宇多田ヒカルはメタル

小5の頃、毎晩METALLICAのブラックアルバムをヘッドホンで聞きながら寝たものですおはようございくまぼんじゅーる“(`(エ)´)ノ彡☆ !! ひさしぶりに聴きたいー!

— 宇多田ヒカル (@utadahikaru) 2010年11月7日

メタリカ

メタリカ (Metallica)は、メタリカがリリースした5作目のアルバム。通称『ブラック・アルバム』。

メタリカ初のBillboard 200の1位を獲得し、トップ200に288週チャートイン。シングル「エンター・サンドマン」「ジ・アンフォーギヴン」「ナッシング・エルス・マターズ」も全米トップ40入り。2014年5月には全米累計販売枚数が1600万枚を突破。全世界では現在までに3,000万枚近くを売り上げている。

2012年の『ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』では255位にランクイン。

カラオケで歌うのはMETALLICA

自身もカラオケにはよく行くらしく「メタリカとか、メアリー・J・ブライジとか、ママ(藤圭子)の歌も歌います(笑)」と話していた。

https://news.mynavi.jp/article/20090730-a085/

Utadaが普段カラオケでMETALLICAを歌っていることが判明するなど意外な事実も続出。

https://natalie.mu/music/news/19267

メタリカのBLACK ALBUM完全再現ライブを観戦??

Skrillexと宇多田ヒカルが初めて会った場所がRock am Ring 2012のバックステージって面白いな。宇多田ヒカルはメタリカのBLACK ALBUM完全再現ライブを観るためにその年のRock am Ring / Rock im Parkに行ってたみたいだから辻褄は合うね https://t.co/9t8fvIlSfr

— サグレス (@sagres0014) 2019年1月31日

スクリレックスは、2011年に宇多田のファンであることとアルバム『ULTRA BLUE』が大好きなことをTwitterで明かしている。その際、「もし@UtadaHikaruに会うことがあったら、2つのことを伝えたい。1. 日本語(だけ)でツイートするのはやめて…そして2. “ULTRA BLUE”が大好きだということ」とツイートしていた彼は、インタビューで「その当時、よくエレクトロニック・ミュージックを聴いていた、ダフト・パンクとか。だから、初めて“Simple & Clean”を耳にしたとき、自分にとって、やや変わっていて、ポップよりな曲だと思った」と話し、「瞬時にすべての要素とコネクトした。メロディ、詞、エレクロニック・サウンドで踊れるのにエモーショナルだったこと……これが僕が彼女について初めて知ったきっかけだった」と明かしている。
その翌年にドイツで開催されたフェスティバルの楽屋で偶然宇多田の方から声をかけられたことが本人との初めての出会いで、その後も友人関係が続いていたことから今回のコラボも実現したという。

http://www.billboard-japan.com/special/detail/2583

宇多田ヒカルが影響を受けたアーティストとは

ツイッターではアット・ザ・ドライヴイン、マーズ・ヴォルタ、メタリカが好きだと話している。

At the drive-in大好きだったからmars voltaも聴いてて、「このドラマーいいな、やってくんないかな」と思って連絡したら、John T.も私のKremlin Duskを「変わってるけど良い!」と気にいってくれて、参加してくれました。

— 宇多田ヒカル (@utadahikaru) 2010年11月7日

InterFM「KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru」にて宇多田ヒカルがNine Inch Nailsを選曲。 Nine Inch Nailsの中で1番好きな曲は「THE FRAIL」「THE WRETCHED」と2曲続きの冒頭の部分だそう。

その他にモーツァルト、メタリカ、ジミ・ヘンドリックス、バルトーク・ベーラ、レニー・クラヴィッツ、プリンス、エディット・ピアフ、コクトー・ツインズ、チック・コリア、フレディ・マーキュリー、コクトー・ツインズ、ブルー・ナイル、ビョーク、 ベラ・バルトーク、ジェフ・バックリー、尾崎豊、美空ひばりをお気に入りのアーティストとしてあげており、アリーヤやメアリー・J. ブライジなどのR&Bアーティストからも影響を受けたという。

http://music-book.jp/music/Playlist/45001

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmusic postをフォローしよう!

関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

Flying V

管理人の連れ。 洋楽・邦楽問わずロックやメタル関連の話題をまとめます 個人的に自分の好きなバンド中心になりますが、 ご了承下さい(^^) 当方、日本を抜け出し海外で頑張るバンドを応援しています!