろうな
もう一度ライヴ観てえな

 

18: 2019/03/28(木) 23:06:09.03
これが彼らの芸風です

 

29: 2019/03/29(金) 20:33:20.83

こんなバンドがヨーロッパでは軒並みスタジアム満員にしてるんだぜ…

https://m.youtube.com/watch?v=_EVKy35L7MM

https://m.youtube.com/watch?v=Ta9L8yjCA0o

 

30: 2019/03/29(金) 20:50:34.69
東京ドームシティーホールのステージに
ハーレーダビッドソンに乗車して登場した
ジューダス・プリーストも真っ青

 

35: 2019/03/30(土) 00:12:34.19

デビュー盤はホモっぽさ売りしたり
常に何らかの話題を作りながらやってきた人たちだから
感心するだけだけど、あんなにモロにナチ出して大丈夫かな?と
逆に心配になるレベル。
ユダヤに靴磨きさせた靴で、絞首台を蹴り飛ばして吊るとか
そこまでやるか!って感じ。

それより気になったのは
今までの作品のほぼ全ての要素・モチーフが織り込まれてることだ
まるで最後の作品みたいじゃないか

しかし、ナチ制服のリヒャルトの格好良さは異常

 

36: 2019/03/30(土) 04:54:13.78
日本に来てー

 

37: 2019/03/30(土) 11:48:14.73
5万のスタジアムソールドアウトにするバンドがライブハウスがせいぜいの日本に来るわけない

 

38: 2019/03/30(土) 12:42:44.31
スレイヤーみたいなもんだよ
メタルバンドなら不謹慎上等だ

 

引用元:

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1553777998/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事



3 件のコメント

  • 1
    匿名 says:

    このバンドはそこらのクレーム団体じゃ勝てない力があるってことだろ

  • 2
    草加一郎 says:

    なるほどねぇ…高濱機長の「頭アゲロ!」の必死の連呼をネタにするとは…
    あれ、日本人以外には聴き取れる訳ないよな。如何いうツモリなんだか…
    まあ、そう言う芸風と言えばそれまでだろうけど、何処かの国を彷彿とさせるよな。
    BMとは関わらせたくないね ( 既にズッ友写真で関わってしまったが…)。

  • 3
    アルブレヒト says:

    https://m.youtube.com/watch?v=NeQM1c-XCDc
    フルで通して見れば、ラムシュタインなりに「ドイツ」を描いた作品なのだと分かる。ドイツを描こうと思ったら、ナチスとホロコーストは避けて通れないというだけのこと。強制収容所は主題ではなく、「ドイツ」を構成する多くのパーツの一つに過ぎない。主題は、あくまで「ドイツ」。
    このPVを叩くヤツがいることが驚きだが、作品の趣旨を読み取れない人間が少なくないということなのだろう。
    生首は、洗練者ヨハネとサロメをモチーフにした寓意だ。ちゃんと意味があってやってること。
    とても良くできた映像だと思うが、何と言っても曲がカッコいい。早くアルバムを聞きたい。

  • コメントを残す